隣に引っ越してきた地味なメガネっ娘の大学院生

この体験談は約 4 分で読めます。

大学時代、安アパートに住んでいた。
ボロい6畳一間だったが、一応台所と風呂場もあったし、何より駅と商店街が近かったので生活するには便利だった。

引っ越して2、3日したとき、隣に引っ越してきたと言って、俺より少し年上の女性が挨拶に来てくれた。
挨拶の中で大学院に行っていると言ったので年上だとわかったのだが、メガネをかけていて頭が良さそうな少し暗い感じの女性だった。
勉強が忙しいのか、ほとんど家には居ないみたいだったが、たまに深夜帰って来る足音が聞こえることがあったので、(さすが院生は違うな)と思っていた。

あるときサークルの飲み会からの帰り、家に帰って部屋の電気を点けると、見慣れた俺の部屋ではなかった。
(あれ、なんで?)と思い、部屋の外のドアを見に行くと、俺の部屋は3号室なのに、そのドアには『2』と書かれており、その女性の部屋だった。
鍵を開けたかどうかの記憶がないので定かではないが、たぶん女性が部屋の鍵を掛け忘れたのだろう。
偶然ではあったが、初めて見る彼女の部屋はこざっぱりしていて、寝に帰って来るだけみたいな印象だった。
いつ帰って来るかもわからないので帰ろうとしたが、室内のカーテンレールに角ハンガーで無造作に干されている下着を見つけ、悪いとは思ったがしばし鑑賞していると、見た目の地味さからは想像もつかない派手な下着がいくつかあった。

(頭が良くても、彼氏とやることはやってんだなぁ)

そんなことを思いつつ、とりあえず自分の部屋に戻った。
本当は1枚くらい拝借したかったが、バレると面倒なことになりそうだったから我慢した。

それから何となく彼女のことが気になってはいたが、彼女は俺が起きる前にすでにいなくて、俺が寝た後で帰って来ているようだったので接点が持てなかった。
たまに夜中に洗濯機を回している音は聞こえてきたが・・・。

ある時、飲み会だったか麻雀だったかは忘れたが、たまたま終電に乗ることがあり、駅で降りると俺の前を彼女が歩いていた。
勇気を出して「こんばんは」と声をかけると、一瞬ビックリしたようだったが俺のことを覚えてくれていた。
一緒に帰り道を歩きながら、「いつも帰り遅いんですか?」とか「バイトですか?」とか聞いても、彼女は「はい」とか「ええ」とかしか答えてくれず、ほとんど俺が一方的に話しかけてる感じだった。
それでもこれを逃したら、次に会えるのがいつになるか判らなかったので、ダメ元で「今度飲みに行きませんか?メアド教えてくださいよ!」と言って携帯を出すと、意外にも彼女は「はい」と言って携帯を出したので、赤外線でやり取りをした。
彼女は丁寧に携帯にプロフィールを入力してあったので、下の名前は『美奈子』で、25歳であることがわかった。
しかし、その後俺からメールを送ってもだいぶ時間が経ってからしか返ってこず、最初は熱心に誘っていたが次第に飽きてしまい、あまりメールを送らなくなった。

しばらく経ったある時、合コンの最中に急に美奈子さんから、『今からなら空いていますが・・・』という内容のメールが来た。
正直、めちゃくちゃ可愛い子ばかりの当たり合コンの最中だったので断りたかったが、美奈子さんの方からメールしてくることなんて今までなかったので、泣く泣く合コンを抜け出して、アパートの最寄り駅で待ち合わせて、近くの居酒屋に入った。
酒が入っても美奈子さんの口数は少なかったが、とりあえず会話の中でわかったのは、今まで勉強ばかりで遊んだことがなく、彼氏も居たことがないこと。

で、それをきっかけに月に1、2回くらい予定が合うと飲みに行くようになった。
慣れてくると次第に話してくれるようになり、だんだん美奈子さんが好きになっていった。

さらに半年くらい経ったとき、美奈子さんの誕生日にサプライズでケーキを買って、彼女の帰りを待った。
ギリギリ日付が変わらないくらいに足音がしたので、俺はケーキを持って美奈子さんの部屋を訪ねた。
美奈子さんはビックリしていたが、「メアドを交換したときに誕生日がわかったんで」と説明して、「ずっと前から好きでした」と言ってケーキを渡した。
そのまま自分の部屋に戻ろうとする俺を引き止めて、部屋に上げてくれた。

俺が、「26歳の誕生日、おめでとうございます」と言うと、美奈子さんはポロポロと泣き出してしまった。

突然のことにどうしたのか聞くと、昔から勉強ばかりであまり友達もおらず、家族以外に誕生日を祝ってもらうのは初めてで嬉しかったと。
つい可愛く思えて、ギュッと抱き締めてしまった。
美奈子さんも俺に抱きついてきたので、そのままキスをした。

服の上から胸を揉むと、もうそれだけで美奈子さんは「はぁはぁ」と息が上がり、下に手を伸ばすと、「シャワー浴びるからちょっと待って」と言われ浴室に入ってしまった。
俺も急な展開にドキドキしていたが、バスタオルを巻いた美奈子さんが出てきた。
それからはお互い会話はなく(電気を消されたし、興奮していたのでよく覚えてないだけかもしれないが)、ゆっくりと愛撫していくと、胸を愛撫していただけで軽くイッてしまった。

(本当に経験ないんだな・・・)と思い、下に手を伸ばすとかなり濡れていた。

美奈子さんはずっと「恥ずかしい」と言っていたが、俺は我慢できなくなり、ゆっくりと挿入していった。
意外とすんなり入ったが、とてもキツくて、入れただけでイキそうになるほど中は気持ちよかった。
美奈子さんが痛いと言うので、ゆっくり動いた。
ゆっくり動かしていたので、すぐに発射することはなかったが、ゴムもしてなかったので、最後はお腹に出した。
美奈子さんはギュッと俺に抱きついてきて、「こんな私を好きになってくれてくれてありがとう」と言った。

美奈子さんは今、俺の嫁になっている。

タイトルとURLをコピーしました