初めて僕が入れたのは母のお尻の穴でした

この体験談は約 6 分で読めます。

この春から都内の私立校に通う高校生です。
去年の夏、予備校の課題を部屋で片付けていると、母親(40歳)が入ってきました。

「淳ちゃん、お勉強は順調?」

「俺は別に都立で構わないんだからさぁ、N校なんて全然自信ないし」

「そんなこと言わないで、お父さんのためにも頑張って頂戴!」

父は慢性の肝炎で入退院を繰り返していました。

「お母さんが何か手伝ってあげられることはある?」

「彼女と別れてデートの予定もないし。勉強くらいしかすることないよ」

「そう?じゃお風呂沸かすわね」

「まだ時間かかりそうだから、お母さん先に入って」

「ハーイ」

勉強を片付けて、いつものように素っ裸になって(僕の部屋と風呂場はすぐそばにある)風呂場に行くと、中から「うーん、うーん」と微かな呻き声が聞こえます。

(お母さんだ!)

僕は咄嗟に悟りました。
興味本位で覗いてみたくなり、しばらく息を殺していました。
お母さんは湯船の縁に腰を掛けて、片手でEカップの胸を揉みながら自分の股間を弄っています。
僕の分身はビンビンに硬くなりました。
その時です。

「淳ちゃん?そこにいるんでしょ?待ってたのよ、いらっしゃい。久しぶりにお母さんと一緒に入りましょう」

ヘビに睨まれたカエルのように、僕は前をタオルで隠して風呂場に入りました。
お母さんが僕の身体に湯をかけて洗ってくれました。

「淳ちゃんもすっかり大人になったわね」

そう言って母は目を細めました。

「そんなことないよ。彼女と付き合ってもちっともうまく行かないし」

「心配しなくていいのよ。淳ちゃんが高校に受かるまで、お母さんがちゃんと面倒を見てあげるから」

お母さんが背中から僕の股間に手を回して、石鹸で泡立った手でまだ半立ちの分身を握り締めました。

「あ、お母さん、そこはいいってば。自分で洗うから」

僕は腰をよじって逃げようとしましたが、狭い風呂場の中で背中から密着されて、Eカップの乳房が背中に当たる感触が気持ち良くて、結局身体を預けてしまいました。

「家は父さんがあんな風でしょ?だからお母さんも寂しくてね・・・」

お母さんの手が僕のものを優しくしごきます。

「でも・・・握ったこの感じ、やっぱり親子ね」

僕は複雑な気持ちでした。
10分ほどしごかれると僕はお母さんの手の中に勢いよく射精しました。

「まぁ、こんなに!こんなにたくさん出て!こっちの方はお父さんよりすごいわ。やっぱり淳ちゃんも大人なのね」

その晩は眠れませんでしたが、それから度々お母さんは僕の部屋に来て、抜いてくれるようになりました。
最初は手だけでしたが、口でしてくれるようになった頃、お母さんの胸を揉みながら、「最後までやらせて欲しい」と頼みました。
でも、「受験が終わったら・・・」という返事で逃げられました。
もう高校には受かったのですが、今度は「やっぱり親子だから・・・」と言ってなかなかさせてくれません。

お母さんは父さんのいない寂しさを紛らわすために、こっそりテレクラ遊びをしているようです。
この間、タンスからSMに使うロープや蝋燭が出てきました。
見ず知らずの人間とそんなことをするくらいなら僕とセックスして欲しいのですが、それどころか最近はお母さんのオナニーまで手伝わされます。

「最後までさせてくれないなら外で彼女を作りたい!」

僕がそう言うと、「それは許さない」とすごい剣幕で怒り出します。
僕だって生身の人間です。
一人前に彼女も欲しいしセックスもしたいんです。

最近はお母さんの要求が変態的になってきていました。
テレクラ遊びで覚えたらしいSMの真似事や、アナルへの愛撫まで要求してくる始末。
すごく戸惑ったけど、手や口でしごいて出してもらう快感には勝てず、僕は渋々母の要求を呑んでいました。

その日も僕が居間のソファーに座ってズボンを下ろして足を広げ、お母さんはスリップ一枚で四つん這いになって僕のモノをしゃぶっていました。

「そろそろお花見の季節ね」

「まだ新しい友達ができないから中学の友達と騒ごうかな」

僕はお母さんの背中に覆いかぶさるようにして、尻を揉んだりアソコを撫でていました。

「まだ子供なんだから、お酒を飲んだりしちゃだめよ」

「えー、子供がこんなことすんの?」

僕はお母さんの尻をピシャリと叩いて、割れ目を剥き出すように両手でグッと左右に広げました。

「丸見えじゃん、丸見え!お母さんのアソコ、子供に見られていいの?」

「あーー恥ずかしい・・・ねぇ淳ちゃん、お尻をもっといじめて」

「ねぇ、お母さんってもしかして変態なの?どこでそんなこと覚えたの?入院中の父さんに言いつけちゃうよ」

お母さんは答えずに激しくしゃぶってきました。
僕はお母さんに教えられた通り、アナルの周りにオイルを塗り込み、指で弄りはじめました。

「あーん、淳ちゃん、上手よ。お母さんとっても気持ちいいの」

お母さんは縦に横に斜めに舌を絡めて僕のモノを舐めてきます。

「ねぇ、お母さん。そろそろ最後までさせてよ」

我慢できなくなってきた僕はいつもの話題を切り出しました。

「淳ちゃん、何度も言うようだけど親子には超えてはならない一線があるの」

「そんなこと言われても・・・」

お母さんのアナルに人差し指を抜き挿ししました。

「むぅーー、ううんー」

アナルを責めるとお母さんは独特のよがり声を上げます。

「息子にケツ穴を弄られてヒーヒー言ってるのに、そんな問題じゃないような気がするけど?」

「あは、子供が、生意気言っちゃだめ!ううっ・・・」

そこで僕はキレました。

「なんだよ!お母さんなんか父さんが身体を壊して入院してる間にテレクラにはまって、息子を押し倒してるただの欲求不満女のくせに!スケベなことばっか考えてる変態のくせに!彼女の代わりになるって言うから今まで付き合ったのに。最後はいつも自分ばっかり満足して終わりじゃないか!僕だってセックスしたいんだよ、僕だって男なんだよ!」

お母さんを振り払って立ち上がり、それだけ言うと僕は自分の部屋に帰ろうとしました。

「待って!」

放心したようにお母さんは床にしゃがみ込んでいました。
長い沈黙が流れました。
お母さんの目に少し涙が滲みました。

「・・・ゴメンね、淳ちゃん。確かに父さんがいないのは寂しいけど・・・お母さんは何があっても淳ちゃんのお母さんでいたかったの。最後までいってしまったら、ただの男と女でしょ。・・・でもお母さん、もう一度よく考えてみる。だから今日はこれで我慢して・・・」

そう言うとお母さんは四つん這いになったまま大きなお尻を僕の方に向けました。

「な、なんだよ・・・?」

「どうしてもお母さんに入れたいのなら・・・お尻の穴に入れて・・・」

お母さんはちょっと震えた声で言いました。

「お尻の穴なら・・・一線を越えたことにはならないでしょう?」

「そうか、だったら入れてやるよ」

僕はお母さんの大きなお尻を両手で掴みました。
そのとき僕は、おまんこでもお尻の穴でも同じだと考えたんです。
要はお母さんの体の中に勃起した分身をぶち込みたかったんです。

僕はお母さんのお尻の穴に分身を突きつけました。
珍しくお母さんは緊張しているみたいで体が震えてます。
僕はグイッと腰を入れました。
さっきオイルを塗ってさんざん指でこねまわしたお母さんの肛門は、キツかったけど僕の分身を受け入れてくれました。
ズブズブと分身が母の腸の中に沈み込んでいきました。
そのとき僕は痺れるような快感を味わったのです。

「ああっ、淳ちゃん・・・い、痛い、もっとゆっくり!」

僕はお母さんの声を無視してグイグイ押し込みました。
さんざん焦らしてきたお母さんにお仕置きをしてやりたい気持ちだったのです。
お尻の穴がギシギシした感じで分身を深く飲み込んでいきます。

「ああーっ、痛いわ・・・お願い、もっと優しく・・・」

またもやお母さんの言葉を無視して僕は分身を出し入れしました。
お母さんの腸と擦れあってすっごく気持ちよくて、僕は力いっぱいお尻の穴にピストンを加えました。

「淳ちゃん、やめてーっ、あああっ」

母がとうとう悲鳴を上げました。
でもそのとき僕はフェニッシュに向かって一直線でした。
次の瞬間、僕は母の腸の中に精子をドバッと吹き上げました。

「ああ、お、お母さん!」

失神しそうなほどの気持ちの良さでした。
僕は嬉しくてたまりません。
とうとう母の体内に精子を注ぎ込んでやったのです。
さんざん焦らしてきたお母さんにはいい薬になったことでしょう。

分身を引き抜いたとき、お母さんのお尻の穴から白い液がどろりと滴り落ちました。
お母さんは放心したようにずっとお尻を突き出したままでした。

(よし、明日はおまんこに入れてやろう)

僕はそう思いました。

タイトルとURLをコピーしました