ウブな女子大生の若い締めつけ

この体験談は約 6 分で読めます。

35歳の僕が21歳の女子大生を出会い系でゲットした時の体験です。
その子の名前というか、ニックネームは『まいちゃん』。
最初に付き合った彼氏のエッチが独りよがりすぎて恐怖を感じたとかで、割り切りセックスがしたいから出会い系に登録したそうです。
まあ世の中には色んな女子大生がいますね。

まいちゃんは見た目は黒髪ロングで化粧も薄く、華奢でナチュラル系のファッションでした。
その日もボーダーのTシャツに厚手の綿の膝丈スカートと落ち着いたファッションでした。

わざと僕の最寄り駅で待ち合わせして、「外で会うとお金がかかるから、もし良かったらでいいんだけど・・・」とあっさり僕の家に連れ込むことに成功しました。
世間話をして元彼の愚痴を聞いて共感してあげて、「もし良かったらでいいんだけど、これからエッチしない?」と誘ったら、はにかみながらOKしてくれました。
今までの出会い系で一番イージーな展開でした。

まいちゃんがOKしてくれたので、「じゃあ早速」と言ってボーダーTシャツの上からまいちゃんのおっぱいを揉みました。
まいちゃんのブラジャーはワイヤーの入っていない柔らかいタイプだったので、ブラジャー越しに簡単にまいちゃんのCカップのおっぱいを感じることができました。
僕はブラジャーの上からまいちゃんの乳首を探り当てて、そこを優しく摘むとまいちゃんは「あん」と小さい声を出して、そして小さな声で「気持ちいい」と言いました。
僕はそのまま思い切ってまいちゃんのTシャツの裾のところから手を突っ込み、そのままブラジャーの中に指を突っ込んで、まいちゃんの生おっぱいを直接触りました。
おっぱいを触っていくとまいちゃんは僕の腕を掴み、耐えるような顔をしながら、「ううん」と小さい声を出しました。
まいちゃんは俯いて表情が見えません。

僕は乳首を触りながら「気持ちいい?」と聞くと、無言ですが明らかに感じている様子で、時々「あん」という声を出し、体がピクピクと反応しています。
まいちゃんは僕の肩の上に顔を寄せてきて表情を見られないようにしながら、「はぁはぁ」と荒い息を僕の耳元に聞かせてきます。
僕はTシャツを捲り上げてブラも完全にずらして、まいちゃんの生おっぱいをガン見しながら乳首をピンポイントで弄びました。
僕にしがみつくような姿勢でおっぱいの快感に耐えていたまいちゃんを支えながらだんだん後ろ向きに倒していくと、まいちゃんは全く抵抗せずに仰向けになり、Tシャツがめくれてブラがずれて可愛らしいおっぱいが丸見えになっています。
膝丈の綿のスカートもその勢いで捲れ上がって、下半身も白いパンツの股間部分がはっきり見えていて、白い太ももも見えます。
僕はまいちゃんの体をまじまじと見ながら、覆いかぶさるようにして首筋にキスをして耳に吐息を当てたり、軽く舐めたりしました。

「そこはだめ」と言いながらまいちゃんが感じています。

首筋へのキスをだんだんと下げて、乳首にキスをしました。
さらに乳首を口に含んで舌の先でコロコロと転がし、もう片方の乳首は指で優しく撫でるようにすると、まいちゃんは顔を上に向けながら体を反らせて、「気持ちいい!」と喘ぎ始めました。
僕はさらに乳首を舐めながら、まいちゃんの腰のくびれのあたりやお腹の部分などの肌を触りまくり、さらにおへその上から下へとだんだん手を滑らせていきました。
まいちゃんに拒否する余地を与えましたが特に拒む様子がないので、お腹のところに溜まっているスカートを飛び越えて、太ももの内側から上に手を滑らせていき、その手でスカートを捲りあげました。
白いパンツの上に到達。
手を滑らせて、ついにパンツの上からまいちゃんの割れ目を触りました。
割れ目に到達するとまいちゃんは「アッ!」という大きな声を出し、体を大きく後ろに仰け反らせました。

完全に無抵抗になったと僕は判断して、割れ目にパンツの上から触れていた手を一旦おへそのところに移動させ、上からまいちゃんのパンツの中に手を侵入させました。
まいちゃんは恥ずかしさから両手でパンツの上から僕の手を抑えようとしましたが、すでにまいちゃんのおまんこを直接触り始めていたので、諦めて快感に身を委ね始めました。
まいちゃんのおまんこはすでにじっとり濡れていて、「まいちゃん、感じてるの?」と言うとまいちゃんは小さく頷きました。
僕はそのままヌルヌルとしたまいちゃんのおまんこを上下に擦り、その後で一旦パンツから手を出すとパンツのウエストの部分を両脇で掴んでスルスルと脱がしました。
丁寧にまいちゃんのパンツを膝のところまで脱がした後、露わになったおまんこをガン見しました。
そして僕はキスをするようにまいちゃんのおまんこにむしゃぶりつき、そのままディープキスの要領でまいちゃんの割れ目の中に舌を滑り込ませるようにしました。
まいちゃんは大きな声で「アアア!」と気持ち良さそうな声を上げて、僕はさらに激しく音を立てるようにクンニしました。
クンニを始めるとまいちゃんの声はますます、喘ぎ声というよりも男に媚びて『もっと気持ちよくさせて欲しい』というような完全なメスの声に変わっていました。

「アン!気持ちいい!」

その声に呼応して僕はさらに激しくクンニして、舌を尖らせて硬くして、その先っぽでクリトリスを刺激しました。
まいちゃんは最初は恥ずかしがっていたのに、刺激への欲求は強いのか、僕がクリトリスをクンニした後で舌の位置をずらすと、まいちゃんは言葉では言わないけれど、『もっとクリトリスを舐めて』と言わんばかりに僕の頭を押さえて、自分のクリトリスに固定するようにしました。
僕はまいちゃんが満足するまでクリトリスをクンニし続けることにして、頭をまいちゃんの股間の中心部に当てて、舌だけを激しく動かし続けました。
すると、それほど長い時間がかからずにまいちゃんは、「もうダメ~!」と言いながら腰を浮かせ、ブリッジのような状態でガクガクと腰を揺さぶりながらオーガズムに達しました。
その頃にはまいちゃんのおまんこは汁が止め処なく流れて、それが僕の唾液と入り混じってびしょびしょに股間と僕の口の周りを濡らしていました。

まいちゃんをイカせた後、僕はおもむろにパンツを脱いで、自分の真上に向かって勃起したペニスを見せつけるようにしながら、まいちゃんの寝そべったお腹の上に跨がりました。
まいちゃんは恥ずかしそうに舌を出して、ペロンと僕のペニスを舐めてくれました。
僕がそれに反応して「気持ちいいよ」と言うと、安心したような表情が一瞬まいちゃんの顔に浮かび、自分で仰向けに寝そべった状態から起き上がってくれました。
僕もそれに合わせて腰を上に上げて立ち上がり、まいちゃんは立ち膝の状態になり、慣れない仕草で僕のペニスをフェラしてくれました。
まいちゃんのフェラは全然上手ではないのですが、僕のペニスに歯を立ててはいけないと意識しているからか、無理に口をすぼめた形が逆に僕のペニスを締め付けるようになりました。
しかもまいちゃんの唇は柔らかくて、めちゃくちゃ気持ちよく感じました。
思わず、「まいちゃんはフェラが上手だね」と口に出しそうになりましたが、もしかしたらまいちゃんを傷つけるかもしれないので言いませんでした。

僕はフェラされている間もまいちゃんの乳首を触り、時々スカートの中に手を突っ込んでお尻を触りました。
そして一通りフェラしてもらった後で、僕はまいちゃんに「ありがとう」と言って、まいちゃんを180度後ろに向かせて四つん這いにさせました。
まだ膝のところにまいちゃんのパンツが引っかかっていたので、丁寧に足首のところから外してあげて、スカートをガバッと捲りました。
まいちゃんの腰は綺麗にくびれているので、そのままスカートのウエストがまいちゃんの腰の上の方まで上がり、まいちゃんの下半身は丸出しになりました。

そこにバックで挿入しました。
挿入の瞬間、まいちゃんは「アアアアン!」とびっくりするほど大きな声をあげて、そして一生懸命にクッションにしがみついていました。
僕はまいちゃんの反応がいいのに後押しされて、自分の腰とまいちゃんのお尻がぶつかり合うパンパンという音をどんどん大きくしながら、とにかく激しく腰を振りました。
まいちゃんは大声で「アアア!気持ちいいいい!」と叫び、そしてそれに応じておまんこの締め付けも強くなってきました。
僕はできるだけ長持ちさせるように頑張りましたが、まいちゃんの若い締め付けの前に降伏しました。

「ああ、もうイッちゃう!」

僕はまいちゃんのお尻を後ろから鷲掴みにして、体の力がどんどん抜けていくような感覚の中でドックンドックンと脈打ち、舞ちゃんに中出ししてしまいました。
終わった後、まいちゃんのおまんこからは僕の白い汁がポタポタと垂れてきました。
僕が、「ごめん、間に合わなかった」と言うとまいちゃんは、「今日はたぶん大丈夫」と小さい声で言ってくれました。

それから僕とまいちゃんは15歳近く年の差のあるセフレとして関係を持っています。
相変わらず初々しく求めてくる可愛いまいちゃんに、僕は毎回すぐにイッてしまっています。

タイトルとURLをコピーしました