年下の彼に「お姉さん」って呼ばれるのが嬉しくて

この体験談は約 3 分で読めます。

私は35歳の専業主婦です。
夫の浮気が原因で、半年以上セックスレスになっていました。
それでも夫の浮気は続いていましたが、三食昼寝付きのぬるま湯生活にどっぷり浸かって生活力のない私には離婚する勇気もなく、家庭内別居が続いていました。

そんな時に暇潰しで始めた出会い系サイトで、23歳のこうじ君と知り合いました。
一回りも年下だし、話が合わなければやめればいいかとメールを始めたけれど、写メを見ると結構カワイイし、「お姉さん」と呼ばれることに気を良くして色々な話をしていました。
そのうちエッチな話もするようになり、彼女がいなくて自分で慰めているということまで話してくるので、私も夫との今の関係を話すと、「僕が慰めてあげるよ」などと冗談半分に言われて、少しドキドキしていました。
こうじ君とのメールが楽しくなってきた頃、「お姉さんに会いたいな」と言われてドキドキが止まりませんでした。

「こんなオバサンと会ってどうするの?」

「メールや電話じゃなくて直接話したいから・・・」

何度も誘われて、ついに会う約束をしてしまいました。
当日は早くから着て行く服を選んだり、会って話をするだけなのにお風呂に入って念入りに体を洗ったりして・・・。
どこかで期待していたのかも知れません。

待ち合わせ場所は平日の人のいない公園の駐車場。
こうじ君の車に乗り込んで、ちょっと緊張気味に話をしていました。

「近くで見るとオバサンでしょ?」

「写メよりずっとキレイだよ、ヤバイぐらい」

「ウフフ・・・何がヤバイのよ・・・」

しばらく話して馴れてきた頃、「まつ毛にゴミが付いてる」と、こうじ君が手を伸ばして取ろうとしたので、「え、そう?」と目を閉じると、いきなり抱き締められてキスされました。

「あっ・・・んっ・・・」

短いキスだったけど私の鼓動は激しくなって収まりません。

「ごめんなさい・・・我慢出来なくて・・・」

「こうじ君・・・」

「お姉さんの側にいるだけで、もうこんなに・・・」

こうじ君が私の手を取って股間を触らせると、硬くなってズボンがパンパンに膨らんでいました。

「やだ・・・こんなに・・・」

こうじ君は私の手を持ったままアソコを擦るように動かしています。

「こんな事してたら余計に興奮しちゃうよ」

私の手の中でどんどん硬くなってきて、ズボンの上からでも形が分かるほど勃起していました。

「こんなにしちゃって・・・どうするの?」

「射精したい・・・お姉さんにして欲しい・・・」

そう言われて潤んだ目で見つめられると可哀想になってきました。

「もぅ・・・しょうがないなぁ・・・手でいいでしょ?」

「うん、嬉しい!」

こうじ君が嬉しそうにズボンとパンツをズラすと、夫よりも大きなモノがギンギンに勃起してお腹に付くほど反り返っていました。

「スゴイ・・・」

独り言のようにつぶやいた私は、それを優しく握るとゆっくり上下にしごいてあげました。

「お姉さん・・・気持ちいい・・・」

こうじ君はシートに持たれて私を優しく抱いたまま見つめています。

「凄く熱くなってる・・・」

「お姉さんの手が気持ちいいから・・・チンチンが熱いよ・・・」

すぐに亀頭の先から我慢汁が出てきて、チンチンも私の手もベチョベチョになるほど溢れてきます。
私の手だけでこんなに感じてくれているのが何だか嬉しくて、しごキながら指で亀頭を擦ってあげると、こうじ君は体を震わせながら顔を近付けてきました。

「キスしたい・・・お姉さん・・・」

私がキスしてあげると強く抱き締めてきました。

「気持ちいい・・・出ちゃうよ・・・」

もうその頃には、仕方なくではなく、自分からしてあげたいと思っていました。

「待って・・・まだ我慢してね」

私はヌルヌルになった亀頭にキスすると、舐めながら口に咥え、頭を動かしてしゃぶってあげました。

「あっあっ・・・すごい・・・お姉さん・・・チンチンが溶けるぅ~」

夫にもこんなに積極的にフェラをしたことはなかったのに、こうじ君にはしてあげたくて・・・。
こうじ君の手を服の中に入れてオッパイを触らせながら激しくしゃぶってあげました。

「もうダメ・・・お姉さん・・・出ちゃう・・・」

「いいよ、お口に出して」

そのまましゃぶってあげるとオッパイを強く掴んでチンチンがビクビクッと脈打ち、凄い勢いで口の中に精液が噴き出してきました。
口から溢れるほど大量の精液を飲み込むと、チンチンに付いてる精液もキレイに舐めてあげました。

「ごめんね・・・すごい出ちゃった・・・」

「いいのよ、気持ち良かった?」

「うん、ありがとう」

それでもこうじ君のチンチンは硬く勃起したまま、一向に収まる様子はありませんでした。