「ビーチフェチなの」とカミングアウトしてきた彼女

この体験談は約 3 分で読めます。

去年の夏のある日の事です。
彼女と2人で家でゴロゴロしていました。
ただ2人でテレビ観てただけなのですが、CMが入った時、彼女が疲れたのか寝転びました。

するとそこに昨日買い物したゴミ袋を見つけ、何をするかと思ったら1枚出して膨らまし始めました。
俺は彼女に「何やってるのー」と言いましたが、彼女は笑いながら膨らまして口を結びました。
すると彼女が、「私ね、風船嫌いなの。割れる音が怖くて風船遊びしないの」と言いました。

「でも、こういうゴミ袋とかビーチボールは大丈夫よ」

そう言って膨らましたゴミ袋の上に乗ってゴロゴロ遊び始めました。

「何やっているんだ、袋だって割れるぞ」と言ったがなかなか割れず・・・意外と割れないのか?と思った。

そこで彼女が、今度は俺にやってごらんと言った。
俺は、「絶対割れるし、袋が勿体無いからいい」と言ったが、彼女がしつこく「乗ってごらん」と言うので、仕方なく静かに跨がってみました。
ところが、俺が乗っても意外にも袋は割れませんでした。
俺は結構ゴミ袋って丈夫なんだと思い、乗って少し激しく動くとブスーと穴が空きました。

俺「ほら~やっぱり袋はすぐ穴が開くよ」

彼女「ねぇ、丈夫な袋、買いに行こう」

俺達は暇だったので買い物に行きました。
袋と言っても色々種類が多く、小さいのから大きいのまで、材質も薄いのや厚手の物とたくさんあるのに驚きました。
彼女が、「せっかくだから1番大きくて丈夫なの買おう」と言い、厚さ0.05ミリ、大きさ縦横1m大の袋を買い、今度は彼女の家に行きました。

部屋に入るとすぐに彼女が、「大きくて丈夫な袋、一緒に膨らまそう」と言い、1枚ずつ膨らまし始めました。
思ったよりも大きくなったので驚きました。
縛り口を結んで、「でもパンパンにならないな」と言うと、彼女が台所からストローを持ってきて、「これで穴開けて膨らましてよ」と言いました。
彼女の言う通りに膨らまし、パンパンになって穴をテープを貼って塞いで出来上がり!
なかなか大きく、ただ俺は何かおかしくて笑いました。

すると彼女がいきなりズボンを脱いでパンツ1枚になり、「大きい袋に乗って遊んでもいい?」と聞きました。

「どうぞ」と言うと、割れそうなほど大きく膨らんだ袋に彼女が跨がりました。

でも割れない。

「厚くて丈夫なやつだからな」と言うと、今度は俺に「乗ってごらん」と言われました。

俺が跨がろうとすると、「ズボン脱いで乗りなさい」と言われ、恥ずかしいけど脱いで袋にうつ伏せになり乗ってみました。

すると変な感じがしました。
何かふわふわして気持ち良く、少し擦るとあそこが感じて立ってしまいました。
彼女に笑われて、「気持ちいいでしょ?」と言われました。
突然、彼女が、「私、ビーチフェチなの」と言い、俺は驚きました。
驚いたけど俺は初めての感触にビンビンになり、白いのを大量に出してしまいました。
でも何か新鮮で、「すげぇ!妙に気持ち良かった」と言うと、また彼女に笑われました。

すると彼女は急にいつもは使っていない部屋に行き、かなり大きなビーチボール持って戻ってきました。

俺「こんな大きいボール見たことないよ」

彼女「実は私、これにいつも跨がってオナニーしてるの」

俺の頭の中は“???”でいっぱいになりました。

すると彼女に、「今度はこの大きいビーチボールに乗ってごらん」と言われ、乗ってみました。

さっきの袋とはまた違う感触・・・。
乗ると足がつかず、宙に浮いて超気持ちいい・・・最高!
俺は激しく動きました。
すると彼女が俺のアソコを触り出し、余計気持ち良くなり、最後は彼女にフェラを頼んでフィニッシュしました。
もう何とも言えない感激でした。

この事があってからは2人してビーチフェチになり、いつも乗ったり跨がったりして遊んでいます。
彼女のおかげで未知の快感を知ることが出来て、俺は感激です。