25歳も年上のおじさまと最高の処女喪失

この体験談は約 6 分で読めます。

私は26歳、つい2週間前まで処女でした。
本当です!
性欲も普通で、時々胸やクリトリスを撫でたりしますが、理想の男性とはいつも片思いで、声を掛けられたことも1度もなくて、ナンパされた女友達の話を羨ましく聞いてました。
本で読んでセックスの知識だけは人一倍ありますが、セックスの相手もいなかったし、侘しい毎日でした。

ところが2週間前の平日、デパートで買い物の途中、かなり年上の男性に売り場の場所を聞かれて案内したのがきっかけで、デパートの喫茶店に誘われて話をしているうちに親しくなりました。
身なりも上品で、私の愚痴話にも聞き上手で、親身に答えてくれました。
出張で上京してきたそうで、仕事を終わって散歩がてらデパートに入ったそうです。
私よりも25歳も年上ですが、紳士的で、服装は地味な濃紺の背広ですが、趣味のいいネクタイを締めていました。
背が高くスマートな体形で、私の好みのタイプです。
何か頼れそうな魅力を感じて、彼に誘われるまま彼の泊っているホテルに行きました。
レストランでランチをご馳走になりました。
すっかりその気になって、当分セックスレスな女のやるせない気持ちまで話していると、午後2時近くになっていました。

彼が、「良かったら僕の部屋に行って続きを聞かせて」と言うので、半ば安心して彼の部屋について行きました。
そこは見晴らしのいい明るい部屋でした。

「本当に、男性経験ないの?」
「えぇ、1度もないわ。恥ずかしいけど・・・」

「オナニーは?」
「それは、たま・・・に、します」

「それで、感じるの?」
「オルガスムスとか、イクとか、感覚的にはわからないんです。セックスして失神するとか、そんなことってあるのかしら?」

「う~ん、それはお相手次第じゃないかな。好きな男性に抱かれて、優しく丁寧に時間をかけて愛撫されたら、たいていの女性は快感を感じるし、イクこともあれば、感極ってエクスタシーを迎えられるでしょうし、失神したり、場合によっては潮を吹くってこともあるよ」
「え、本当!」

びっくりする私に彼は言いました。

「私で良かったら、お相手しましょうか?」

「え、いやぁ・・・、お願いします」

つい、そういっちゃった私。
内心ドキドキ、恥ずかしいのと期待感が交錯してた。

少し身体を固くしてると、「リラックスして」と言われ、頷くと軽く肩を抱いてキス。
体がピクンと反応した。
舌が口の中に入り、唇を舐められた。
初めてのデイープキッス。
ブラウスの上から胸を撫でられ、「ア、ア・・・ア」と声が出る。
ブラジャーを外されて、口と指で乳首を丹念に愛撫された。
ジン、ジン、ジン、と快感が広がり、乳首が硬くなり、身を捩って耐えた。
やがてパンティを脱がされて、脚を開かされて、クリトリスを舌と指で撫でまわされた。

経験のない私は、信じられなかったんです。
赤黒い屹立したペニスを目の当たりにすると怖くなって、自然に尻込みして、脚を閉じようとしましたが、彼の身体が脚の間にあるので手で陰部を押さえました。

「許してぇ~、本当に私、初めてなの!」

「わかった、優しくするよ」

そう言って彼が愛撫を中断したんです。

「う、うん~貴方の~欲しい!」

つい本音で言ってしまいました。
とても恥ずかしかった。
膣のまわりからクリトリスを愛撫されて、「ア、ア、もう、だめ!」って叫んで、腰が震えるのを止められません。

「じゃあ、ゆっくり入るからね」

膣口に亀頭が入り、グイッと硬くて太いモノに膣が押し広げられます。
緊張して仰け反る私。
一寸痛いと思う間に頭を押さえられてペニスが深々と貫いてきます。

「ア、アッ」

処女喪失・・・。
そう思ってるうちに激しい快感が体全身を襲いました。
今までに経験のなかった快感。

(ア~、これがオルガスムス?)

「気持ちいい?」

「ええ、いいわ、とっても」

身体を揺する彼の律動。
深く結ばれた彼のペニスが脈動して、射精がはじまった。
男の精を受けるのも、もちろん初めて。
ヒク、ヒクと膣が蠢く。
恥ずかしい!

「いいオマンコだよ、締まって」

ペニスを抜かずに、また律動を始めた。
硬くて太いペニスに膣をかき回される。
気持ち良くって体の痙攣が止まらない。
体全体が宙に浮いた感じでいると再び身体を密着されて、彼のエキスが迸り、射精された。
ちょうど何回目かのオルガスムスを迎えていた私は意識が薄れて、気を失ってしまいました。

気がつくと、彼に抱きかかえられて、お風呂に連れられていきました。
膣からは彼のドロっとした精液が、ドロリ、ドロリと滴りました。
若草のような香り。
シャワーで膣を綺麗に洗われ、陰部を舐められた時は、気持ちよくって、また勃起してる彼のを見たら欲しくなっちゃいました。
ベッドに戻り、愛撫が続き、身悶えする私。

「本当に処女だったんだね?処女膜が半円形に綺麗に残ってたのに、さっきお風呂で見たら、1ヶ所が切れていたよ。僕が破っちゃったんだね。痛かった?」

優しく聞くかれた。

「う、うーん、少し痛かったけど気持ちよかった。素敵だったわ。優しくしていただいてありがとう」

そう言っちゃう私でした。

念入りな愛撫に身を委ねていた私を、彼はまた正常位で犯してくれました。
さっきよりも安心してペニスを迎えて、気持ちのいい性交が続きました。
また、オルガスムスのような快感の高まりが私を襲ってきた。
彼にがっちりと抱かれて、(欲しい!)って思ってるときに力強く膣の奥深くに射精されました。
そのあとも後ろから抱かれて、もう感じて感じて気が狂いそうな最中に、続けて2回も射精されたんです。
私は疲れてしまいましたが、性的には大満足でした。

ゴルフで鍛えた彼は、筋肉も弾力があり、お腹も出ていません。
お年よりも10歳は若い感じで、何度も射精を繰り返していても、すぐに蘇り、ペニスは衰えません。
本では、男性は1回の性交で終わる人もいれば、若い男性でも続けて4回も5回も射精できる人はあまりいないと書いていましたが、本当に彼はタフでした。
その夜は彼に抱かれてぐっすり休みました。

翌朝、朝食前に朝立ちのペニスを握らされたので、欲しくなって私から求めちゃいました。
愛撫されて、再びいっぱい彼のエキスをいただきました。
朝食の後、もう一度抱かれて、オルガスムスを感じた後、射精してもらいました。
これからのお付き合いを約束してお別れしました。

彼(武雄さん)とは2回目のデート。
レストランで落ち合い、食事の後はホテルへ。
今日はどんな形で愛されるか、楽しみ。

ドキドキしながら部屋に入る。
すぐに優しく抱かれてキス。
首筋を舐められる。
いい気持ち。
手が胸を触り、ブラジャーを外されて、舌で乳首を吸われると、ピ、ピ、ピ、って、感じて快感が体中に走る。

「ア、ア~ン、ウ、ウ、ダメエ~」

思わず声が出て、体が仰け反る。
スカート、パンティも彼に脱がされて、ヘソの下に手が触ってきます。
もう私のアソコはジュクジュクに濡れてる。

「ア、ア、恥ずかしい!」

大陰唇の間からクリちゃんを触ってきた。

ピクン、ピクン、ピクン。

触られるたびに反応しちゃう。
ベッドに抱えられて完全なヌードにされてM字開脚されると、彼が舌でクリちゃんを軽く下から上へ、さらに円を描くように愛撫られる。
感じて感じてジンジンと性感が高まり、イキそうになる。
舌の愛撫と同時に指が膣口から入り、Gスポットを押さえられた。
深い快感が全身に広がり、意識が薄れた。

「ダメエ、イク、イク、イク!!欲しいの~!」

彼に哀願する私。
彼の立派なペニスが私に入ってきました。

「ウ、ウ、ウ、大きい!」

「苦しいか?」

私は首を振る。

「素敵よ~、犯してぇ~、奥まで、入れてえ~」

ズブ~ズブ~っと、子宮が押し上げられる感じで、太いペニスに膣が押し広げられる。

「ウワア、凄く締まって気持ちいい!」

「嬉しいわ」

自然に腰が動いてペニスが躍動し、クリちゃんにも彼の陰毛が触れて心地いい。
私が4、5回イッた頃、彼のペニスが一段と膨張して硬くなり、膣奥にビュ~、ビュ~、ドクドク、ドクドク、ドクドクと射精された。

大満足でうとりしてると、今度はうつ伏せにされて四つん這いにされた。
クリちゃんを触られて腰が震えているのに再び後ろから結合。
思わず仰け反ってしまう。

「ア、ア、いいの~、そこ、そこ、感じる~」

我慢出来なくなっておねだりしてしまう私。

「ア、ア、欲しい!あなたのペニス!欲しいよ~ア、ア、素敵!」

はしたない言葉が自然と出てしまう。
すっごく恥ずかしいけど興奮のほうが大きい!

彼に促されて騎乗位になった。
初めての体位。
彼に跨がると、勃起したペニスをオマンコに宛てがって、ズブ~っと入った。

(ア~、気持ちいい!!)

ペニスの当たる位置が他の体位と違って、性感が頭の芯まで満ちてくる。
2回目のアクメの時、射精が同時にはじまった。
満ち足りて、彼にそのまま上から抱きついた。
一緒に風呂に入り、体を洗ってもらい、私も彼のペニスを洗い、キスしてるとまた勃起したので、そのまま正常位で結合しちゃった。

萎えることのない、元気なペニスです。