彼女に渡したふたつの指輪

この体験談は約 2 分で読めます。

5年前くらいに、引っ越してしまった彼女がいた。

小柄で、顔が可愛くって、甘えん坊で、しかもやさしい性格の人。
付き合ってた時はケンカもしたが、すぐに仲直りできるような仲だった。
Hはしてないが、それ目当てじゃなかったからそれで良かった。
幸せだった。

別れる前までは。

引っ越すってわかったとき、あいつの両親に怒りをぶつけたよ。

「なんでつれてくんだよ!俺らの仲を知ってんだろ!?」

他にも色々話した。
いや、叫んだ。
相手の事情も知らずに。
相手が黙ってるのをいい気に叫びつづけた。
なのに・・・。

「もういいよ。二人ともわかってるんだよ。だから、責めないで。お願い」

あいつはそう言った。
その言葉を聞いた時、矛先をあいつにかえた。

「どうして!?おまえだって嫌だろ!?別れなんて!!決めたじゃないか!一緒にいるって!絶対離れないって!!」

そう叫んだ。
けど、あいつは泣きながらこう言った。

「ごめんなさい。でも、どうしようもないの。仕事だから・・・」

あいつの父さんは、道路の建築が仕事でよくいろんな県にまわっていたから、止まることはなかった。
その言葉を聞いたとき、一気に熱が冷めた。
怒りがどっかへ吹っ飛んだ。

「済まない・・・。本当に済まない・・・!」

あいつの父さんは、机に頭がぶつかりそうなぐらい、頭を下げた。
母さんは声を上げて泣いた。
俺は何も言わなかった。
言えなかった。
そのまま、この家を後にした。

引越し当日。
俺は彼女に指輪を渡した。
二つ渡した。

「また会えるように、俺の分も渡しとく。次に会ったら、結婚しよう」

はっきりした声でそう言った。
あいつは、目を大きく見開いた。
そして、頬を赤らませながら、嬉しそうに頷いた。

「・・・うん」

そういって、あいつは抱きついた。
俺も抱き返した。
あいつは、肩を震わしながら、泣いていた。
少しおさまったのか、少しだけ離れた。
あいつは俺の方を見て、すっと目を閉じた。
俺はそれに答えるように、唇を合わせた。
人の目なんか気にしなかった。

「・・・またな」
「・・・うん」

名残惜しそうに、唇を離して、そう言った。

アレから5年。
俺は、大学から帰る為に駅の中にいる。
券売機の前で、困ったようにきょろきょろしている女の子がいた。
遠くから声をかけようかどうか迷っている時に、視線に気付いたのか、こっちを見た。
そこにいたのは・・・。

まぎれもなく、あいつだった。

首には、俺の渡した指輪が、ペンダントになってつけていた。
すぐに気付いて、あいつは俺の方へ走ってきて、俺の胸に飛び込んだ。
俺は抱きしめて、一言、本当に一言だけ言った。

「お帰り」

あいつも、一言だけ言った。

「ただいま」