おっそろしく美巨乳なGカップに全部埋もれる幸せ

この体験談は約 3 分で読めます。

俺:京都、既婚、子あり、30歳。
小泉首相似、179センチ、67キロ。

相手:京都、独身、彼無し、24歳、OL。
メールでは『Gカップ』とだけ教えてくれた。
写メではそんな太くなかったので期待大。
ちなみに顔は川原亜矢子にチョイ似。

最初からメールがヤリ目進行だったので、今日は当然ヤリ目。
よければセフレに。
約束の時間には彼女の方が早く着くとの連絡が入り、少しだけ遅れて御対面。

ん~、写メの3割増で可愛い!
で、コートに隠れながらも十分過ぎる程アピールしているオッパイも、周囲の目でコッチが恥ずかしくなるくらい。
でも、なるべく見ないように。
時々は気になる素振りもして。

そんなこんなで、腕を組んだりしなくても時々プニュッと触れるオッパイを楽しみながら、個室の居酒屋に到着。
この店は二人並びの個室と対面式の個室があり、当然横並びで良い展開を目論んでたのに、運悪く案内されたのは対面式。
まぁ酒入ってガードが薄くなったら横に並んだらいいかってことで、とりあえず飲み始める。

ところで、コートを脱いで薄手のシャツから飛び出しているそのブツはなんですか?
机にどっしりと腰を落ち着かせてらっしゃるじゃありませんか~。
いや、恐らく風俗でも経験したことないレベルです。
もうね、色々話してたけど、何を話していたのか覚えてませんので割愛します。
正直、オッパイのことばかり考えながら話してましたw

程よくくだけたところで席移動を促し、ようやくお隣にG旋風が吹き荒れました。
いやホンマに、Gカップともなると、どんな動作でも揺れるもんなんですね。

さっきより顔が近づいただけで、普通に話していても顔を赤らめる彼女に萌え萌えになり、彼女が話している変なタイミングでキス。
もう全然拒まず、舌を入れ返してこられました。
もうここでオッパイに手が伸びるのを抑えるのが精一杯になり、「と、いうわけで行こか?」と。
京都の人ならココでピーンと来てらっしゃる人もいると思いますが、そのまんまの名前のラブホに向いましたw

入室と共にベッドに雪崩れ込み、敢えてオッパイにはがっつかず、濃厚なキスを5分間ほど。
足を彼女の股の間に入れると、もう挟む挟むw
で、自分で自分の気持ちの良いところに当たるように俺の足を持っていき、グリグリと膝に当ててらっしゃいました。

もうこの辺で声が漏れ始めてたので、いよいよGカップとご対面の時が来たようです。
ハイ、脱がれました。
ハイこれ、デカい、ってかおっそろしく美乳です。
Gもあるんかなぁとはちと疑問でしたが、もう何もかもが十分過ぎましたよ。

もう普段から巨乳にしてみたい事を存分にフルコースで楽しませて頂きました。
手を使わなくていいパイズリから、会社の制服のシャツを着てもらい、その上からの乳揉みなどなど・・・。

しかーし、この方、感度良すぎです。
自分では普通のことしかしてないつもりなんですが、面白いくらいにイキまくられてますし、もうシーツがビッショビッショです。
結局、手マン→強弱を3セット程→ちと指を折り曲げてGスポを指腹で引っかくように強愛撫。
これだけで2回イカれまして、クリを指の間に軽く挟んで強弱。
これで1回イカれました。
当然その間、こっちはオッパイと戯れながら。

で、満を持してIN。
ここでも、幅がある俺のチンチンがバッチリだったらしく、そんなに激しくしてないのに、すぐイカれました。
で、余韻に浸りたいっぽかったので、ここはハズして抱擁。
当然、こっちは一回もイッてないので、チンチン全部が埋まって見えなくなるパイズリにてフィニッシュ。
谷間に白骨温泉が出来てましたよw

全然2回戦も可能だったけど、彼女がグッタリだったのと、双方とも次の日は仕事だったので、そこでとりあえず終了。

帰りもやたらハートの多い可愛いメールがバンバン届き、ニヤケながら帰宅しました。
貴重な既婚を理解してくれてる子なんで、大事にしたいと。
それよりなにより、あのスペックの子にはなかなか出会えないので。
この子さえいてくれれば、もう出会い系なんかやめてもいいかなぁと思うくらい気持ち良かったです。