ガリ痩せの母とやりまくりの温泉旅行・前編

この体験談は約 4 分で読めます。

うちは、母(47歳)と俺(23歳)の2人暮らしだ。
親父(53歳)は単身赴任で、地方の現場に行ったまま半年が経つ。

母はガリ痩せで、病人のような容姿だ。
女の魅力は外見からは想像し難いが、俺好みではある。
ガリ痩せとのセックスを夢見ている俺は非常に興味があった。
2人で食事をしたり買い物をしたりと生活は充実していた。

温泉に誘ったらノリノリで表情も明るく楽しそうだった。
2泊の予約をし、移動は車。
途中のドライブインで食事を済ませ、温泉地のホテルに向かう計画だ。

「あれっ、そんなにおめかししてどうしたの?」

「何か変?スカートが良かった?フフフ」

母のスレンダーな体が一際目立った。
昼過ぎにチェックインし、俺は入浴を済ませて寝た。
母は大浴場に行き、散策していたらしい。
食事は少し豪勢にお酒も2人で飲んだ。

母が先に部屋に戻った。
俺は飲みかけのボトルを持って部屋に戻った。
母は寝ていた。
貧乳が浴衣の隙間から覗けた。
酒の勢いもあり、母の寝顔を見ながら浴衣を少しずつずらした。
パンティは穿いていた。
心臓がバクバクと鼓動し、胸が張り裂けそうな緊張。
硬直したペニスが痛い。

母は深い眠りに入っていて布団を剥がしても起きなかった。
鎖骨とあばら骨に付いている小さな胸、白いパンティ・・・。
我慢できずに骨盤からパンティをずらしたらヘアーがはみ出てきた。
土手から指の腹をアソコに移動した。

「フゥ~、ンンン」

母は寝返りを打ち、俺に尻を向けた。
寝息が響き、ずれたパンティが俺の理性を失わせた。
電気を消して俺は全裸になり、母の頭の上に仁王立ちになった。
どこから触れていくか考えていた。
足元に移動して、寝返りで仰向けになるのを待った。

「クークー・・・」

顔が横を向いたまま体だけが仰向けになった。
パンティの上から唇で熱い息をゆっくりと吹き付け、アソコを蒸れさせた。

「ンンーハァー」

母の息遣いが寝息と混ざりだした。
脚を広げ、パンティ越しに唇で母のざらつく陰毛を噛み、アソコに舌を当てた。

「あー・・・んっ!・・・はっ!ちょっと何してるの!やめなさい!」

母が目覚めた。
薄暗い部屋で全裸の俺を見て母は硬直した。
肌蹴た胸を隠し、部屋の隅に逃げようとした。
俺は足首を掴み、布団に引き戻した。

「やめなさい!やめて」

母の首を掴み、ペニスに近づけ頬に押し当てた。

「やめて・・・やめて」

「騒がないで・・・何もしないよ、暴れないで」

逃げようとジタバタする母の足首を持上げ、布団に引き戻した。
そして俺は布団に入り、仰向けの俺の上に乗せた。
お互いの股間がお互いの顔に当たった。
俺は腰に腕を回し密着させ、パンティの上から息をかけて吸い付き、舌で下着をずらし、母の割れ目を夢中で舐めた。

ぴちゃ、ぴちゃ、ずっずっ!

舌をアソコに押し込んで掻き回した。

「あー・・・やめ、やや・・・」

母が声にならなくなった。
ペニスを握りながら、「やめて・・・やめて・・・」と言っている。
クリを舌で転がすと、グッタリと動かなくなった。
起き上がると、すぐに母はうつ伏せになったまま動かなくなった。
浴衣を剥ぎ取り1枚の下着を脱がした。
仰向けのまま、か細い声で母が言った。

「やめましょ。ダメよ・・・ダメなのよ・・・」

脚を広げ、股間舐めを続けた。

「アッアッアッ・・・ダメ・・・ダメ・・・」

脚を抱えて舌を入れると、母は狂ったように頭を左右に振り乱した。
執拗に舐め続けると脚が伸びて痙攣がはじまった。
そのまま白目を向いて失禁。
慌てて電気を点けた。
首筋と鎖骨が浮き上がり骨盤も尖っている身体。
半開きの目が俺を見ている。

「力が入らない・・・お布団、替えなきゃ・・・」

俺は何も言わず、母を隣の布団に移した。

「母さん・・・一発抜かせてくれ・・・」

母をうつ伏せにして腰を持上げた。
尾てい骨も浮き出た尻、アナルは隠れて見えなかった。
ペニスの先で溝を擦り、上から下へ撫で下ろした。
亀頭が柔らかい肉に包まれた場所へと導き、突っつきながら誘導すると亀頭が埋もれた。

「アッ!・・・アッ!・・・アッ!」

腰の動きに合わすかのように声が出る。
根元まで刺すと・・・。

「アッー・・・アッー」

尖った尻が密着して音が響いた。

パン!パン!パン!パン!パン!パン!

「イー!アッーアッーあー」

母はシーツを掴み、枕に顔を埋めた。

「あーンンー・・・ハーハーハーあーンンーハァーハァー」

グッタリ動かなくなったが俺のピストンは動きをやめなかった。

「痛い・・・ダメ、やめて・・・痛い・・・」

顔をしかめ、下腹部を押さえて丸くなり、沈黙した。

「大丈夫?ごめん」

「ハァー・・・痛い・・・ちょっと待って、落ち着くから・・・深く入れられるの・・・ダメなの・・・」

俺は正座をして母を見つめていた。

「あなた、なんで勃起してるの?まだ大きいままよ・・・変よ・・・でも出したいわよね・・・深く入れられると・・・鈍い痛みがくるから・・・」

「・・・抑えきれない・・・だけど犯りたい・・・」

母はうつ伏せになり、軽く尻を上げた。
枕を臀部に乗せた。
俺は無我夢中で腰を沈め、力一杯射精に集中した。

「ハァハァハァー」

パン!パン!パン!パン!パン!パン!

暗い部屋は荒々しい息遣いと肉がぶつかり合う音だけが響き渡った。

「母さん・・・出るよ・・・出る!出る!ハァハァハァ出る!」

母は気を失っていた。
瞬間に抜き出すと、首から腰まで白濁の精液が飛び散り、母の背中を汚した。

「はぁはぁはぁ・・・ふぅーはぁ」

俺は身体中の力が抜け、ビールを飲んだ。

「私にもちょうだい・・・」

母は髪を掻き分けながら俺にビールをねだった。

「ハァー美味しい。・・・スッキリした?」

「母さんは?」

「まさか息子とこんなことになるとは・・・最低な母親ね。あなたもこんな女に勃起するなんて変・・・」

「そうかなぁ、母さんは俺が痩せ好きなの知ってるよね?」

「でも、あなた・・・こんな・・・」

母を引き寄せて、母の顔をペニスに近づけた。

「何?やめて・・・」

「いいから、お願い・・・」

沈黙していたが、母は俺のペニスを口に含んだ。
身体を倒し、俺は下になりシックスナインで母のアソコに舌を入れた。
夢中で吸い付き舌でグリグリすると・・・。

「アッ!・・・アッ!・・・」

母はフェラをやめ、手で扱き始めた。

「イクッ・・・イクッ・・・」

小さな声で母は呟いた。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました