ムチムチボディな隣の奥さんはお尻も感じるエロ妻だった

この体験談は約 3 分で読めます。

今年の春から転勤で都内に一人暮らししているんですが、隣の奥さんがムチムチボディで・・・。
引越の挨拶に行ったら部屋着のジャージで出てきて、隠そうにも隠れない巨乳から目を逸らすのが大変でした。
朝のゴミ出しで顔を合わせても、世間話をしながら、ついつい目線は見事なオッパイに釘付け。
朝だとノーブラだから歩いて揺れるのも大興奮。

もう夜もなかなか寝付けないくらい興奮して過ごしているのですが、近いうちにセックスまで持ち込もうと思います。
旦那さんは普通のサラリーマンなので、昼間がチャンスになりそうです。
あと一息・・・というところでしょうか。

昼間、お茶に呼ばれて帰ってきました。
ご夫婦共に世間話程度はできるような関係になっていたので、まずは昼の時間帯に遊びに行けるようになる目標を立てていましたが、それは達成しました!

さすがに女一人の部屋に男が来るということで、奥さんの格好は当たり障りのない普段着姿でしたが、服の上からでもわかるバストラインは健在でした。
おいしい紅茶をいただきながら、ごく軽いエロトークもありました。
(「彼女いるの?」程度の話ですが)

来週、夕食に誘うとOKの返事をもらいましたので(その日は旦那さんが出張)、軽くアルコールが入った状態の雰囲気を見てみたいと思います。
このときの雰囲気で今後をどう進めるか決まりますね。
もしかしたら、そのままセックスかもしれませんし、焦らずじっくりと攻め落とすことになるかもしれません。

ちなみにですが、その奥さんは身長155センチ、中肉中背の健康体型というところでしょうか。
顔は堤さやかタイプです。

ご報告が遅くなりましたが、行ってきました。
夕食をご一緒しながら酒も入って良い雰囲気に・・・。
バカ話系の話題でじかなり盛り上がってしまいました。
セックスする気分すら吹き飛ぶほど。
これはこれで楽しかった。
奥さんはものすごい笑い上戸で、「次もぜひ」と言ってきたので、次回かその次か・・・、とにかくチャンスは広がったと思います。

そのときの奥さんの格好は、まさに普段着というか膝までのジーパンに生足でカーディガンを羽織ってました。
しっかし、ここまで笑い上戸だと、どうセックスに持ち込めばよいのやら・・・。
しばらく思案してから次回チャレンジしてきます。
予定では再来週あたり。

とりあえず戦果報告を。
先週、ようやくやりました。
軽くキスして様子を見たら(こっちとしては伸るか反るかの大勝負でしたよ)目が潤んできて・・・そのまま初セックスでした。

脇の下や足のつま先の爪を舐め回したら挿入前から感じまくり。
ちょっと意地悪して脇の処理が甘いとこを見つけて耳もとで囁いたら、それだけでビクッとなるくらい。
どうやらMみたいです。
調子に乗ってアナルを指で刺激したら、息が止まるようなリアクション・・・。

ま、こちらはいずれ攻略していくことにして、いよいよ合体!
あまり濡れない体質みたいで、軽くクンニして入れましたが、入ってしまうと濃い白い汁がジワジワと出てきてべったり。
中は温かく、程よい締まり具合。
大興奮して、思わず中に出しそうでしたが、なんとか理性を保って外出しフィニッシュ。

終わってから互いにしばらく無言で気まずい空気でしたが、「しょうがないね」と許してくれました。
ちなみに、セックスは久しぶりだったみたいです。
旦那さんはこんな奥さんほっといてなにしてんだか・・・。

昨日はラブホでやってきました。
ローションを使ってアナル弄ったら叫ばんばかりの感じようで・・・。
次回はアナル攻略します。
こちらは未経験みたいなんです。

今日はまたローションプレイ。
かなり気に入ったみたいです。
通販でバイブとアナルグッズ(軽いやつね)を発注したので、徐々に使えるシチュを目指します。
もうすぐ生理らしく、今日はいつにも増して反応がよかったです。
こんないい奥さんをほっとく旦那はバカですね。