マイミクさんとの初対面の直後にホテルに誘われて

この体験談は約 3 分で読めます。

結構前の話ですが、マイミクさんと会ったときのエッチな経験。
それまでに、ハプバーやカップル喫茶の情報交換していて、よくあるエッチの相談など。
まだイッたことがないらしいと。

たまたまタイミングが合って横浜で会うことに。
あまり横浜の土地勘がないので、出会うのに手間取りながらも、なんとか合流。
写メの交換(エッチなのも含めて)をしていたので、変な気分でご対面。
思っていたより可愛い23歳の女の子。
裸は知ってるけど、初めて会うとか変な興奮。

女性「はじめまして~」

俺「はじめまして~。変な感じですね。とりあえずどうします??」

女性「いきなりホテルいきます?」

(!!!)

びっくりしながらも、貴重な体験と思い、そのままホテルへ。
変な緊張感が興奮を誘う。
とりあえず、ソファーでブラをずらして乳首を舐めてみる。

「え、いきなりですか?恥ずかしい」

そう言いながらも、満更でもない様子。
Bカップくらいの程よいサイズ。
乳首は激しく舐められるのが良いみたいで、焦らしながら舐める。
デニムを脱がすと、グリーンの下着。
太ももをなでながら乳首を舐めていると、「恥ずかしい・・・」と言いながら、体にしがみついてくる。
秘部を触らないようにしていると、我慢できなくなってきたのか、俺の下半身を触ってくる。
もちろん俺の下半身もパンパンの状態。
すぐに俺の下着の中に手を入れてきて・・・。

「先からエッチな汁がいっぱいでてるよ・・・」

たしかに俺はカウパーが出やすいけど、異常に出ている・・。
俺も負けじと下着の上からクリを触る。
すでにビショビショなのが、パンツの上からもわかる。
下着の中に手を入れようとしていると、すでに俺が脱がされ、咥えられている。
とりあえず、彼女が舐めやすいようにベッドに移動。

彼女はフェラが好きみたいで、舐めながら喘ぎ声が出ている。
手を使いながらのフェラで、かなりヤバイ(いい意味でw)
攻守交替で俺も仕返しに舐める。
下の毛も手入れしているようで、舐めやすい。
外から全体的に舐め回してみる。
腰がビクビク動いている。

(早く入れて欲しいんだろうな~)と思いながら、クリや周囲を舐め回す。

彼女の声がどんどん大きくなってくる。
そしてゆっくりと舌を挿入してから、指を挿入。
彼女の腰がまたビクつく。
彼女の中もキツく、ビクビク動いている。
ゆっくりと出し入れしながら、クリを舐める。

「凄く気持ちいい・・」

おへそ側の奥と手前が感じるので、交互に刺激。
クリを弾くように舐める。

「ダメ・・」

彼女が拒否する。
なんで???

「おしっこ出そう・・・」

「いいよ。出して」

「恥ずかしいから無理」

彼女がイケない理由がわかった気がする。
そのまま正常位で挿入。

「ダメ、ダメ!!」

今後はダメと言いながら、抱きついてくる。
途中から腰を持ち上げて、入り口と奥を擦るようにピストン。
この体勢で噴く人も多い。

「ダメダメ!!!」

噴いちゃいましたw
そしてそのままイッちゃいましたw
こういうタイミングは男性にとって、最高のタイミングですね。
座位、騎乗位、バック、寝バックと移行して、寝バックでもう一度イッたみたいで、そのままフィニッシュ。
気づけば1時間半くらい経ってた・・・。

一緒にお風呂に入りました。
恥ずかしいという感情が邪魔してたみたいですね。
今後はイケるんじゃないかということです。
何のしがらみも無いなかでの関係なので、逆に恥を捨てれたんでしょうね。

その後は彼氏ができたみたいで会ってないですが、彼氏でもイケるようになったらしい。