彼女とのセックスをわざとコンビニ店員に覗かせた

この体験談は約 4 分で読めます。

最近、彼女とこんな話をして盛り上がった。
近所にあるよく行くコンビニに、若い男子学生のアルバイトがいる。
常連なので軽く挨拶程度はする関係。
近所ということでノーブラで買い物に行ったりする彼女が少し気になっている様子。

じつは、その男の子は同じマンションに住んでいる。
それをいいことに、彼が帰宅する深夜から早朝の時間にかけて少し部屋の窓を開け、セックスの声が聞こえるようにしてわざと覗かせてみた。

家の前で急に止まる足音。
ガラスに映る人影。

(間違いなく覗いているな)

そう確信した自分は、もっとよく見えるように彼女に大股を開かせて、深く深く中出しをした。
あそこがよく見えるように毛を剃ってある割れ目からドクドクと溢れ出す精子を、彼は今、どんな気持ちで眺めているのだろう?

そんなことを繰り返すうちに、コンビニに行くと彼の方から積極的に挨拶してくるようになった。
彼女は何も気付いていない様子。
しかし、私は彼にニヤリと意味深な笑顔を返しておいた。

ある日の夜、不眠症気味の彼女は、よく寝付けないからと言っていつもより多めに睡眠薬を飲んでいた。
そういう時でもエッチはするのだが、翌朝よく覚えていなかったり、途中で寝てしまうこともしばしば。
私は今日こそ計画を実行に移すことにした。

寝付きはじめ、朦朧とする彼女におかまいなく私は行為に及んだ。
途中までいい声で反応する彼女。
やがて彼女は深い眠りに就いた。
いつもなら窓を少し開けるだけだが、今日は玄関も少しだけ開けておいた。
玄関からも彼女の全裸が見える。
彼女の乗った布団を少しずつずらして、玄関近くまで移動した。
今夜は今から例の彼はバイトに行く時間。
彼はいつもの習慣で我が家の様子をチェックしてから行く。

例のごとく、家の間で足音が止まる。
ここで、「あっ」と小さな彼の声が聞こえたような気がする。
そりゃそうだろう、何しろ今夜は玄関まで開いているし、そこからは彼女が全裸で大股を開いて寝ているのが見えるのだから。
薄暗い部屋の中、彼女の裸体をスポットライトで照らしている。
特に股間を中心に照らされ、しかもそこはさっきまでの行為で濡れ光っている。
荒くなった息、時折ため息が聞こえる。
やがて暗闇の中に私の姿も見つけたのだろう、窺うようにこちらを見ている。
私は無言のまま手で、『おいで』と合図をした。

恐る恐る玄関を開けて、彼が入ってきた。
顔が真っ赤だ。
こんな異常な状況だけに、もはや説明は不要だった。
私が彼女を後ろから抱きかかえ、彼女の両足を広げその股間を彼の方に差し出す。
間近で見たかったであろう彼女のあそこを、恐る恐る顔を近づけ、指で広げ、さんざん観察した彼は、やがて大胆に弄り始めた。
次にせわしなくズボンとトランクスだけ脱いだ彼は、すでに先から透明の液を光らせ、反り返り血管が浮いたいかにも硬そうな陰茎を深々と彼女に挿入した。
一瞬、彼女の表情が変わったような気がした。
少しヒヤッとしたが大丈夫なようだ。
彼女の体を楽しんだ彼は、正常位のまま彼女の奥深くに精を放出した。
その瞬間だけ、寝ているはずの彼女の顔が快感に歪んだ。

事を終えて服を着た彼は、軽く会釈すると急いでバイト先に向かっていった。
もちろんこの様子はビデオに録画してある。
彼が去った後も膣になみなみと満たされた精液の様子をクスコで広げてアップで記録した。
大量の精液に満たされた彼女の膣。
その精子の海の底に薄っすら彼女の子宮口が透けて見える。
徐々に子宮口から吸い込まれていく赤の他人の精子。
このまま彼の精子は彼女の子宮を犯し、さらに彼女の体の奥深くまで辿り着いて犯し尽くすのだろう。
そのあまりのいやらしい景色に、すぐさま犯したくなる衝動をぐっとこらえ、そのまま精子が膣からこぼれないように彼女を寝かせた。

彼がバイトを終わる頃を見計らって彼女を起こした。
寝ぼけた彼女に透け気味のワンピースを着せて、ノーパンノーブラでコンビニに連れて行く。
さすがに恥ずかしそうにする彼女。
レジ担当の彼も心なしか赤い顔で、私と目を合わせると照れたような笑いをする。
その時、レジで彼の目の前にいる彼女がハッとした。
そうだ、精子は忘れた頃に膣から出てくる。
彼女の太ももを伝う大量の精子。
まさか目の前の彼の精子だとは夢にも思っていない彼女は、彼に気付かれたらどうしようと焦った表情。
かといって拭き取るわけにもいかず、何事もないふりをしてその場をやり過ごそうとする。
すでに目の前の彼には、日々の私たちの夜の営みも覗かれ、数時間前には彼女の体の全てを味わい尽くされ、彼の性処理に使用されて精を受け止め、今も彼女の大事な部分の奥深くで彼の精子が泳ぎ続けているということなど、彼女は夢にも思っていないのだろう。
結局、そのまま彼にじっくり観察されるしかない展開が待っていた。

ちょうど彼のバイトの終わる時間、同じマンションなので必然的に一緒に帰ることになってしまう。
太ももが濡れているのを気にしながら歩く彼女。
スケスケのワンピース越しに裸同然の体を視姦される彼女。
彼はわざと私たちの後ろを歩き、思い存分に彼女を目で犯し続ける。
数時間前に味わった彼女の全てを思い出しながら。

家に着く。

「ちょっと寄っていきなよ」と彼を部屋に上げる。

それからはわざと2人きりにした。
彼には途中でビデオを見るように言ってある。
もちろん彼女がさっき彼に犯されたビデオだ。
これを見て彼女は初めて自分に何が起きたかを知る。

恥ずかしさに顔を赤らめ、うずくまる彼女を押し倒す彼。
もはや抵抗するどころか全てを悟って快楽に没頭する彼女。
その様子をこっそりと見ながら、また記録する私。
一連の行為が終わって、彼女と2人で思い出しながらするセックス。
他人の精子にまみれた彼女の膣を掻き回す。
一度は本当に犯され、一度は彼女の合意のもと、浮気に近い形で出された数回分もの精子に満ちた彼女の膣は、なんていやらしいのだろう。
私が深く自分のペニスを挿入するたびに、その他人の精子は彼女の奥深く押し込まれてしまう。
他人の精子が勝ち誇ったようにまとわりついてくるのが分かる。
嫉妬に狂った本能が激しく彼女を犯させるのだろうか。
画面には、彼と2人きりでセックスに狂う彼女の様子が映し出されていた。
彼のペニスを生で挿入され、精液の糸を引きながら出入りするあそこが大写しになっていた。

タイトルとURLをコピーしました