お風呂で母にアソコを触られて・・・。

この体験談は約 2 分で読めます。

10年以上前の話です。
当時の私は高校生になったばかりでした。

「ねぇミク、久しぶりにお風呂、一緒に入らない?」

母にそう言われ、一緒に入ることに。
2人で狭い湯船に浸かって色んな話をしていました。

「ねぇミク・・・オナニーはいつからしているの?」

「えっ?おなに?」

当時の私はオナニーって言葉を知りませんでした。

「ここを触ってるでしょ?ママ見ちゃったの・・・」

なんて言いながら、母が私のマンコを触ってきました。
びっくりするやら恥ずかしいやらで体が熱くなったのを覚えています。

確かに自分で自分のマンコを触っていました。
その行為がオナニーってことを、そのとき初めて知りました。
触っていると気持ち良くなって、続けると、(壊れるんじゃないか?おかしくなるんじゃないか?)と思う瞬間があって、それ以上は怖くてやめていました。
その行為は、してはいけない行為だと思っていました。

「ごめんなさい、私・・・」

「謝らなくても良いのよ。オナニーなんて皆していることだから・・・」

「皆って・・・ママも・・・?」

「ん?まぁね・・・。そんなことより本当に好きな男の子以外の前で裸になっちゃダメよ、ここを触らせたりしたらダメ」

「わかってる・・・」

そんな会話をしている間も母は私のマンコを触り続けていて・・・。

「ンッ・・・ウッ・・・クッ・・・」

「ミク・・・気持ち良いの・・・?」

オナニーしている時の、壊れるんじゃないか?おかしくなるんじゃないか?って感覚になってきて・・・。

「ダメッ・・・ママ・・・やめて・・・」

私が訴えても母はやめてくれず・・・。

「アァッ・・・グワッ・・・アッ・・・アッ・・・」

気が遠くなってきて、体の奥が破裂するような・・・上手く表現できないけど・・・。

「ミク・・・イッちゃったわね・・・」

母の声が遠くから聞こえたような気がして、(あぁ、これがイクってことなんだ・・・)ってぼんやり考えていました。

「上がろうか・・・」

母から言われて上がろうとしましたが立てませんでした、歩けませんでした。

「初めてイッたんだから仕方ないか・・・」

母に支えてもらいながらベッドまで連れて行かれ・・・。
朝まで何度も何度もイカされて、気を失ったのか記憶が途切れ途切れで、気付けば朝でした。

私の初めてのレズ体験というか母との近親相姦というか・・・。
母との関係は私が高校を卒業するまで続きました。
母以外の女性とはレズ行為をしたことはありません。

タイトルとURLをコピーしました