私と同じ匂いのする花屋の亜紀子ちゃん

この体験談は約 2 分で読めます。

28歳の主婦です。
過去に何回かレズ経験があります。
といっても恋愛関係じゃなく、ただ一瞬の快楽を味わいたいだけ。
同性にイカされる、同性をイカす屈辱的な快感。
男じゃ味わえないんですよね。
結婚はしたものの、やっぱり女性との体験は忘れることができず、同性愛系のエッチサイトを見ては悶々としています。
同性愛の出会い系も興味あるけど、なんか怖くて・・・。

とあるショッピングセンターのお花屋さんに、たまに顔を出します。
そこには同じ年の亜紀子ちゃんがいます。
気さくでいい感じ、そして・・・。

(同じ匂いがする・・・)

お花屋さんに行くときは、ちょっと挑発的な服になっちゃいます。
結構鉢植えの花など、低い場所に置いてあるので、緩めのタンクトップなんか着てしゃがんで花を見ていると、胸元は丸見えになりますよね。
亜紀子ちゃんを挑発しています。
この前はホットパンツ攻撃。

「裕美さんって綺麗な足してますよね~」

(よし!いける!)

「そんなことないよ。なんだったら触ってみる?」
「いいんですか~?ホントに触っちゃいますよ!」

「いいよっ!」
「冗談ですよっ!」

こんな感じで軽く誘ってると、ついに亜紀子ちゃんが今度うちに遊びに来る約束をしてくれました。

約束した日。
まだ朝の9時なのに気温はもう30度を超えています。

「おはようございます!差し入れ持ってきました」

冷え冷えの缶ビール。
クーラーで程よく冷えた部屋で朝から2人で宅呑み。

「裕美さん、旦那さんいるんだ」

「でも、エッチはしないよ、ほとんど」

「裕美ちゃんって女の子好きでしょ!最初にお店来た時から絶対そうだってわかっちゃった」

このときには私の太ももを亜紀子ちゃんは触っていました。

「やっぱ、わかるんだよね。同じ匂いがするから。私も亜紀子ちゃんがそうだってわかったよ」

「しても、いいよ」

女の子とするのは5年ぶり。
酔いが回っているので大胆になっています。
やっぱり女の子とのキスは最高です。
亜紀子ちゃんの全身を舐めてあげて、感じる場所を見つけ、集中的に首を攻めてあげました。
もう亜紀子ちゃんのあそこはグッショリ。
キラキラ光っています。
アナルを指で撫でていると・・・。

「ねえ、穴吸って~!私、お尻の穴吸われると・・・」

亜紀子ちゃん曰く、内臓まで吸い出されそうなくらいの快感を得るらしいです。
私もしてもらったけど、これは気持ちいいよ!

お花を買った次の日は、『明日、遊びに来てね』のサインです。
いつも私はその花をリビングに飾って、亜紀子ちゃんをお迎えします。