忘れられない私の初体験

この体験談は約 3 分で読めます。

私の初体験はもう何年も前のことですけど、やっぱり忘れられません。

女子校を卒業した私は男の人の勃起したあれなんて見たことありませんでした。
興味はすごくあって自分のあそこを触っていると気持ちよくなって濡れてくることは知っていて、よく触っていました。

一人暮らしを始めると友達が何人も遊びに来るようになりました。
その日は尚子と男の子二人が来ていました。
そのうちにお酒がなくなったので一人で買い物に出かけました。
3、40分して戻ると変な音やうめくような声がしていました。
私はそっと覗いてみました。

すると尚子とB君がキスをしていて、C君は尚子のパンティを脱がしてあそこをさわっていました。
私はびっくりして見ていました。
心臓がどきどきするのと同時にあそこも熱くなって濡れてきました。
しばらく3人を覗いてからそっと外に出て息を整えてから今度はチャイムを鳴らしてから入りました。

3人は何もなかったように話していて、しばらくはそのままでしたが、尚子が私の隣に来て「さっき、覗いてたでしょ」と言いました。
私はどきどきしながら「何のこと」ってとぼけたんですけど、尚子がいきなりスカートに手を入れて私のあそこを触ったんです。

「うそ、こんなに濡れてる」っていたずらっぽく笑ったんです。

たしかにさっき覗きながら自分でも触っていてぐしょぐしょに濡れていました。
それでも「ちょっと止めて」って言って尚子の手をどけようとしたら男の子二人に腕を掴まれてしまって。
尚子は私のあそこを触りながら「覗いてたの知ってるのよ。涼子も本当はエッチしたいんでしょ」って言いました。

私はもうパニックになってしまったんですけど、B君にキスをされてしまいました。
キスも初めてでB君の舌が私の口に入ってきて、そうしたら力が抜けてしまいました。

キスされながらやさしくおっぱいを揉まれました。
いつのまにか尚子とC君も抱き合ってました。
B君の手がパンティに掛かると「恥ずかしい」って言いましたが、B君はかまわず中に入ってきてあそこにふれました。
私はびくっとなりました。
B君は「こんなに濡れてるんだから、いいだろ」って言いました。

私はなぜか「やさしくしてね」って言ったんです。

それから裸にされておっぱいやあそこをさわられました。
膝を立てて開いてって言われたときは、恥ずかしくて両手で顔を覆いました。
するとあそこを舐められました。
挿入された時は熱く焼けるような痛さでした。

「痛い、痛い」って泣きそうな声で言ったんですが、B君はかまわず腰を動かし続けました。

B君はいきなり抜くとおなかの上に射精しました。
私は頭の中が真っ白でぼーっとしていました。
隣では尚子が顔に射精されていました。
しばらくしてから尚子が「どう、良かったでしょ。こうでもしなきゃ、あなたいつまで経ってもバージンだからね」って言いました。

これが私の初体験です。
この後、C君ともしてしまいました。