姉と2人で住み始めたら恋人みたいになってしまった

この体験談は約 6 分で読めます。

9年前のことなんですが、当時、俺23歳、姉24歳で、お互い実家を出て、それぞれ一人暮らししてました。
俺は高校出てから某ピザチェーンの営業してて、5年も経てばそれなりに仕事も一通りこなしてましたが、給料はそれほど高くもなく、毎月切り詰めつつ貯金しながら生活してました。
姉は事務機器を取り扱う会社で事務してましたが、ちょうどその頃、姉の会社がリストラを始めだし、姉もその対象となりました。
姉がもらってた給料は、なんとか一人暮らしが成り立つ程度だったので貯金もそれほどなく、失業保険をもらいつつ失業期間をしのいでました。

それでも生活は一気に苦しくなり、やっと見つけた仕事がホテルの客室案内。
そのホテルが俺が勤めている会社の近くで、姉が住んでたアパートからは通勤するのがバスの乗り換えがあり大変になるということで、俺と一緒に住むことになりました。
俺も家賃光熱費折半はありがたいし、付き合ってた恋人もいなかったので快く了解し、姉弟の生活が始まりました。

二人での生活は、姉の仕事が6時に終わり、俺より先に部屋へ戻ることが多かったので、食事はだいたい姉任せで、俺が早く終わるときには自由に使えるお金が増えたこともあって、たまに姉を誘って外食したりもしつつ、そんな割りと楽しい二人暮らしでした。

俺はそれまで姉に対して特別な感情なんか持ったこともなかったんですが、姉が風呂上がりで着替えてるのを知らずに洗面所に行ったら全裸見ちゃったり、晩酌しながらのエッチトークでだんだんと変な感情が湧いてきて、姉を女と意識することも増えてきました。

そんなある冬の晩。
実家から送られてきた毛ガニで鍋をやることになり、うまい鍋にビールも進んで二人とも結構酔っぱらった時がありました。
いつもの仕事の愚痴やら好きなミュージシャンの話やらの後、だんだんとお互いの恋愛についての話になっていきました。
恋愛の話から下ネタになり、お互いの性欲の処理についても話が及び、酔った勢いで自分のセルフエッチを暴露していきました。
ネタは官能小説が多いとか、姉に気づかれないように夜中にしてるとか、処理に使ったティッシュを見られないように紙袋に入れて出勤時にゴミステーションに捨てていくとか。

一通り自分のセルフエッチについて熱く語った後、姉に話を振ると姉も酔った勢いもあったのかペラペラ話しだしました。
一人暮らしの時はローターやバイブレーターで処理することもあったが、俺と暮らすようになってからは音でバレるのでもっぱら手でしてるとか、どこをどうやってするとか、昔は二股かけてて色々開発されたとか・・・。
正直、姉は性に関して奥手だとばかり思ってた俺は、驚きつつ興奮してました。

後から聞いたんですが、そのエロトーク合戦の時から姉も興奮してて、弟である俺を誘惑してたようなんですが、酔ってた俺はそんなの気がつかなくて(笑)

話を戻すと、もうどうしようもなく興奮してた俺は、なんとかこの収まりのつかないブツを鎮めないとと思い、風呂で一発抜いてこようと風呂に入る準備を始めました。
そしたら姉が、「私も入る」と着替えを取りに自分の部屋へ行きました。

(風呂で抜こうと思ってたのに・・・。エッ、姉と一緒に風呂!なんで?でも姉の裸見れる!)

っていう心の葛藤がありつつ、結局は姉の裸に負けてしまい、ドキドキしつつも、「じゃあ先入ってるから」と一言残し、とりあえずタオルを腰に巻いて頭を洗ってました。

「やっぱ、なんか恥ずかしいねー」

そう言いながら入ってきた姉は、バスタオルを体に巻いてて、頭を流した俺はちょっと残念と思いつつ、それでも興奮してました。
頭を洗ってたおかげで収まってたブツがだんだん自己主張し始めて来ましたが、なんとか姉に気づかれないように隠して体洗い始めたら、「背中流してあげるよ」って、スポンジを俺から奪い、姉が背中を洗ってくれました。
自分の体の泡を落としバスタブに浸かろうとすると、「私のもやってよーっ」てスポンジを渡され、バスタオルを取りました。
一応前は手で隠してましたが、背中だけでも女の裸を目の前にした俺は興奮も最高潮に達し、でもその興奮を抑えつつ一心不乱に姉の背中を流してました。

と、突然姉がこっちに向き直り、「前も洗って」と胸を突き出してきました。
普段の俺なら、「前くらい自分でやれ!」と言いそうなもんですが、さすがにこの時は言われるまま姉の胸を洗ってしまいました。
心なしか姉の顔も上気してきたようですが、もう余計なことは考えられないほど興奮してた俺は、スポンジ越しじゃなく直に胸を触ってみたくなり、手のひらで揉むようにして胸を洗い始めました。

その時、姉が小さく「ぁう」と漏らしたのを聞き逃さず、ついに胸だけじゃ我慢できなくなり下腹部に手を伸ばしてみました。
姉は最初こそ足を閉じて抵抗するような感じでしたが、すぐに足を開いて俺の手の侵入を許し、両手を俺の首に回して抱きついてきました。
もう夢中だった俺は姉の口に吸い付き、姉も舌を絡ませてきて激しく抱き合いました。

しばらく抱き合いつつお互いの体を弄り、ここで初めて姉が俺のブツを握ってきました。
恥ずかしながら姉の手に包まれた瞬間、それまでのセルフエッチからは想像もつかないほどの快感で、爆発と言っていいほどの射精・・・。
かなり情けない声を出しちゃったと思います。

ぼーっとしてたら、「いっぱい出たね。今度は私も気持ちよくして!」と姉が抱きついてきました。
もうお互いが姉弟ということを忘れたかのようにキスを繰り返し、お互いの体に吸い付き舐め回し、一番敏感なところを刺激しあって10分経った頃、姉の体がビクビクッと痙攣しました。

(イッた!!姉をイカせた!)

達成感っていうか、少し誇らしげな気持ちになって姉の唇にそっとキスしました。

そのまま二人でバスタブに浸かり、姉の背中を抱くようにして胸を揉んでいました。
お互いなんか恥ずかしくて一言もしゃべらずにしばらく経った頃、どちらともなく上がろうかと脱衣場に出ました。

お互いの体を拭きあってたら一度放出したブツがまたビンビンになり、姉も「また元気になっちゃったね」と跪いて、ブツの前に顔を近づけてきました。
姉の息がブツに掛かり、それだけでまた軽くイキそうになったのですが、直後に温かい粘膜の感触で姉に咥えられた瞬間に射精してしまいました。
姉もこんなにすぐに出るとは思ってなかったらしく、びっくりしつつも出した物を飲み込んでくれました。

俺は2度も放出したのに興奮はまだ収まらず、裸のまま居間のソファーまで移動して、抱き合いながら倒れ込みました。
乳首に吸い付いて姉の股間に手を伸ばしたら洪水という表現がぴったりなほど姉のはビショ濡れで、ソファーにまで跡がつくほどでした。

乳首から脇腹、おへそとだんだん下へと体を舐め、吸い付き、繁みの奥の姉のモノを初めて見た時、なぜか感動したのと、姉も女なんだと当たり前のことを再認識しながら口をつけました。
唇が姉の一番敏感なところに触れた瞬間、太股に頭を挟まれ、姉の体が軽く痙攣して姉のモノからは白い液体が溢れてきました。
姉も軽くイッたようで、ソファーで抱き合ったまま余韻に浸ってましたが、この時はだいぶ酔いも覚めてて、抱き合いつつも戸惑ってたり、後悔みたいのもあったり・・・。

その時、姉の手が俺のブツを握ってきて、軽く揉んだりしごいたりしてきたので3度目の大膨張。
先ほどまでの後悔のようなものはどこへやら。
姉を連れて俺の部屋のベッドへ移動しました。

ベッドに姉を横たわらせ、足の間に体を潜り込ませると、前戯も無しにブツを姉のモノに一気に挿入。
さすがに3回目なので瞬間の爆発もなく、でも今度は姉が入れた途端にビクビクと痙攣を始め、それでも構わずに前後に腰を進め、姉のモノから溢れ出る愛液の匂いを感じながら、(とうとう姉と最後の一線を越えてしまった)という思いと、社会的にいけない事をしてるという背徳感と、そして湧き上がってきた姉を愛しいと思う気持ちとが入り交じった妙な感覚に揺られつつ、だんだん冷静になってきて、姉の感じてる顔を見ながら腰だけはゆっくりと動かしてました。
イキそうになり深く腰を進めたところで姉と目が合い、そこで姉の中で爆発させてしまいました。
子宮に精を放出した瞬間、姉の体もそれまでで一番激しく痙攣し、足を俺の腰に回してより深くブツを飲み込もうとするかのようにしがみつき、果てました。

姉の中にまだ小さくならないブツを納めたまま、「しちゃったね」と姉に話し掛けると・・・。

姉「しちゃったね、◯◯(俺)は後悔してる?」

俺「姉ちゃんとこうなったこと、後悔はしないよ。それより、中で出しちゃった、どうしよう、ごめん」

姉「たぶん、大丈夫だよ」

後日、姉に生理は来たので安心したのですが、姉弟の間で妊娠したらさすがにヤバいと当時は気が気ではなかったです。
それ以来、姉とはほぼ毎日エッチするようになって、それが今まで9年間続いてます。

おわり。