やっぱり私、フェラが大好きみたいです

この体験談は約 6 分で読めます。

私には中学1年生の頃から3年間付き合った年上の彼氏がいました。
そして別れた後もきちんとけじめをつけることが出来ず、「遊ぼう」と言って会ってはエッチを繰り返す、中途半端な関係が続いていました。

(こんなの切ない・・・)

実は私、まだ好きだったんです。
でもそれも1年前に彼に彼女が出来たことがきっかけで終わり、それからしばらくは彼氏もできませんでした。

それから1年ほど経った今年の夏。
18歳になりました。
一応年上の人とエッチしても(法的に)問題なくなったのと、1年以上エッチしてないのでどうしても寂しくなって、今まで怖くて使ったことのなかった出会い系に登録してみることにしました。
あんまり期待はしてなかったんですけどね。

そしたらびっくり。
たぶん1番写りのいいプリクラを使ったこともあったと思いますが、毎日のようにメッセージが来ました。
実生活でモテたことは1度もないんですが、こういうのはまた別なんでしょうね。
その中から、一番メールの感じが良く、家も近いマサトさん(仮名・34歳)と会うことにしました。
会うまでは、楽しみと同時にものすごく不安でした。

(危ない人だったらどうしよう・・・?)とか。

でも会った瞬間に、そんな不安はどこかに行ってしまいました。

(格好いい!)

スタイルもいいし、話し方も丁寧で、正直タイプでした。
いきなりホテルは嫌だと言っておいたので、とりあえずレストランに行ってお昼を食べて(お話しするのも本当に楽しかった!)、それからマサトさんが調べておいてくれたホテルに行きました。
実は人生初のラブホです。
なんだか汚いイメージしかなかったので、普通のホテル以上に豪華だったのは本当に驚きでした。

「お風呂、一緒に入る?」

聞かれて、びっくりしちゃった。
私、男の人とお風呂に入ったこともなかったので。
彼氏とは彼の実家でエッチしてたから、いつもシャワーとかなしでやってたんです。
とりあえずは別々にお風呂に入って、彼がシャワーしてる間に私はコスプレのセーラー服に着替えて・・・。
もうこの時点で相当ドキドキしてました。
そしたらマサトさん、シャワーからパンツ1枚で出てきました。

「男って隠せないから恥ずかしいよねー」って言いながら。

あそこがもうガチガチなのがよく見えて、恥ずかしいやら嬉しいやら。
というか、恥ずかしいなら何か着ればいいのにと思いつつ、私ももうエッチを待ち切れず、あそこはびしょびしょ。
女の子はぱっと見では分かんないのが救いですね。

パンツ1枚の34歳の既婚男性と、セーラー服を着た18歳の女子高生。
この状況に興奮している自分がいました。

大きくてきれいなベッドに座ってキス・・・。
びっくりするくらい、なんて言うか、濃くて優しくてエッチなキス。
さすが大人とか思いながら、私も一生懸命に応えます。
そしたらベッドにゆっくり倒されて(この瞬間が好き!)、気付いたらセーラー服の短いスカートの中でマサトさんの大きな手が・・・。

「これ、使ったことある?」

そう言って彼が手に取ったのは、ネットでしか見たことがなかった電マでした。
もちろん元彼とも使ったことはありません。

「ないです・・・なんか、怖くて」

そう言ったら、「じゃあ試してみようね?」って、まずは下着の上からゆっくり優しく撫でてくれました。
初めての感覚で、どうしたらいいか分かんないくらい声が出ちゃいます。

「マリちゃん、可愛いよ。ほんとに。直接やったらどうなっちゃうのかな?」

そう言って今度は下着を脱がせてきます。
私も私で脱がせやすいように腰を浮かせたりしちゃって。
もう完全に気持ち良さで頭がいっぱいです。
なんて言うか、最高でした。
強く、弱く・・・強弱をつけて、優しく、激しく・・・。
頭の片隅で、(きっと経験豊富なんだろうなぁ)とか考えながら、快感に浸っていました。

「ねぇ、マリちゃんのおまんこ、びちょびちょだよ・・・?」

わざとエッチな言葉を耳元で囁きながら、今度は指でたくさん中を掻き回してくれます。
マサトさんの言う通り、私はびちょびちょに濡れてて、耳を塞ぎたくなるくらいやらしい音がホテルの部屋に響いていました。
恥ずかしがる私を見て満足げなマサトさん。
こんなに色々してもらって嬉しいって思っていたら、まだありました。

「ねぇマリちゃん、舐めてもらったことある?」

実はクンニされた経験はありませんでした。
元彼が好きじゃなかったみたいで。

「してもらったこと、ないです・・・」

マサトさんはにっこり笑って、「じゃあ初体験だね?」って。
ゆっくり下の方に下りていって・・・クリにちゅってキスをしてくれます。
初めは優しく、だんだん激しく・・・。
割れ目から中に舌が入ってきた時は思わず大声をあげてしまいました。

「あ・・・あっ、マサト、さん・・・それ、もう・・・あんっ・・・」

逆はいっぱいやったことあるけど、自分のあそこを男の人が舐めてる!
ミニスカートの陰からちらりと見ては恥ずかしさで目を背けながら、初めての快感に私の声は大きくなるばかりでした。

実はフェラが大好きな私。

「舐めてくれる?」って聞かれると、いつもにっこり笑って、「もちろん!」って返事しちゃいます。

マサトさんのあそこは私に触れる前から立ちっ放しで、もう先っちょが濡れているのが下着の上からでもはっきり分かります。
嬉しいやら恥ずかしいやら。
そっと下着を取って、ベッドの端に座ってもらいました。
そして跪いてフェラ。
なんか“奉仕してます感”があって、私はこうやってやるのが一番好きです。

露わになったマサトさんのモノに、ゆっくり優しくキスをします。
もっと激しいのが好きかも知れないけど、これが私のやり方。
我慢汁で濡れた先っちょにキスして、マサトさんによく見えるように舐めて・・・。
しばらくそれを繰り返してからやっと、ゆっくりと口に含みます。

「あ、マリちゃん・・・上手いね。俺、早漏だから、あんまりやるとイッちゃうかも(笑)」

そんな声は笑顔で流して、経験が少ないなりに一生懸命、喉の奥までマサトさんのモノを舐めて、吸って、出し入れします。
苦しくなっても、やめない。
やっぱり私、フェラが大好きみたいです。

「ねぇ・・・もう我慢できないよ・・・入れていい?」

本当にもう待てないといった感じで聞くので、私は頷いて、立ち上がってベッドに戻ります。

「どうやってやろうか?」

「あ、あの、私、一番好きなやつがあるんですけど・・・それが一番入れやすくて・・・いいですか?」

それは対面座位!
私が一番好きで、やりやすい体位です。
お互い向き合えるのもいいし、キスもできるし、耳元で囁き合うこともできるから。

セーラー服は着たまま、マサトさんのあそこを持って、ゆっくり私のおまんこに宛てがいます。
1年ぶりだからちょっと不安だけど、十分すぎるほど濡れていたのも良かったんでしょうか、案外すんなりと入っていきます。

「あっ・・・イタ・・・」

「ごめんね、大丈夫?」

でもやっぱり久しぶりだとちょっと痛いです。

「ごめんなさい・・・少しだけ、このままでもいいですか?」

マサトさんの肩に頭を預けて、少しの間、ただ抱き合って。
これだけでもイッちゃいそうなほど気持ちいい。
なんだかひとつになってるって感じがするんです。

「大丈夫、です、動いても・・・」

そう言うとマサトさんは少し心配そうに、ゆっくりと腰を動かし始めます。
痛みはだんだんと消え、その代わりに戻ってくる1年ぶりの快感。
マサトさんの体にしがみつき、爪を立ててしまいます。

「あっ・・・マサトさ・・・気持ちいい・・・です・・・んっ」

「マリちゃん、可愛いよ。声も可愛い。俺も気持ちいいよ」

そこから騎乗位みたいな体勢になったけど、やっぱりマサトさんが腰を動かしてくれます。
よく考えたら男の人が下になって動くのって大変だと思うけど、そのときは気持ち良すぎて考えられませんでした。

「マリちゃん、俺、もうイキそう・・・ねえ、鏡の前でやろうよ?お風呂の」

(えっ!?)

突然の提案に驚きましたが、確かに自分たちを見ながらやるのは興奮するかも。
お風呂の大きな鏡の前に移動して、洗面台に手をつかされました。
立ちバック。
これって男の人が視界を独占できるのがいいですよね。
私は恥ずかしさで鏡を見ることもできなくて、後ろが見えないから余計に、いつ来るか分かんなくてドキドキします。

ゆっくりマサトさんのが入ってきました・・・。
私の腰を掴んでいる手の動きとか、マサトさんの息遣いとか、そういうのに敏感になっています。
しばらくすると私の両手を掴んで、だんだんスピードも速くなってきました。

「ねぇ、マリちゃん・・・鏡、見て?セーラー服の女の子が犯されてる。しっかり鏡を見てごらん」

「や、ですっ・・・恥ずかしい・・・から・・・」

そうするとマサトさんは私の頭を掴んで、ゆっくり前を向かせました。
エッチの最中の自分の姿。
恥ずかしかったけど、私の後ろで本当に気持ち良さそうに腰を振ってるマサトさんを見ると嬉しいです。

「ヤバい・・・マリちゃん、ごめん、イキそう。イッていい?イッちゃうね?」

私が頷くと、今まで以上に激しく腰を振って、私の喘ぎ声ももっともっと大きくなって・・・。

すっかり疲れて、私はシャワーを浴びた後、しばらく横になっていました。
あんまり期待しないで登録した出会い系で、こんなに気持ちのいいエッチができるなんて。
高校生の元彼とは全然違う“大人のセックス”にハマっちゃいそうです。

以上、18歳の夏のセフレ体験談でした。
マサトさんまた来月会って、今度はメイドさんのコスプレで楽しむ予定です。

タイトルとURLをコピーしました