チョコをくれた真面目な女生徒をラブホに連れ込んで

この体験談は約 2 分で読めます。

今、32歳の高校3年の担任をしています。
彼女と近づいたのは今年のバレンタインからでした。
土曜日で部活をやっていたのですが、彼女は帰りをずっと待っていたらしく、夕方にチョコを貰いました。

「何かお返しをしないと」

彼女にそう言うと、「デートして欲しい」と言うので3月の春休みに遊園地に行き、それから何度か遊びに行くようになりました。

4月になると彼女は自分のクラスになりました。
彼女は他の先生からも評判が良く、毎朝早朝から部屋の掃除をしてくれたり、授業中はずっと前を見ているという真面目な生徒でした。

その後、途中の洗車場に彼女が隠れるように待っていて、一緒に車で帰るようになりました。
それからすぐにキスまでするようになり、私は本当に可愛い恋人ができた気分でした。

そして7月◯日、彼女の誕生日が安全日だと知っていた私は、2日後から始まる期末テストの相談だと言って車に乗せてラブホテルに行きました。

彼女「私のこと本当に好き?」

私「当然だよ!」

車をホテルに滑り込ませました。
彼女は初めてのホテルがとても珍しいようで、色々なボタンを触ったりしてはしゃいでいました。
その後、ふと一瞬があり長いディープキスをしました。
それから、彼女をそのままベッドに寝かせ、制服のボタンをひとつずつ外し、ブラのホックを外して乳首を愛撫しました。
そんなに大きくない胸でしたが、愛撫しているとだんだん乳首が硬く立ってきて、微かに声を上げました。

スカートを脱がせ、靴下を取ってパンティだけの格好にさせて、私の大きくなった息子を握らせました。
彼女はすごく驚いた感じで握っていたので、上下に動かすように手で教えました。
そこで彼女のパンティの中に手を入れると溢れんばかりに濡れていました。
私は身体を入れ替えて、彼女の目の前に息子が来るようにして彼女のオマンコをペロッと舐めました。
恥ずかしいのか彼女がクンニを嫌がったので、「それじゃ入れるよ!」と言うと、「うん」と小さく頷いたので入れてみました。

はじめは入りにくく、彼女は「痛い!」を連発していましたが、スルっと入ったら後はそのままピストンしました。
やはり彼女は少し痛そうだったので、自分だけでイッちゃいました。
当然、膣の奥深くに、私の精子たちは泳いで行きました。
ベッドはかなり汚れましたが、2人でお風呂に入り、2回戦をして帰リました。

その後、期末テスト終了の日にもう一度、そして終業式には1日中エッチしてました。
その頃になると、彼女はクリトリスを舐められるのが好きになり、私のもしっかりフェラをしてくれるようになりました。
今では、いつも全部飲み干してくれました。

彼女とは、これからも周りに見つからないように付き合っていくつもりです。

タイトルとURLをコピーしました