理性が吹っ飛んだ、男3人VS女3人

この体験談は約 4 分で読めます。

本当についこの間のことです。
1週間前です。

<登場人物>
男友達A:結構モテるタイプ、遊び人。
男友達B:まぁ普通。
俺:まぁ普通だな。
女C:Aに惚れてる、お子様系。
女D:Cの友達、お姉系スレンダー。
女E:Cの友達、ただの酔っ払い、巨乳でいい尻はしてるけど。

こんな面子でAのアパートで夕方くらいから飲み始めた。
話は一気に飛んで4時間くらい経過したあと、AとCがいなくなっていた。
Aの寝室をBが覗きに行くと、AとCが絡みあっているという・・・。

全員で覗きに行くと、Cが気持ち良さそうに喘いでいるのが見えた。
Bがそそくさと寝室に入って行くとAが気づき、「混ざれ」と合図する。
Bがニヤニヤしながら下半身を出すと、Aに命令されたCはパクっと咥えた。

お姉系のDはこの時点で元の部屋へ戻る。
酔っぱらいのEは凝視して目を離さない。
そして2人の男の性欲を一身に受け入れるC。
この光景はかなりエロい。

思わず、四つん這いで寝室を覗くEのスカートを捲り上げ、下着越しに尻やアソコを撫で回してしまった。
咄嗟にEはこっちを振り向くが、酔ってるのか焦点が合ってなくて、一瞬ニヤっと笑うとまた寝室を覗きだした。
俺もここまで来て止まるわけがなくて、Eの下着をずらしてワレメに手をやった。
すでにかなりヌルヌルで、穴に簡単にニュルリと入ってしまった。
Eは腰をくねらせながらも寝室を覗いたまま。
次第に寝室から聞こえるCの喘ぎも、モノを咥え込んだまま大きく聞こえてきた。
これもかなりエロかった。

俺は我慢できずにEにバックのまま挿入。
それと同時にAがイキ、Aに変わってBがCに挿入。
ちなみにAは中に出したみたいだった。
CはBに入れられながらAに丁寧なお掃除フェラをしている。
俺にバックで入れられているEは、びっくりするくらいの声で、「イクイクイク!」と叫ぶ。

Aが「なんだよ。やってんじゃん。入れよ」と言うので、5人でしばらくの間、性を貪った。
でも、乱交が初めての俺は男の前だとなかなかイケなくて、しばらくしてから部屋を出て、元の部屋に戻った。
ま、きっちりCにもはめて、お掃除フェラもしてもらったわけだが。

もうDはいないだろうなぁと思って部屋に戻ると、1人でテレビを観ながらお酒を飲んでいた。
一応パンツだけは穿いてDの隣に座ると、「終わったの?」と冷静を装った雰囲気で聞いてきたので、「あいつらならまだやってるよ」と答えた。
かなり痛烈な一言だったみたいで、30センチくらい離れられた。
俺も運動直後のパンツ一丁姿だったので、なんとなく照れてはしまったが、「こういうのってよくあるの?」と聞いたら、「初めてに決ってるでしょ!」と怒られた。

俺の好みはお姉系スレンダーのDだったので、(こいつでイキたいなぁ)と思ってしまう。
勢いもあってだけど馴れ馴れしく肩を組むと、「やめてよ」と言われはしたが、それ以上は拒まないのでヒートアップ。

「汗でベタベタだから嫌だよ」

「5人分の汗だぜ」

そう言うと、一瞬Dの動きが止まった。

「2人とも凄いエッチだったよ。もうイキっぱなしって感じでさ。Dもエッチだったりして」

そう言ってスカートの中に手を入れると、「やだってぇ」って感じで言ってきたが抵抗はなし。
下着をずらしてアソコを調べるとかなり濡れていた。
もうここまで来たら興奮しきってて、パンツだけ脱がしてDをひっくり返し、クンニした。
俺の舌の動きに合わせていい感じに動くDの腰は俺をさらに興奮させて一気に挿入。

入れた途端にDが、「乱交だけは嫌だからね。他の人とはしないからね」と呟く。

そんなこと言われたらさらに興奮。
ガンガン突いて、あっと言う間に中に出してしまった。
イッて萎むかと思いきや、勃起し続けてたのでハメ続けた。
この頃にはDもエロエロになってて、下半身をガクガク震わせて何回も昇り詰めてた。

そうこうしてると寝室の4人が戻ってきた。

「なんだよぉ。Dともやってんのかよ。混ざらせろよ」

Bがそう言い出すが、「Dは乱交は嫌なんだよ。Dは俺がもらうから、続きはそこでやれ」と返すと、「いい加減疲れた」とAが言い、AとBはCとEにフェラをさせながら飲み始めた。
しかし、4人を見つめるDの顔はこわばっていたが、腰がクネクネ動いていて、ついつい若さに負けてそのまま数分間、Dを攻めて中出ししてやった。

結局、明け方近くまで4人は代わる代わるの乱交。
俺とDだけが2人プレイって感じ。
朝、Dを誘って2人で俺のアパートへ行き、そこでもう一発して2人で寝た。

勢い余って何回もDの中に出してしまったが、Dから次の日の朝、「どうしよう・・・」と言われた。
出来てたら結婚するしかないよなぁ・・・。
しかし、今考えても、一晩に3人とプレイって凄いよな。
乱交って理性が吹っ飛んじまうよ。