姉貴の腋臭が染み込んだ衣服が俺のオナネタだった

この体験談は約 7 分で読めます。

俺は単身赴任して、この地で2年目になった。
真夏の夕方・・・。

(もう一踏ん張りすれば冷たいビールが待っている)

そう自分に言い聞かせ仕事に集中した時だった。
胸ポケットに放り込んであった携帯が鳴った。
東京で留守を守る妻からであった。
お疲れ様コールにはまだ早いし、なんだろうと思いながら受話器ボタンを押した。

「あなた大変よ。義姉さんから電話が!」

「姉貴が?よく家の電話番号を知ってたな」

「そんな呑気なこと言っている状況じゃないみたいよ」

「姉貴は元気なのか?で、何があったって?」

「元気は元気らしいんだけど、とにかく早くあなたに会いたいって。あなたの携帯の番号教えておいたけどいいわよね」

「ああ、いいよ。しかしなんだろうな?何年も連絡がなかったのに・・・。まぁいいや、姉貴からの連絡を待ってみるよ」

「喧嘩しないでよ」

「分かってるよ」

「今週は帰ってこれるの?」

「たぶん帰れる予定だけど、はっきりしたら連絡するよ」

「うん、じゃあ気をつけてね」

その晩の深夜、ビールを飲んでうたた寝しているところに電話がかかってきた。
不機嫌な声で応答するとしばらく無言・・・。

「お姉ちゃんだけど分かる?」

「ああ分かるよ、どうしたんだよ」

「たぶん、今近くにいると思うんだけど行ってもいいかな」

「よく分かったな、ここが」

「奥さんから聞いたの。勝手なことしてごめんね。助けて欲しいことがあるんだ」

「金ならねぇーぞ」

「・・・とにかく行ってもいいかな」

姉貴のいる場所を聞き、ここまでの道のりを教えてやった。
小さなアパートで部屋は6畳間と4畳半、それにキッチンと狭いユニットバス&トイレ。
暮らし始めた頃は風呂とトイレが一つの箱の中にあるのが嫌だったが、慣れとは恐ろしいもので、今ではそれが当たり前のように思える。
4、50分経った頃だろうか、姉貴がコンビニの袋をぶら下げてやってきた。

「急にごめんね、上がっていいかな?」

「何もないけどね」

この懐かしい匂い、姉貴の腋臭の匂いだ。
嫌な匂いじゃなく、少し甘いような匂い・・・。

「だと思って色々買い込んできたから」

「ごめん。腹減ってないんだ」

「そう、じゃお菓子は?」

「いや、いいよ。胃にもたれるから」

「そう、じゃあビール飲む?」

「ビールなら遠慮なく」

男所帯で小さなテーブルが一つだけ。
クッションもなければ座布団もない、あるのはソファーベッドだけ。
まあ布団は敷きっぱなしだからソファーにもならないが。
壁に寄りかかり、向こう側に座り込んだ姉貴。
スカートのフロントスリットから太ももの奥が見えそうだ。
少し高い目線で姉貴の胸元を凝視する。
Tシャツの胸元からブラジャーがちらりちらり。
もう少しで谷間も覗けそうだ・・・。

今週末、家に帰る予定だったので、オナニーを控えていたのがいけなかった。
俺が色気づいてきた頃、姉貴はオナネタだった。
少しだけ腋臭があって、その匂いは俺には凄くいやらしく感じて、姉貴の腋臭が染み込んだ物ならセーターでもジーンズでも何でも良かった。
悪知恵がつく頃には下着に執着し、ブラやパンティーにまで発展していた。
姉貴の結婚が決まり、引越しでドタバタしている最中、俺はドサクサに紛れて姉貴の思い出になるような下着を何枚か盗んだ。
盗んだブラは洗濯済みだったが、姉貴の匂いがたっぷり染み込んでいた。
ブラからパットを抜いてちんぽに宛てがい、パンツで押さえてしごいたこともあった。

久しぶりに会った姉貴を見ながら俺は昔のように妄想し、頭の中で姉貴とやっていた。
こんなにジンジン来たのは久しぶりだ。
我慢汁も溢れ出している。

「金ならないけど他のことなら何でも言ってくれ。相談に乗るよ」

「全然ないの?」

「ない」

「そうかぁ~困ったなぁ・・・」

「どうしたんだよ?何があったんだよ?」

「離婚したんだ、私」

「離婚?またなんで?」

「私の浮気がばれた」

「しゃ~ねぇ~な、普通は逆だけどな」

「結婚した途端レスになって全然なくってね、おかしいなって思ってはいたんだけど・・・。色々分ちゃってね、それで離婚したの」

「で、ここに来たのと何の関係があるんだ?」

「離婚する時に生活費は振り込むって約束してくれたんだけど、その振込みも今年から途絶えちゃって、連絡も取れないし」

「貯金が底をついたってわけだ。働いてないのか?姉貴」

「パートのお給料だけじゃ全部は無理よ。先月アパートを引き払って、今まで古いお友達の家に泊めてもらっていたんだけど、友達の旦那さんと一度しちゃったんだ。それからは毎晩のように言い寄ってくるようになっちゃって・・・」

「姉貴が悪いじゃん、それって」

「自分でもそうだと思う。たぶん私ってエッチが好きなんだと思う・・・したくてしたくてたまらなくなる時があるんだ」

「姉貴もまだ女だし、いいんじゃねぇのかな」

「分かってくれる?こんなお姉ちゃんのこと軽蔑しない?」

「軽蔑とか好き嫌いの話じゃないと思うよ」

「単身赴任中はどうしてるの?」

「どうって・・・いいじゃんか、そんな事は」

「ううん、気になる。男の人ってすぐ浮気するじゃない、出来ないと。あんたもしてるんでしょ?」

「してねぇ~って、マジで」

「昔から真面目だったもんね、あんた。奥さん一筋か。まぁそれもいいでしょ」

「悪いことじゃないだろ」

「そうね、理想の旦那さん像よね。でも亜希子さんはどうかしらね?」

「なんだよ?心配になるようなこと言うなよ」

「ごめんごめん。亜希子さんは大丈夫よ、たぶんだけど」

ムチムチした太ももに柔らかそうな熟女のおっぱいを見ているだけでいやらしい気分になってくる。
俺は辛抱たまらず、姉貴に告ってみた。

「姉貴・・・俺、小さい頃からさ、姉貴と・・・」

「なぁ~にそれ?」

「姉貴の匂いが好きで、姉貴の洋服や下着でオナニーしてたんだ」

「えっ!嘘?何でぇ~、匂いする?今も?」

「ああするよ。その匂いを嗅いでいると、こんなだよ」

俺は露出者のように姉貴の前で勃起したちんこを晒け出してしまった。

「は、早くしまって、お願いだから」

「俺じゃだめか?姉貴」

「当たり前じゃないの!早く仕舞って」

「もう無理っ。姉貴、何でも言うこと聞くからさ。なっ、頼むよ。1回だけでいいんだ」

「何でも聞いてくれるの?本当に」

「ああ、何でも聞くよ」

「本当?」

「本当だよ。だからお願い」

「わかった、何して欲しいの?」

「何して欲しいって聞かれても・・・」

姉貴を力づくでベッドに引き寄せ、隣に腰掛けさせた。

「姉貴、触って」

「大きい・・・」

「もっと強く握って」

「やらしいわよ、あんた」

「俺、昔から姉貴のことを想像して、1人でこうしてたんだ」

ちんぽを握っている姉貴の手を包むように握り、物凄い速さで上下に擦った。

「ちょ、ちょっと待って」

「もう止まらないよ姉貴」

じくっ・・・。

「姉貴、何か出てきちゃった、舐めて」

舐めてもらえるように頭を軽く押した。
腋臭がぷ~んと匂ってきた。
夢にまで見た姉貴との行為。
甘ったれたような声で「はあんっ」と悶え、股間に顔を埋める姉貴。

じゅぼ、じゅる、じゅぼ、ぬるっ・・・。

「あっ・・・姉貴・・・舐めてる、俺のちんぽしゃぶってる、すごくいやらしいよ、姉貴」

「ごもごもごじゅるじゅる、ぷっはぁ~」

唾液でヌルヌルのちんぽを手コキする姉貴。

「はぁ~・・・ちんぽ、ちんぽ・・・」

ぬっちゃ、ぬっちゃ・・・。

さっきまでの姉貴はどこへ行ってしまったのか?

「ダメよ」って断っていた姉貴はどこへ行ったんだ?

「ちんぽちんぽ」と言いながら俺のあそこを弄ぶこの女は、本当に姉貴なのか。

「姉貴って本当に好きなんだな、エッチが」

「そんなことない、私は・・・私は・・・」

しこしこしこ。
じゅぶじゅぶ。

「ぷっはぁ~」

「姉貴すごいよ。気持ちいいよ。ちんぽが溶けちゃいそうだよ」

「ぷっはぁ~。ねぇ、お姉ちゃんのも触って」

背中が攣りそうになるのをこらえて太ももの間に手を挿し込むと、『もっと奥』と言わんばかりに股を開く姉貴。
姉貴の腋臭が徐々に強くなってきた。
太ももに挿し込んだ手は汗で滑り、容易くあの部分へ到達。

「はぁ~ん、あ~ん・・・焦らさないで」

「ここ?ここでいいのか、姉貴」

「あんっ・・・強く。もっともっともっと強く!」

パンティーの上からじゃあ物足りない様子。
ごそごそとパンティーの横から指を突っ込んで、ぬるっと濡れている割れ目に指を押し込んだ。

ぬぷっ・・・。

「つぅはぁ~・・・もっと奥まで奥までぶち込んでおまんこを掻き回して」

ぬちゃ、ぬちょ、ぬちゃ、ぶぴぃ、ぶぴっ、じゅぼ・・・。

「あぁぁぁぁあああぁぁぁぁ~っ、ひぃ~ひぃ~はぁ~ん感じちゃう」

パンティーの中で手をお尻に持っていくと自分からお尻を上げて、脱がしやすいようにしてくる。
パンティーを脱がせ、姉貴を押し倒す。

「う~んこの匂いが好きなんだ。たまらないよ、姉貴」

「恥ずかしいからやめて」

脱がせたパンティーで、昔やっていたことをそのまま再現して見せた。

「姉貴のおまんこ、おまんこ舐めたい。おまんこ汁飲みたい。姉貴のおしっこ。ああ~、姉貴姉貴姉貴のまんこ。まんこまんこまんこ。おまんこ舐めたい」

姉貴の目の前でやって見せてやった。

「舐めたいの?まんこ舐めたいの?じゃ舐めて、いっ~ぱい舐めていいわよ」

そう言って姉貴が俺の顔の上に座ってきた。
割れ目が鼻と口を塞いだ。

「ねぇ早く舐めて。姉ちゃんのおまんこが舐めたかったんでしょ?」

ぐちゃぐちゃに濡れている割れ目を顔の上で滑らせて擦りつけてくる姉貴。
姉貴のマン汁で溺れそうだ・・・。
マン汁を飲み込まなければ頬に垂れ、顔中がぐちゃぐちゃになる。
口を大きく開き、姉貴の動きに逆らうように舌を動かしてマン汁を吸い尽くす。
感じる部分に当たるとそこで動きを止め、エロい腰使いで押し当ててくる姉貴。

「あ~あぁ~」

犬みたいに尻の穴を丸見えにさせて姉貴は俺の上に倒れる。

「う~ん大きい、じゅぼじゅぼじゅるじゅる。はぁ~・・・ちんぽ~」

「姉貴、そんなにしたら出ちゃうってば」

「まだよ、まだ出しちゃいやよ。はぁはぁ、ここに入れて」

絡みつきながら体を動かして姉貴が俺を跨いだ。

「す、凄い・・・あっあぁぁああぁぁぁ~」

ゆっくり味わうようにお尻を下げてくる姉貴。
俺のが小さいのか姉貴のが深いのか、根元までずっぽり挿入しても奥のコリコリには当たらない。
亀頭がコリコリに当たるのが気持ちいいのに・・・。
姉貴の腰を掴み、へその方へ寄せてみた。
姉貴の中で挿入角度が変わり、コリコリに当たった。

(姉貴って下付きなんだ)

一度分かればこっちのもんだ。
腰を掴んだまま前後に姉貴の体を動かす。
コリコリっと擦れ合うたびに姉貴の声も大きく激しくなってくる。

「うっ・・・姉貴ダメだ、出るぅ」

「もう少しだから。ねぇあと少しだけ・・・」

一旦抜いて姉貴を四つん這いにさせてバックから突く。

「あっ、姉貴!出ちゃうよ出ちゃう。精子出ちゃう!」

「あっ、あっ、いっ、いくぅいくぅいぐぅ~!いやいやいや。何か出ちゃう。いやいや止めて!出ちゃう」

「うっ・・・ねぇ、姉貴どこに出す?」

「中に出して!いっぱい頂戴!」

妻にさえ子供作り以外で中に出させてもらえることはなかったのに、姉貴の中に出せるなんて最高だ。

「姉貴・・・」

何回も何回も強く、姉貴の体に腰を打ちつけた。

「抜かないでこのままでいて」

バックから挿入したまま2人して倒れ込む。
大きくて柔らかいお尻のお肉が下腹に心地いい。

ぬぷっ。

「あんっ!」

混ざった2人の体液でちんぽはヌルヌル。

「出てきちゃった・・・」

「はい、ティッシュ、拭いてやるよ」

「あんっ、だめだって。そんな拭き方したら、またしたくなっちゃう」

「姉貴、舐めて綺麗にしてくれる?」

こんな事が起こって、姉貴は単身赴任の俺のアパートに転がり込んでしまった。
しかし、姉貴がこんなに好き者だったとは・・・。
妻には悪いが、今週末は帰れないと言おう。

タイトルとURLをコピーしました