妻の浮気ごっこ

この体験談は約 5 分で読めます。

私達夫婦は、実際に浮気するまでは行っていない(?)と思うのですが、よく『浮気告白ごっこ』をして夜の生活を楽しんでいます。

私の妻は、内気で真面目で、浮気などするタイプではありません。
結婚して日も浅いし、私に惚れてるようですしね。

ただ、私は『妻が他の男に抱かれるのを見たい』という願望があって、こちらの掲示板などを覗いては欲望を鬱積させているのです。

実際に浮気されたのではたまりませんが、私は言葉でその感覚を楽しんでいます。
浮気告白ごっこというか、浮気のイメージプレイですね。
妻も、そういうエッチな話には興奮するようで、普段はイヤラシイ話はしないのに、そういう時は調子を合わせてくれます。

具体的には、セックス前の、たいてい下着の上からアソコを撫でている段階で、話を始めます。
たとえば、その日は、妻が街に出てデパートで買い物をしてきたとします。
私は、その日あったことを、パンティの上で指を動かしながら聞くのです。

「どこに行ったの?」「電車は混んでたかい?」といった普通の質問から、次第に「電車で痴漢にあわなかったかい?」「ナンパされたかい?」といった、少しエッチな内容にしていきます。

妻は最初のうちは「声なんてかけられてないわ」とか「そんな事ないわ」と、答えているのですが、だんだん息がはずんで来るのがわかります。

「ほんとは、電車で触られたんだろ?・・こんなふうに?」などと言いながら、ヒップを撫で回して後ろの方からパンティのクロッチを触ります。

すると、下着の上からもジワッと湿ってくるのがわかるのです。

「・・・そう・・ほんとは・・触られたのよ・・」と、あえぐ妻。

「やっぱり・・どんな男だったんだい?」
「ううん・・あの・・中年のおじさんよ」

「いい男だったの?」
「そうじゃないわ・・普通のサラリーマンの・・おじさん」

妻は多少ファザコンがあるのか、同年代の若い男より中年に弱いらしいのです。

「スカートの上から?」
「そ・・そうよ」

「ん?正直に言ってごらん?ほんとは、中も触られたんじゃないの?」
「ん・・そうなの・・スカートを捲られて・・下から・・」

「ストッキングは?」
「・・・今日は、履いてなかったわ・・」

「生足だったんだね?」
「・・そうよ・・あんっ・・」

「じかに、パンティを触られたの?」
「じかに触られたわ」

「触られたくて、生足だったのかい?」
「・・・ええ・・ごめんね・・触られたかったの」

「ミニスカートだったんだろ?」
「そうよ・・あの・・赤いミニ」

「あんなに短かったら、だめじゃないか。簡単に手が入っちゃうぞ」
「そうよ・・簡単に入れられちゃうの・・好きなの」

「パンティだけかい?触られたのは?」
「・・・う・・ううん・・その中も・・」

このあたりまでくると、私はパンティの隙間から指を入れ、ヌルヌルになったアソコをクチュクチュと掻き回します。
この段階になると妻も興奮し、以後は私が話す内容を誘導しなくても、ちょっと尋ねるだけで自分からどんどんエッチなことをしゃべるのです。

「それからどうしたの?」
「ゆ・・指を・・指を入れてきたわ」

「指を・・・こんな風にかっ?」
「あああんっ・・そう・・いえ・・もっと深くによっ・・」

「こうかっ?」
「あっ・・そう・・そこ・・、・・そこで動かしたのよ」

「こんな風にかっ?」
「ああっ・・そうよぉっ・・、・・入れたり・出したりされたのっ」

前戯が進んで、パンティを脱がし、もうじき結合かと言う段階になると、妻はもう質問しなくとも、色々な話をあえぎながらしゃべり始めます。
一種のトランス状態というか、淫らな女の霊が妻に乗り移ったかのようです。

「電車が揺れるの。そうすると立っていられないの」

「おじさんが後ろから抱きかかえて支えてくれたわ」

「おじさんのが、お尻に当たるのよ。すごく固いの」

「周りの人が変な目で見るけど、誰も止めてくれないの」

「(クチュクチュ)ってエッチな音がみんなに聞こえてたみたい」

・・・といった調子です。

妻が口を閉じるのは、私のペニスを咥えている間だけで、亀頭をしゃぶりながら次の話す内容を決めているらしいんです。

「途中の駅で、おじさんに、押されて降りたの」

「パンティが下にずらされていて、スカートから出ちゃいそうだったわ」

「うまく歩けなくて、おじさんにすがりついてたのよ」

「おじさんは、駅を出て、どんどん私を引っ張っていったの」

「ホテルがあって、そのまま連れ込まれちゃったのよ」

・・・というように、お話が展開する時もあれば、痴漢にあって興奮しているところを、ナンパされてホテルに入る、という展開もあります。
デパートで買い物した時に、昔の知り合いと偶然遭って、という話もあります。

ホテルに入ってから、どんなふうにセックスしたのかというあたりになると、妻の口調はいよいよ具体的になり、時として、実際にやっているのではないかと思うほど細かい内容に触れたりもするんです。

「シャワーの温度がうまくできなかったから、来てもらったのよ」

「私はタオルを巻いてたわ。おじさんは、もう浴衣に着替えたけど」

「おじさんのアレ、こう、右に曲がってたの」

「タマタマを舌に乗せて舐め上げる時にちょっと揺らすのが、気持ちいいって」

「そのまま後ろから入れようとしたけど、ベッドが柔らかすぎて合わなかったの」

こういうリアリティのある言い方だと、私が極度に興奮するので、妻も工夫して、色々考えてくれるのでしょう。
特に男のペニスの描写は、単に『大きい』とかではなく、実に具体的で、まさにそれを間近に見て、口に含み、膣に収めた、という感じです。

「真ん中は細いんだけど、すごく長いの。先がゴルフボールみたいに膨らんでて」

「頭が、赤くて大きかった。テカテカ光ってて、ツブツブがいっぱい浮いてるの」

「そんなに大きくなかったのに、へんなの。入ってから、もっと膨らんだの」

「先は(包茎で)細かったわ。でも根元が太いのよ。奥まで入ると入り口が・・」

いったい、どこでそれだけのペニスを想起できるのかと言うほど多彩な描写を、私のペニスを舐める合間に聞かせてくれるのです。
たまに言葉を切って舌を亀頭に這わせながら考え込む表情が、とてもセクシー。
単語を考えているのか、実際の情事を思い出しているのか、妖しい魅力です。

やがて私はたいてい妻が“白状した”体位をとって、彼女と結合します。
私は、できるだけゆっくり動かしながら、話させる時間を引き延ばします。
そこから先は、もう、お話と言うよりは、叫び声の連続ですが。
妻の演技(?)は、ますます盛り上がり、最後まで続きます。

「どこに、出されたんだっ?」
「ああっ・・中よ・・お腹の中に出されたのっ」

「コンドームはっ?付けなかったのか」
「・・付けなかったわ」

「どうしてだっ?」
「欲しかったの・・・そのまま入れて欲しかったのぉっ」

「それで出されたのかっ?」
「ああんっ・・そうよっ」

「奥にかっ?この、奥にかっ?」
「そう・・ああっ・・そうよっ・・お腹の、奥に出されたのよっ」

「どれくらいだっ?」
「いっぱいよ・・ああ・・すごくいっぱい・・・いっぱい出されたのっ」

「この・・中に・・出されたんだなっ」
「ああんっ・・おじさん、いっぱい・・おじさんのがいっぱい」

「嬉しかったのか?」
「あぁぁ、嬉しいぃ・・いっぱい出してちょうだい・・もっといっぱいにして」

「射精、されたんだなっ!」
「そうよっ、シャセーされたのっ・・セイエキ、いっぱい入れてもらったの」

「うおおおおっ」
「アアッ、イックウ・・イクゥっ!」

・・・私たち夫婦は、子供が欲しいので、避妊はしていません。
妻の膣内に思いきり射精し、燃え尽きて、しばらくは虚脱状態です。

妻も、アソコから私の(言っておきますが私のです!)精液を垂らしながら、しばらく突っ伏しており、その間に元々の人格が戻ってくるようです。
いっとき淫乱娘になっていた妻は、いつも恥ずかしそうに身を起こし、私のペニスを軽くティッシュで拭い、それから口に含んで精液を吸い出します。
これは、自分の愛液は口にしたくないからだそうですが、精液は平気のようです。

私のをキレイにすると、向こうを向いて自分の性器をティッシュで拭い、私と添い寝の位置に戻るのです。

それで、小さな声で、「さっきのは、全部嘘だから、ね?」と恥ずかしげに、言うのです。

うーーん、なんて可愛いんだ。
もう、最高の妻ですよ。