私の部下で、私の奴隷のF子

この体験談は約 3 分で読めます。

私の友達の奥さんで、私の部下でもあったF子。
年は26歳で結婚3年目だ。

ある日、業務終了後「ちょっと相談があるんですけど」という事になり、晩御飯を一緒に食べた。

「最近、旦那がおかしいんです。女ができたみたいなんです」という相談であった。

私もその件は彼から聞いてはいた。

「そんなことはないんじゃないの?今、彼の部署は忙しくて帰りが遅いからじゃないの?」とか曖昧に答えていたが、酒が入るとちょっとF子は乱れてきて、しくしくし泣き始めた。

私はちょっと困って「それじゃ、君のマンションで話を聞こうか」ということになり、マンションに行ったのだ。
応接に通されたが、相変わらずシクシク泣いている。
ふと見るとミニスカートが若干捲れ上がり、色っぽい太ももが見えている。

「浮気の証拠があるの?」と私は聞いたが、
「別にない」という。
「エッチはしてるの?女ができると家ではしないからな」と尋ねる。

すると「半年くらいはしていない」という。

「それじゃしたくなったときはどうするの」
「えっ、うーん。自分で・・・」と下を向いて答えた。
「女がいるね。それは、確実だ。今度聞いておいてやるよ。今日は飲もう」と言って酒を勧めた。

彼女はあまり酒は強くない。
むしろ、酔うと色っぽくなって態勢が崩れる。
会社の飲み会の時にも3回くらいミニの奥を見たことがある。
それで、下心一杯で酒を勧めた。

そのうち、「熱いですね・・・」と言いながら、上着を脱ぎブラウスになった。

「眠いのなら横になってれば・・・」と言うと、
「私ちょっと部屋で着替えてきます」

そう言うと、彼女は隣の部屋に行った。
しばらくしても出てこないので、そっと覗きに行くとベッドの上で大の字になってすやすや寝息をたてているではないか。

チャンス到来と思い、そっと部屋に進入。

仕事で使うデジカメを鞄から取り出し、セットする。
まず、気づかれないようにブラウスのボタンをはずす。
5つはずしたらピンクのプラが出てきた。
そっと背中に手を回し、ブラをはずす。
白桃のような胸が露わになった。
急いでデジカメで撮影する。
次にスカートだ。
なかなかお尻が大きくてスカートがはずせない。

「まぁ、いいや。捲っちゃえ」と思い、上にずり上げまた撮影。

見事な太ももとピンクの薄いパンティだ。
黒い陰毛が透けて見える。
足を広げると、大切なアソコにはシミが半円形を描いていた。
そっと触ってみる。
柔な感触とクニュというような音がした。

しばらく擦っていると「んー」とかすかな声がして横向きになった。

いよいよ下着を取る時だ。
そっとパンティをおしりの方から抜き取り、膝まで下ろした。
淡いピンクのアナルと涎を出したようなオマンコをじっくりと眺め、指を挿入する。
糸を引くような粘液をかき分け、指は簡単に入った。

そして、粘液をつけた指をアナルへ。
中指の第二関節まで入ったところで急に指が締め付けられた。
はっとして彼女を見ると、うっすら目を開けている。
彼女は起きていたのだ。

しまったと思ったが、もう後には引けない。
いきなり彼女に覆い被さるとキスをした。
ところが彼女は舌を入れてくる。
そして、腰をふり始めたのだ。
もう、半年も咥えてないんだ。

欲しいんだな・・・と判断して一気に挿入。
1時間程度のセックスで彼女は3回もイッたのだった。

それから、彼女は職場で私の奴隷となっていった。