風俗デビュー戦で“男の潮吹き”を体験

この体験談は約 7 分で読めます。

精子が出ると思ったら潮が出て、嬢も自分もビックリだよ。

嬢は「初めて見たwwwww」ってテンション上がってたし、あと誰だよマイローションは必須とか言ってた奴は!
最初は嬢も俺もオシッコかと思ったんよwwwwwwwww
でもオシッコにしては違和感がありまくりだから残り時間をFC2動画鑑賞にして『男の潮吹き』で検索して見てたwwwwww
そしたらどうだい。
男が潮噴く瞬間を見て、「同じだーwwwwwwww」ってめっちゃテンション上がってんの。
デビュー戦がこれとかレアすぎんだろマジで。

嬢はちょいぽちゃのアニメ声の子だった。
てか、あの待合室の空気が耐えられん。
行く前に立てたスレを離脱してから俺は着替えてマイカーに乗り店へと出発した。
途中でコンビニに寄ってお金を下ろしてる時はデビュー戦への不安と緊張でガチガチだった。

いざ店の周辺に辿り着くとなかなか目的の場所が見つからない。
最終的にカーナビを見捨てて自分の勘を信じたら辿り着いて、このナビはもう使わないと心に誓った。

そんで車を停めて入店したらボーイがお出迎え。
いきなりコースやらなんやらを聞いてきたから、「初めてなんですけど」って言ったらもっとわかりやすく丁寧に説明してくれた。
とりあえず初めてってことで60分コースを選んで待合室に案内されると、先客2名がテレビを観つつ静かに待っていた。
待合室ってどこもかしこも“シーン”としてるの?

ボーイの人に更に詳しい説明をされるが、初めてだから指名とかコスチュームとかプレイアイテムとかすべておまかせにして待機。
待合室でプロの男2人と一緒に待機、気まずいwwwwwwwwww
本棚に『こち亀』が無かったら確実に終わってたわ。
やっぱこち亀面白いわな。

こち亀を読んでると待機番号が呼ばれてボーイに案内された。
消毒液で手を拭きながら店の禁止事項を聞く。
そんで説明が終わったら、嬢の名前『サキ(仮名)』を言ってカーテンが開けられる。
するとそこに立っていたのは、ちょいぽちゃのちょい可愛めの子だった。

「よろしくおねがいしまーすwwww」とアニメ声と共に恋人繋ぎをして俺は部屋まで案内される。

部屋に入ると薄暗くて狭い感じがして、1人暮らしするにはちょうどいいなーって。
そんなことを思っていたら嬢に、「腰掛けていいよー」と言われたので荷物を適当なところに置いて腰を掛けた。

サキ「よろしくねーwwwww一人で来たのー?wwww」

俺「え、あ、じ、実はこういうところ初めてで」

サキ「そーなのー?wwww初めてなのに一人とかすごいねーwwwww」

俺「だから今、すっごごい緊張して・・・」(←死にたい)

サキ「そっかそっかーwwwwでも初めてで一人で来るとか珍しーねwww」

俺「そうなの?」

サキ「うんww初めては基本的に誰かと一緒に来るってことが多いよwww」

俺「そうなんだwwwwww一人で来ちゃったwwwwwww」

意外と1人でデビューする奴っていないんだな。
ちょっと勝ち誇って緊張が無くなった。

サキ「じゃあ服脱がすねーwwwww」

俺「は、はい!」

脱がしてもらう時にちょっと谷間が見えた、微妙。
終始タメ口だったり敬語だったりしてたからめっちゃ緊張してたのバレバレだった気がする。
そんでお互い全裸になってシャワーしにゴーよ。
そこでも、「初めてなのに1人とかすごいね~www」って話ばっかりしてた。

洗ってもらう時にどうしたらいいのかよく判らなかったけど、初めてって事で色々とリードしてもらえた。
あと、うがいする時、超苦かった。
嬢も「苦い苦い」言いながらうがいしてたから、いちご味とかにすればいいのに。

洗ってもらった後は即ベッドに横になってプレイスタートよ。
緊張でチンコ勃たないかと思ってたけど、フェラされたらすぐ完全勃起した。
さすがプロだけあってフェラは超上手いのな。
途中で、「おっぱい攻撃ー」ってアニメ声で言われて顔におっぱい押し付けられたけど・・・、精子臭かった。

おっぱい攻撃の後に乳首をコリコリ攻めて、喘ぎ声が聞こえ始めて乳首が大っきくなってきた時はすごい興奮した。
その後69でペロペロしたけど、その時も喘ぎ声が聞こえてきて燃えた。
てか、まんこも乳首も真っ黒で少しげんなりだよ。
当たり前だけど69の時にドピュッと射精。
サキが「出たねーwwwww」って言いながらティッシュにペッしてる時は複雑な気持ちになった。
あぁ我が精子達よ・・・。

その後すぐ2回目を始めたけど、なかなかちんこがフルオッキしなくて、少しお話してからスタートすることに。
サキはお腹が空いているらしく、ずっと「お腹空いたー、お肉食べたいー、昨日も行ったけどヤキニクー」って言ってた。
この時なぜか「ラミレス『ヤキニクー』」が脳内に出てきて離れなくなったから、心の中でサキを『ベイス嬢』と名付けた。

ベイス「さっきもボーイの人にオナカスイターしか言ってなかったよwヤキニクー」

賢者中にそんなこと言われたら2回目やりづれぇじゃねぇかベイス。
その後もしばらくずっとヤキニクーの話をベイスとして盛り上がろうと頑張ってた。
1人ヤキニクーを勧められたから今度そっちの方もデビューしてみようと思う。

するとベイスが、「そろそろ戻ったかな?」って言いながらちんこを弄ってきた。
そこからはもうサキが頑張ってくれましたよ。
高速テコキ(痛かった)。
ねっとりフェラ(痛かった)。
玉舐め(痛かった)。
チンコプター(逆に萎えるわ)。
ブルンブルン回される自分の息子を見ながら、(60分って長えな)っと感じた。

(やめてベイス嬢、それバットちゃうの、ブルンブルン回さないで!)

チンコプターをしてると突然サキが、「そうだ!ローションを使おうwwwww」と言ってローションを取り出した。

「こんなこと、こういう所じゃないと出来ないもんねーwwww」って言ってたけど、自分で手コキしてるとの何ら変わらなかった。

今考えると、このローションが一番の問題だったと思う。
ローションを手に出し、再び俺のチンコプターに手を伸ばすサキ。
でもなかなか俺のチンコプターはフル充電されず飛び立つ気配がない。
オナニーは1日1回までと決めてる俺を舐めるな!

しばらくすると疲れたのか、サキがこちらに倒れて来た。
その時のすっごい悲しそうな負けたような顔と言ったらもう。
ちょうど頭が抱きやすい位置に来たので、「オナカスイター」って言ってるサキを撫でながら抱き締めた。
すると俺の息子がじんわりじんわり元気になってきた。
サキも『今がチャンスだ!』と思ったらしく、また勢いよく手コキを始めた。

(やめて、オシッコ出そう)

でもここで止めてもらったらデビュー戦の思い出と15000円が勿体無いと思い、俺は我慢することに。
こみ上げてくる放尿感、止まらない手コキ、もうどうにでもなれというこの気持ち。
そして、ついにイクと感じたその瞬間、俺の息子からは精子とはかけ離れたモノが勢いよく出た。

水がオシッコの出始めみたいな勢いで、ビュウウウウウウウウウウウウウウウウと出たのだ。
これにはサキも俺もビックリ。
ってか、たぶん引かれてた。

サキ「オシッコ出ちゃったねーwwww」

俺「やばいwwwww」

サキ「これで2人目だよオシッコ出した人ーwwwwwwwww」

(よかった、俺だけじゃなかったんだ。助かった)と、この時は思った。

サキ「ベトベトになっちゃった。シャワーシャワーwwww」

再びシャワールームに行くと、そこでもずっと先ほどのオシッコ事件の話。

サキ「たまに出ちゃう人いるんだよねーwwww」

俺「そうなの?wwww(マジかよ助かった)」

サキ「先輩は口の中でオシッコ出されたことあるみたいwwwww」

(上には上がいるもんだな)

だが、ここでいくつかの疑問が・・・。
果たしてアレは本当にオシッコだったのか?
オシッコにしては短すぎやしないか?
無色無臭だったからオシッコとは違うのではないか?

サキ「・・・もしかして潮だったりしてーwwww」

(おいおい冗談はやめてくれよ)

サキ「イッた後に攻め続けると男の人でも潮噴いちゃうみたいなんだよねーwwww私は見たこと無いけどwwwww」

俺「へ、へぇ~wwwww」

サキ「なんかくすぐったくてオシッコが出そうな感じになっちゃうんだってさーwwwwwそのまま攻め続けると噴いちゃうみたいwwwwwww」

俺「へ、へぇ~・・・」

すっごいくすぐったくてオシッコが出そうで大変でした。

「なんか出ちゃうよおおおおおおおおおおおおおおお」って感じで気持ちは女の子でした、はい。

サキ「オシッコにしては短いし無色無臭だったし・・・もしかして潮吹きしちゃった?wwwwww」

俺「し、しちゃったかなぁwwwwwwww」(←死にたい)

サキ「だとしたら私初めてだよwwww前にお客さんに『潮吹きするまで攻めてくれ』って頼まれたけど出なかったしwwwwww」

俺「へ、へぇ~wwwwwww」

(おっさん(?)ごめん・・・俺・・・望んでもないのに噴いちゃったよ・・・)

サキ「ググろうググろうwwwwwwww」

シャワーから出て携帯を取り出し、『男の潮吹き』でググり始める嬢。
おいおいなんでまとめサイトが1番上に出てくるんだよ!
動画で確認してみるという事なのでFC2動画の男の潮吹きを見ることに。
なんで3つも動画があるんだよ。
二人で覆面男の喘ぎ声を聞いている姿は絶対に異様だったと思う。
チンポからなんか吹き出してる映像を見た瞬間。

サキ「・・・似てる」

「・・・似てる」じゃねぇよ!
なにそんなにシリアスに言ってんだよ、やめろよ!

潮吹きの瞬間を何回も見ていると、「やっぱアレ、潮だったんだよwwwwやっばーい、私初めて見たーwwwwwwwwどうしよーwwwwwwwwwwww」って1人でテンション上がり始めてた。
速攻でこの場から開放されたかった。

サキ「これ先輩に自慢しよーっとwwwww私も見ましたよーってwwwwww」

お願いやめて。
その後は時間がほぼ無かったので急いで着替えて潮とヤキニクーの話をしながらお別れしましたよ。

「チントレしなきゃねw」って言われたけど、チントレって何すりゃええねん。

サキも「でもチントレってどうするんだろう。ちんこないからわかんないや」みたいな感じだったし。

以上、下手くそなレポでした!
お前らも攻められ続けるのは気をつけろよ!
ビュウウウウウウウウウウウウウウって噴いちゃうからな!
でも女の子の気持ちがすっごいわかるぞ!!
1度は噴いとけ。

ちなみに俺は中学時代に1度、風呂場でオナニーをして潮吹きを経験してるからな。
1回イッても手を休めず自分のちんこを攻め続けるんだ。
くすぐったくてオシッコが出そうな感じになってきたらチャンス!
そこから更に激しく攻めるんだ!
潮吹きの感覚は射精に似てるけど、なんか違うんだよな。