偶然出会った二人の露出狂

この体験談は約 10 分で読めます。

俺は単独で女装をして野外露出する事を趣味にしている変態です。
露出と言っても、性器を女性に見せるタイプの露出ではなく、胸の谷間や下着を男に見せるソフトな物です。
女の子モードの俺は、自分で言うのもおこがましいですが結構な美人で、女優の柴咲コウに似ているとよく言われ、街でナンパをされたりキャバ嬢やタレントのスカウトに声を掛けられる事も珍しくありません。

俺が女装外出する理由はストレス発散の為。
男達から視姦されたり、不細工な女達を見下したりする事が快感でした。
そう、綺麗な女になって街を歩くことは特別で、男や不細工な女には味わうことの出来ない優越感に浸れて、自分がこの世で最も優れた人間に感じられる程でした。
また、綺麗な女になると周りから好意的に受け入れられる事も多く、単に男が気持ち悪いメイクをして女の洋服を着ただけの女装者のように嫌われる事もありませんでした。

しかしこの趣味は社会的には変態行為になるので、普段の俺を知っている人には秘密にしていて、自由にいつでも女の子モードに変身出来ない事が難点でした。
普段の俺は家族に隠れて、ビジネスホテルで女の子モードに変身していましたが、予約の手間が掛かるので頻繁に変身出来ませんでした。

しかし先日、変身するのに都合の良い場所を見つけました。
その場所は繁華街にある市営の地下駐車場のトイレでした。
その駐車場は大型で、地下に2層分の駐車スペースがあり、普段から空いていて、特に地下2階はエスカレーターがないので平日は誰もいない状態でした。
また市営の施設なので監視カメラはありましたが、トイレは場所柄カメラがない状態で、女子トイレにも自由に入れ、何より定期的に清掃がされていたので着替えにはもってこいの場所でした。

その日も、繁華街にある取引先との打ち合わせを終えた俺は、会社に戻らず直帰する事にして、市営駐車場で女の子モードに変身することにしました。
予約の必要なホテルと違い、駐車場のトイレは思い付いた時に使用出来るので有難い物でした。
俺は車のトランクから女物の着替えの入ったキャリーバッグを出し、駐車場のトイレに向かいました。
そのトイレは入り口が1箇所で、通路の突き当たりで男女の通路に別れている構造です。
まず俺は男子トイレに入り、洗面台で洗顔を済ませ、化粧水やオールインワンの下地クリームを塗ってから女子トイレに入りました。
女の洋服に着替えた後に洗面台でメイクの仕上げをする必要があったので、女の子モードに変身する時は男の格好で女子トイレに入り、男モードに変身解除する時は、女の格好で男子トイレに入り、それぞれの性別の洋服に着替える事にしていました。
地下2階の女子トイレは利用客が少ない事もあり個室が2つしかありませんでしたが、洗面台のスペースが広く明るかったので変身するにはうってつけの場所でした。

俺が無人の女子トイレで変身していると、珍しく隣の個室に人が入って来ました。
隣の個室からは洋服を脱ぐ衣擦れの音が館内放送の音楽に紛れて聞こえてきて、しばらくすると『シャー』という音が聞こえたので、隣の女性が年配の人だと思いました。
もう変身は終わっていましたが、隣の人がトイレから出て行くのを待つことにしました。
しかし隣の個室からは一向に洋服を着る音が聞こえてこなかったので、きっと隣の女性は便器に座りながらスマホでも弄っているのだと思い、俺は先に個室から出ることにしました。

洗面台の大きな鏡に映った俺はファンデーションしか塗っていない状態でしたが、十分に女に見えたので、隣の個室から出て来た女性に顔を見られても騒ぎになる事はないと思い、そのまま女子トイレの洗面台でメイクの仕上げをすることにしました。
やはり明るくて広い洗面台はメイクがしやすく、俺がアイメイクに没頭していると個室から女の喘ぎ声が聞こえてきました。
俺は驚き、ブーツのヒールの音が響かない様に注意しながら、女性の入っている個室に近付きました。
耳を澄ましていると、女の喘ぎ声以外にクチュクチュという音が聞こえてきました。
個室の女性はオナニーをしている様子で、しばらくするとブーンという機械音が聞こえてきて、彼女が本格的にオナニーを始めたことが分かりました。

ローターを持ち込んで来た彼女は、日常的に屋外でオナニーをしているようで、俺が静かにメイクをしていたので、トイレから俺が出て行ったと勘違いして、本気のオナニーを始めた様子でした。
俺はエロサイトで女性がトイレオナニーをする盗撮動画を見たことがありましたが、本当に公衆トイレでオナニーをする女がいたことに驚きました。

すると彼女はオナニーに没頭しているのか、大きな声で喘ぎ出し、俺がまだトイレに残っているとは思っていない様子でした。
俺は彼女と鉢合わせになるのが気まずかったので、早くメイクを仕上げてトイレから出て行こうと思い、アイメイクの続きを始めましたが、その間も彼女の本気のオナニーは終わる事はありませんでした。

だんだん俺は、大きな声を出しながら激しいオナニーをしているのが、どんな女なのか気になり始めました。
その女の顔が見たくなり、メイクが完成してからもしばらく女子トイレに残ることにしました。

やがて、その女は「イク!イク!」と独り言を言い出し、便座がカタカタと音を立てると突然静かになり、ブーンという機械音が止まりました。
そして個室から洋服を着る衣擦れの音がして、ジャーという洗浄音がすると、20代の綺麗な女性が右手に小さなポーチを持ち、左手にピンク色のローターを持った状態で個室から出て来ました。
その女性は音を消さずにおしっこをしていたので、俺はその女性が年配の人だと勝手に思っていましたが、意外にも若くて綺麗な女性が出て来たので驚きました。
もちろんその女性も、無人と思っていたトイレに人がいた事に驚いていて、「キャッ!」と小さな悲鳴を上げると後退りして床に尻餅をつきました。

洗面台の鏡越しに目が合った俺達は、しばらく無言でいましたが、俺は彼女が剥き出しのローターを持っている姿が面白くなり笑ってしまうと、彼女はテカテカに濡れているローターをポーチに押し込みながら立ち上がり、逃げる様に女子トイレから出て行きました。
恐らく、手と一緒に洗面台でローターを洗うつもりでいた彼女に、俺は悪いことをしたと思いましたが、彼女がバッグを持たず小さなポーチしか持っていなかった事が不自然に思え、彼女が地下1階にあるショップで働いている店員さんではないかと思いました。

俺は駐車してある車に一旦戻り、キャリーバッグをトランクに仕舞ってから、女物のバッグを持って、地下1階のショップに彼女を探しに行きました。
すると案の定、ティーン向けの洋服屋さんに彼女の姿を発見しました。
俺は客を装ってそのショップに入ると、彼女も俺がトイレにいた女だと気付いた様子で、恥ずかしそうに目を逸らせました。
幼いデザインの安っぽい洋服しか売っていないショップに興味がない俺でしたが、洋服を選ぶふりをしながら店内を歩いていると、意外なことに彼女の方から、「いらっしゃいませ・・・先程は・・・」と話し掛けて来ました。
俺は少し嫌味を込めて微笑みながら、「あっ、気にしなくて良いですよ♪オナニーは誰でもする事ですから・・・それよりローターを洗わなくて大丈夫でしたか?」と言うと、彼女は顔を真っ赤にしました。
さらに俺は、先程、彼女が尻餅をついた時に気になっていた事を小声で聞きました。

「ノーパンなの?」

すると彼女は泣きそうな表情になり俯いたので、先程、俺が見た彼女のスカートの中の黒い物は、黒のレースのパンティではなく陰毛だと分かりました。
どうやら彼女は露出が趣味の様で、ノーパンで仕事をし、性的に興奮したら仕事を抜け出して公衆トイレでオナニーをする変態女でした。

俺は俯きながら手で顔を隠している彼女に、「私も露出が趣味なの♪安心して♪」と言って羽織っていたカーディガンを脱ぎながら微笑みました。
すると彼女は顔を上げ、体のラインがはっきりと出ている俺の姿を見て来ました。
その日の俺の格好は、体に張り付くVネックのニットに、ミニのフレアスカートを穿いていて、ロングブーツとスカートの間からは生の太ももが剥き出しになっていて、胸元からは無理やり寄せて作った胸の谷間が覗いていました。

俺と彼女は共に露出狂でしたが、俺は直接的に下着や胸の谷間を見せて興奮するタイプで、彼女は直接的に露出をしないものの、下着を穿かない事で興奮するタイプでした。

俺は彼女を安心させる為に洋服ラックの影に隠れて自分でスカートを捲り、彼女に自慢のセクシーな下着を見せて、「見られるのって興奮するよね♪」と言いました。
すると彼女は安心した表情になり、彼氏連れのお客さんが来た時に、自分がノーパンで他人の男と話をしている事に興奮して太ももまでグチョグチョに濡れてしまったので、濡れたオマンコを拭く為にトイレに行き、ついでにオナニーをしたことを白状しました。
その後は二人でお互いの露出癖についてお喋りをし、彼女が意外と若くまだ22歳だった事や、彼女がトイレに行く度にオナニーをすること、今は彼氏がいないこと、昔の彼氏に露出狂に調教された事を知りました。

彼女は俺の着ている洋服のブランドを見て、無理にティーン向け商品を薦めて来ませんでしたが、俺は彼女のために何か買う事にすると、彼女は俺の露出プレイに使えそうなミニスカートをチョイスし、試着室に案内してくれました。

彼女と仲良くなった俺は、いつもしている様に自分が男である事をカミングアウトしました。
意外かもしれませんが、多くの女性は綺麗な男が好きで、俺は男の時よりも女の子モードでいる時の方が圧倒的に女にモテました。
女装をしていると女性は安心するのか、女として親しく喋った女性に自分は男だとカミングアウトすると、ほとんどの女性は俺に興味を持ち、プライベートで一緒に遊ぶようになり、やがて簡単にセックスをさせてくれました。
彼女達は俺を恋愛対象だと思っていない様子で、チンポがある少し変わった女友達として接して来て、彼氏がいる子でも罪悪感なく俺とセックスをしたり、俺をフェラの練習台にしたりします。
中には女の子モードの俺に彼氏を紹介する子もいて、彼氏をテーブルに待たせた状態でお店の女子トイレでセックスをしたこともありました。

俺のカミングアウトを聞いた彼女は最初、俺が何を言っているのか理解出来ない表情をしていましたが、俺が喉の上に隠していた喉仏を下げて男声で喋り出すと驚き、「えっ!嘘!こんなに可愛いのに?信じられない!」と言って興奮しました。
そして彼女は先程見た俺の股間の形状を思い出し、「えっ!切っちゃったの!?」と目を丸くして聞いてきたので、俺は試着室の中に彼女と一緒に入り、女物のパンティを脱ぎ、チンポを股の下で固定していたガフパンティを脱いで、スカートを捲って縮んだチンポを彼女に見せてあげました。
俺のチンポを見た彼女は笑顔になって床に跪き、俺を見上げながら「凄い!凄い!」と興奮し、「触ってもいいですか?」と俺のパイパンにしたチンポを摘んで、「本物だ!可愛い!」と言いました。

俺は女装をしますが、セックスの対象は女なので、自分のチンポを可愛いと言われた事に少し傷付き、「オマンコを見れば大きくなるよ」と言いました。
すると彼女は立ち上がり、デニムのタイトスカートを捲り、愛液に濡れて束になっている陰毛を露出させました。
股間を触ると彼女のオマンコは信じられないくらいに濡れていて、粘り気のある液体が糸を引きながら試着室の床に垂れました。
喘ぎ声が漏れてきた彼女の口を唇で塞ぐと、彼女は俺のチンポを手で擦り始め、チンポがフル勃起すると俺の唇から離れ、「凄い!こんなに大きくなるんだ!」と言うと、俺に背を向けて試着室の壁に手をつき、お尻を突き出して来ました。

俺は左手で自分のスカートの裾を持って、右手で彼女の割れ目に沿ってチンポの先を擦り付けると、グチョグチョに濡れている彼女のオマンコは俺のチンポを根元まで一気に飲み込みました。
立ちバックの体位でセックスしている俺達の姿は、試着室の壁一面の鏡に映されていて、彼女は、「何か凄い・・・あっ・・・女に・・・犯されているみたい・・・んんっ・・・」と小声で言った後、必死で喘ぎ声を我慢していました。
彼女のおっぱいを揉みながら「今日は大丈夫?」と聞くと彼女は、「んっ・・・もう直ぐ生理・・・だから安全日・・・あっ、あっ、あっ・・・」と言ったので彼女の中に射精すると、彼女は床に崩れ落ちました。
俺は試着室に置いてあるフェイスカバーを何枚か取り、自分のチンポを拭いて、彼女のオマンコも拭いてあげましたが、吸水性のないフェイスカバーでは綺麗拭く事が出来なかったので、バッグからポケットティッシュを出して彼女のオマンコを綺麗にしてあげました。

やがて復活した彼女が起き上がったので、お店が終わってから会う約束をして、俺は彼女が持って来た女子高生の制服のようなプリーツスカートに穿き替え、彼女にも同じスカートをプレゼントし、ノーパンの状態で穿かせて試着室を出ました。
そして、2着分のスカート代を支払い、俺の穿いて来たフレアスカートと彼女が穿いていたデニムのタイトスカートを紙袋に入れてもらいました。
淫乱モードが全開になっている彼女は顔が火照っていて、決して捲れる事のないデニムのタイトスカートから、すぐに捲れてしまうプリーツスカートをノーパンの状態で穿いている事に興奮している様子でした。
俺はお店が終わって会う時にデニムのタイトスカートを返す事を約束して、閉店までの間、彼女にこの状態で仕事をするように命令しました。
そして、紙袋を持ってお店の外まで俺の前を歩いて誘導している彼女のスカートを捲くると、生のお尻が剥き出しになり、さっき綺麗に拭いてあげたばかりなのに彼女の太ももは愛液で濡れていました。

俺は彼女から紙袋を受け取ると、「あそこから、ずっと見ているよ」と言って、お店の向かいにあるコーヒーショップを指差しました。
すると彼女は恥ずかしそうに俯き、紙袋を持った俺の手を震える手で強く握り締めながら頷きました。
俺は彼女の働いているお店が見渡せるカウンター席に座ると、彼女は俺を見て恥ずかしそうに微笑み、地下道に人がいない時に自分でスカートを捲って、俺にノーパンの股間を見せて来たり、スカートの中に手を入れてティッシュで濡れた股間を拭き取ったりして露出を楽しんでいました。
俺は彼女が前屈みになって洋服を畳んでいる姿の写真を撮って、生のお尻が剥き出しになっている画像を彼女に送ってあげると、彼女は顔を真っ赤にして嬉しそうにしていました。

俺は彼女が存分に露出プレイを堪能している事が羨ましくなり、自分も内股気味に足を開いて座り、地下道を歩いている人にスカートの中を見てもらう事にしました。
すると彼女から画像が送られてきて、その画像にはカウンターに座っている俺の姿が写っていて、磨硝子になっているカウンターの下のガラス越しに俺の黒いパンティーがぼんやりと透けて見えていました。
俺は地下道を歩いている男達が、俺の股間を見ている事に気付いていないふりをして露出を楽しみました。
やはり男に視姦される事は快感で、中には俺のパンティーを見る為に地下道を何度も往復している男がいたり、立ち止まってスマホを弄るふりをしながら俺の股間を覗いて来る男がいたりして、興奮してきました。
その男達は自分が覗いているパンティーが男の物とは知らず、さらに後ろには本物の女がノーパンでいる事にも気付いていない状態が面白く感じ、男達が愚かに思えました。
彼女のお店が閉店する頃になると、カウンターに俺しかいなかったコーヒーショップには俺を囲む様に男達が集まっていて、皆、俺に気付かれないように、俺のパンティーを覗いていました。
やがてお店が終わった彼女が地下道に出て来たので、俺はコーヒーショップを出ることにして、最後のサービスとして、高い椅子から下りる時に、集まった男達に生のパンティーを見せてあげました。

そして、お店が終わった彼女と一緒に二人が出会った地下2階の駐車場のトイレに向かい、今度は男子トイレの中で彼女を全裸にさせると、俺がプレゼントした彼女の穿いていた新しいプリーツスカートの裏地には彼女の愛液がナメクジの這った跡のように、いく筋もついていました。
俺は汚れた彼女のスカートを見て、ノーパンで露出を楽しんでいる女性が、自分の愛液でスカートや太ももが汚れる事が気にならないのか疑問に思いました。

それから俺は、個室の外の誰かに見られるかもしれない状況で彼女を存分に可愛がってあげました。
彼女は初めての男子トイレに興奮している様子で、小便器の手すりに掴まり、俺の腰の動きに合わせて喘ぎ声をあげ、男子トイレの床に愛液を垂らし続けました。
そして俺の射精と同時に彼女は男子トイレの床にヘタリ込みました。

俺は、男子トイレの床に靴以外何も身に着けていない状態で寝ている彼女が汚い物に見えましたが、同時に体が痙攣するほどに感じている彼女が羨ましく思えました。
そして、彼女に送る為に彼女の姿をスマホで撮影していると、彼女の膣から俺の精液が逆流し始めていましたが、精液の色が少し茶色く変色していたので、彼女の生理が始まった事が分かり、妊娠の恐れがなくなり安心しました。
その日は彼女がフラフラの状態だったので、彼女を家まで送って別れました。

それからも俺達は双子コーデでデートをして露出を楽しむようになり、彼女を単独で露出させたり、二人で男子校の近所まで行き大人しい男の子達に下着を露出させて楽しんだり、屋外のあらゆる所でセックスを楽しんだりしました。
ズボンと違い、ミニスカートは着衣の状態のセックスに最適で、お互いにノーパンならどんな所でも簡単にセックスが出来て、しかも結合部はスカートに隠れて見えないので、スカートは男向けの洋服じゃないかと思える程でした。

俺は彼女と付き合うようになって、今までの女友達と違う感情が芽生えていて、彼女を変態に調教する喜びを感じ、もう少し寒くなったら彼女に全裸の上にミニ丈のコートだけを着せて露出調教を楽しむ予定をしています。