エロい体をした娘のセクシーなパンティ

この体験談は約 4 分で読めます。

今日ついにデビューしてしまった。
俺はかなり幼少の頃から女性の下着に興味を持ち、親戚のお姉さんや従姉妹の家に遊びに行った時など、ちょくちょくタンスを開けては下着を手にしていた。
また、たまにはパンティを自分で穿いてみたり、ブラを着けてみたり・・・と、女性の下着にはかなり興味があった。

小学生の頃は単純に身に着けるだけだったが、中学生になると身に着ける快感プラス“オナニー”の快感も覚えてしまい、あの穿き心地のいいパンティを穿きながら持ち主の女性のことを考えながらオナニーするのが楽しみになった。

俺には26歳の娘がいる。
と言っても血縁はなく、妻の連れ子だ。
結構綺麗な娘で、体つきもとてもエロくて、いつも胸やお尻、たまに見えるパンチラを見ては秘かに勃起させていた。

そんな娘が先月、2週間ほど我が家に泊まりにきていた。
それまで娘の下着はチラッと見えるだけで、その全容は分からないでいた。
しかし、泊まりに来てから3日目。
仕事を終えて帰宅し、風呂に入って自分のパンツを取ろうと物干しを見ると・・・。
そこには普段見たことのないカラフル&セクシーな女性の下着が、まるでお花畑のように咲き乱れていた。
初めて見る娘のパンティに俺は超興奮してしまい、チンポは一気に勃起した。

(エロい身体して、こんなエロい下着を着けやがって!)

ちょうど目の前にぶら下がっていた黒いパンティに手を伸ばして触った途端、急に射精感が込み上げてきた。

(ヤバい!こんなとこで!)

その時はもうチンポから手を離していたのだが、すでにチンポはビクンビクンしてきていてどうにも射精感が収まらず、手でしごいてもいないのに、ドピュ!!ドクンドクン!!と射精してしまったのである。
ドアの向こう側には妻と娘がいて、キッチンで晩ご飯の用意をしている。

(もしもこんな姿を見られたら・・・)

ティッシュなど近くになく、とりあえずは手で精液を受け止めたが、こんな時に限って大量の射精だ。
いつまで経ってもチンポの脈動は止まらなかった。
しかし、それにしても物凄い快感だった。
こんなに気持ちいい射精はしばらくなかった。
・・・なんて思っていたのだが、我に返り、精液を物干しにぶら下がっているタオルかハンカチで拭こうと手を伸ばした時、チンポがビクン!となって腰がよろけた弾みで、目の前の黒いパンティを掴んでしまった。

(しまった!)

そう思ったときには後の祭。
俺の手に溜まっていた大量の精液が娘のパンティに付いてしまった。
しかし躊躇している暇などない。
こんな格好を見られるわけにはいかないのだ。

とにかく、この精液をなんとかしなくては!
手とチンポを綺麗に拭かなくては!

俺は、そのパンティで手を拭き、一番汚れていなかったクロッチでチンポを包み、拭き取ろうとした。
だがその瞬間、脳が痺れるような感覚がして、またまた興奮してきてしまった。

(ここに娘のマンコがー!)

そう想像した瞬間、またチンポが勃起して、そのクロッチの柔らかさが快感となり、一気に射精感が押し寄せてきて、もう止めることができなくなっていた。
というか、さっきの快感をまた味わいたくて、気持ちいい射精だけを望んでいた。

(ああっ!もう出るっ!出る!娘のマンコが触れてる場所に俺のチンポが触れて射精するんだ!!)

手は動かさなくてもチンポは勝手に痙攣をはじめ、精液を吐き出そうとしてくる。

(ああっ!早く出したい!!いや!もう少しこの快感のままでいたい!)

この時には、もう妻や娘に見つかってもいい!という気にさえなっていた。

(エロい体をしてるから悪いんだ!)

そう勝手な理由をつけて娘の体を想像した途端、さらに射精感が高まってきて、最高に気持ち良く射精した。
ほんの数十秒前にあれだけ大量の射精をしたのに、この時も大量に出た。
娘のパンティのクロッチだけでは受け止め切れず、床にこぼしてしまった。
その精液もパンティで拭き取り、洗濯機の一番底に押し込んだ。

そのパンティは次の日、また物干しにぶら下がっていた。
そのパンティは黒でオーソドックスな形だが、薄くてツルツルしていて全体的に透けている。
フロントには柔らかいレースが飾られていて、とてもセクシーなパンティだ。

娘が帰った後、そのパンティが風呂場の脱衣かごの中でタオルの下になっていたのを偶然見つけてしまった。
俺は迷わずクロッチの匂いを嗅ぎ、娘のエロい体を想像した。
もちろんチンポはフル勃起状態だった。
しかし、すぐさまチンポを擦りつけてオナニーはしない。
今回は、このパンティを穿いてみることにした。

こっそりと脱衣かごの一番下に隠しておき、妻が出掛けた時にサッとシャワーを浴びて身を清めて、いよいよ念願のパンティ着用だ!
柔らかく、全体が気持ちいい。
クロッチは玉袋が当たるので直接的な快感はないが、優しく包み込まれるのがとても気持ちいい。
ヒップに手をやり、娘の尻を撫で回すかのように触ってみる。

(なんて触り心地がいいんだ!)

とても自分の尻とは思えない。
そしてフロントの柔らかいレース部分。
下腹部が優しくサポートされている感があって、なんとも言えない穿き心地だ。
ちょうどチンポが上向きに収まる場所でもある。
軽く手を添えられたかのような感じで、とても気持ち良くサポートされている。
娘の体に触れていることを想像してしまうほどの気持ちよさだ。
そして、このパンティは上にゴムがあって、締め付けているのではなく、この薄い生地自体が緩めに体にフィットしてくる。
男物のパンツにはない感触だと思う。
ちょうどチンポの亀頭の裏側あたりにこの部分が当たり、適度に圧迫があってとても気持ちいい。
このパンティを穿くと下腹部がとても気持ちよく、病みつきになりそうだ。
脱いだ後も感触が残っていて、またすぐに穿きたくなる。

さて、このパンティ・・・。
じつは今日、それを穿いて会社に行き、1日中、身に着けて仕事をした。
以前から女性用下着を身に着けるのは好きだと先に書いたが、そのまま外出したり職場に行ったりしたことはなかった。
今日が初めて。
ということで、デビューとなった。

朝、妻にバレないようにパンティを穿き、普段通りにスーツを着て出勤。
興奮した!
1日中チンポがムズムズしていた。

(もし同僚にバレたらどうしよう?)とか、(しゃがんだ時にパンティラインが出たらどうしよう?)とか、考えるだけで物凄い興奮だった。

仕事中もチンポに走る快感と圧迫感で何度も勃起し、我慢汁が出て、この黒いパンティに染みを付けているのが自分でもわかって余計に興奮した。

タイトルとURLをコピーしました