バツイチ主婦の性を再燃させてくれた熱いセックス

この体験談は約 7 分で読めます。

私は五十路になったバツイチ主婦です。
子供も2人いますが、43歳の時に離婚してからは子供のことだけを考え、必死で生活してきました。
離婚した主人は某大手企業の管理職でしたが、社内不倫が発覚し、転勤で九州に飛ばされ、私も悩んだ挙句に子供の助言もあり離婚しました。
それまでは家庭も順風満帆でした。
私はどうしても主人を許すことができずに離婚したわけですが、それ以来、セックスというものを一切考えることもできずに、ずっとセックスレスの生活を送ってきました。

私は元々看護婦であったため、子供と私の3人が生活するくらいの給料はありましたが、お金のことよりも子供達をどこかに預けないと仕事ができないため、車で30分くらいの両親の家に預けていたのですが、とにかく必死で働きました。
おかげで今では婦長になることもできました。

元々性欲が強いわけでもなくて、セックスしないのならしないで我慢はできました。
主人とは知り合った時から1回も絶頂を味わうこともなく、絶頂を味わいたい時は、主人と子供達がいない昼間に心ゆくまでオナニーに没頭し、絶頂を楽しんでいました。
しかし離婚してからは、そこまで頭が働かず、結婚してからはずっと専業主婦でしたので、働くことが最初はすごく苦痛で・・・。
看護婦の世界って女同士だから人間関係が複雑なんです。
これまで何回も悩んできて、セックスどころではありませんでした。

しかし、ある患者さんとの出会いで性に目覚めてきたんです。
その患者さんは、交通事故で救急で運ばれてきて生死を彷徨った男性で、ちょうど私が担当になったのです。
その男性は私よりも8歳くらい年下でしたが会社経営をしていて、でもバツイチで子供もいませんでした。

入院中はプライベートな話をすることはなく、でもなんとなく、どこか男臭くて、この数年間、私が感じたことのないものを感じていました。
奥様もいないので、体を拭いてあげたりしたのですが、いつもは仕事と割り切っているのですが、股間はタオルを被せていたので、直接見ることはありませんでしたが、退院が近くなり、体も回復してきているので、3回に1回くらいは、なんとく股間が大きくなっているのがわかるんです。
俗に言う半立ち状態でした。
気づいてはいましたが、気づかないふりをしていたんです。

そして退院の日、私は彼に食事に誘われました。
携帯の番号を渡されたんですけど、その時は、とりあえず受け取ったんですけど、それから1ヶ月くらい経った時でしょうか。
子供も大きくなり、長男は高校生になり、部活で忙しく、また私の両親の家から学校が近かったせいで、両親の家に住んでいましたから、中学生の長女と2人きりで生活し、ちょうど修学旅行で長女がいない数日間でした。
久しぶりに1人になり、昼ドラを観ていると、病院で入院してる設定の場面が出てきて、キスシーンがあったんです。
それが入院していた彼と重なり、私は入院中に体を拭いていた時の彼の股間が少し大きくなっていたことを思い出すと、なんだか体がすごく熱くなってきて、彼のアレの形が頭に浮かんできて、私のアソコが濡れてきたのを感じました。
ほんとに久しぶりにこんなに体が熱くなった気がして、カーテンを閉めて、ソファの上でパンティの横から指でアソコを触るとヌルヌルしてて、クリトリスも硬くなっていて、少し触れるだけで体中に電気が走り始めたんです。

「あ~ん、気持ちいいわ~、もっと摘んで~」

喘ぎ声が漏れ、もうブレーキが利かなくなってきて、セーターを捲り上げ、休みなのでブラはつけてなかったので直接おっぱいを揉み、乳首を摘みながら本格的なオナニーに突入していったのです。

「あ~ん、有吉さん~、すてきよ、愛してるわ~」

想像の中で、以前から気にはなっていたのですが、男性の名前を呼んでいたんです。
いつの間にか有吉さんのことが好きになっていたんです。
そして指をおまんこに入れると、どっと愛液が流れ出てきて、どんどん奥まで吸い込まれていく感じで、そして指を2本にして中で掻き回すように、そしてGスポットだと思うのですが、1番感じるところを擦りながら、私は有吉さんのことを叫びまくっていました。
指をおまんこに出し入れしながら乳首を摘んだりクリクリしたり、私の性欲はもうすぐ頂点に達しようとしています。
有吉さんのアレが私のおまんこの中ですごく勢いよく暴れ、そして私は有吉さんに必死で抱きつき、そして腰を掴んで一緒に腰を動かし・・・。

「有吉さん、すてき、もっと、もっとお願い~、ああ~、イク~、イッちゃう~、もうだめ」

私はすごい勢いで絶頂を迎えました。
何年ぶりでしょうか、こんなに気持ちいいオナニーは久しぶりです。
それから私は30分くらい放心状態が続き、ふと気づくと、3時を過ぎていました。
食事の用意をしないと、と立ち上がりましたが、そういえば長女は修学旅行でいないのです。
そしてまた横になり、1時間くらいでしょうか、眠ってしまいました。

気がついた時は6時近くになっていて、食事をどうしようかと考えながらシャワーを浴びると、ふと有吉さんのことが頭をよぎりました。
有吉さんのあの男らしい声が脳裏をよぎり、ダメ元でいいから電話してみようと決めました。
なんでも行動してみないことにはわかりません。
もしだめだったら近くの定食屋さんで済まそうと思って、携帯の受話器を握りました。

「はい、もしもし」
「あ、あの~、お忙しいところすみません、私・・・あの~・・・」

「あっ、もしかして、千恵子さん?そうでしょう?」
「あ、はい・・・、忙しいのでしたら、また掛けますが・・・」

「いいえ、嬉しいです、連絡をもらえて・・・」
「そうなんです・・・」

なんかわけのわからない受け答えに、仕事中のハキハキとした自分がなかなか出てきません。

「ずっと連絡待ってましたよ、よかったら今から時間ありますか?」
「あ、はい、あります」

「じゃあ~、駅まで迎えに行きますよ」
「わかりました。じゃあ、7時30分で」

電話を切ると、私の心臓は爆発しそうなくらいドキドキして、もう何十年ぶりでしょうか、若い頃の恋愛の時のような感情がこみ上げてきていたんです。
少し時間があるので、洋服タンスを開けて着ていく服を選びました。
そして何かあったらいけないので、ブラとパンティはレースのついた少しだけエロチックなものを選び、胸も思いっきり持ち上げて、家を出ました。
でも、考えることは、もし今日、ホテルに誘われたらどうしようかというのと、そして久しぶりの男性の温もりのこと・・・。
色々と頭に浮かんだが、すべてがセックスのことばかりで、電車の中でもアソコが濡れてきているのがわかりました。

駅に着くと、花束を持って待っている男性がいました。
そうです。
有吉さんだったんです。

「お久しぶりです」
「急な電話ですみません」

「いいえ、でも白衣と違って、今日の千恵子さんは素敵だな」
「もう、からかわないで。もうおばさんなの」

私の希望で、あんまり気取らなくていい焼き鳥屋に入りました。
それからの2時間くらいでしょうか、すごく楽しい時間が過ぎた。
店を出ると、有吉さんは私の手を握ってきました。
いつも患者さんの手を握ったりはするのですが、今日の有吉さんの手の感触は久しぶりの男性の感触で、酔った勢いもあったのでしょう、私はギュッと握り返していました。

「今日は千恵子さん、時間はある?」
「娘は修学旅行でいないの」

「じゃあ~今日は千恵子さんは僕のものだな」
「う、うん・・・」

タクシーを止めると、そのまま高級ホテルに向かった。
車内では一言も話すことはなかったが、有吉さんはずっと手を握ったままだった。
ホテルの部屋に入ると有吉さんは私を抱き寄せ・・・。

「千恵子さん、好きだ」

「わ、私も・・・」

そして自然と唇と唇を重ね合い、ディープキスへと進んでいった。
舌と舌が絡まり、お互いがお互いの舌を吸い、有吉さんの手が私の胸をギュッと揉むと、もう完全に体に力が入らなくなっていた。

「愛してる、ずっと抱きたかったんだ」

「久しぶりよ、こんな気持ち・・・もっと抱き締めて・・」

私達はベッドへとなだれ込むように倒れこみ、有吉さんの愛撫が私の首筋へ伝わり、片方の手はすでに太ももを滑らかに撫でていた。

「あ~ん、有吉さん、抱いて、もっと抱いて~」

「すてきだ、すごく素敵だよ」

私のアソコから溢れ出るものが、はっきりとわかるくらいにたくさん流れ出ていた。
パンティのアソコの部分がすごく濡れてきている。

「シャワーを浴びようか?」

一旦愛撫が止まった。
なんかこのまま抱かれてもよかったが、有吉さんは仕事が終わって来ています。
だから汗を流したいのでしょう。
私は火照った体がすごく欲求不満を訴えている感じで、早く抱いて欲しい、早く有吉さんのアレが欲しいと、気持ちは高ぶるばかりでした。

有吉さんがシャワーからあがってくると、今度は私もシャワーを浴びた。
浴室からあがってきてもアソコはまた濡れていた。
窓辺で都会のビル群を眺めている有吉さん。
仕事ができる男に見え、その後ろ姿がかっこよくて、そのまま背中に抱きつくと、もしかしたら誰かが見ているかもしれない窓辺で濃厚なキスをした。

バスロープを脱がされると、私は全裸だった。
少し垂れ下がったおっぱいだったが、それを揉みあげるように有吉さんの手が動き始めた。
私も有吉さんのバスロープを取ると、すごく硬そうな男性のアレを手で掴み、脈打っている感触を楽しみながらゆっくりと上下に手を動かしていた。
有吉さんの手は私のアソコに触れ、「もう大丈夫だね」と言うと窓辺に手をつかせ、後ろから挿入してきた。

「ああ~、ああああ~、す、すごい、もっと、もっと~」
「いいよ、すごく締りがいいよ」

「あ、あなたも・・・さいこう・・・ああああ~っ」
「誰か見てるんだろうね?」

「いや、言わないで、恥ずかしいから・・・」
「僕たちの愛を見せてあげようよ」

さらに有吉さんのピストン運動は激しくなり、ほんの数分しか経っていないのに私は絶頂の極みを感じ始めていた。

「もうだめ~、イキそう、イキなのっ」

すると有吉さんのピストンはさらに加速して、私の子宮を突き上げてきます。

「だめっ、だめっ、イクっ、イクっ、ああああああ~っ」

私はそのまま窓辺に倒れ込んでしまった。
もう何年ぶりだったでしょうか、55歳になっても衰えない私の性欲が一気に爆発した感じでした。

「大丈夫?」

「え、ええ、少し休憩させて」

私はベッドに倒れ込み、有吉さんはワインを持ってきてくれた。

「ワインなんか飲んじゃうと、私、ストップが利かなくなるの」

「ストップする必要があるの?」

「いいえ、ないわ」

有吉さんのいやらしいキスに、また燃え上がる感情を感じた。
口移しにワインを飲まされると、動物のように抱き合い、それから何回もイカせてもらった。
気が付くと朝を迎えていた。
有吉さんは窓の外を見ながらコーヒーを飲んでいた。

「おはよう」
「目が覚めたかな、お嬢様」

「私、昨日のことあんまり覚えてないの」
「昨日の千恵子さんはすごかったよ」

「え、どんな風に?」
「こんなスケベな女性と会ったことないくらい」

「・・・」

急に顔が赤くなり、思い出そうとしても、有吉さんのアレの感触は思い出すのだが、それからが思い出せない。
ただ有吉さんは私を、再度女として開花させてくれた。
これからも有吉さんなしでは、生活も考えられないと思った。