とにかく淫乱だった訪問先のアラフィフ妻

この体験談は約 5 分で読めます。

2年前の話ですが、僕は浄水器とかミネラルウォーターの営業をしていました。
一般家庭を一軒一軒、飛び込みの訪問販売をしてたんですけど、訪問先のひとつだった鈴木さんという40代後半の人妻さんとセックスしたことがありました。
旦那さんがもうすぐ還暦だと言っていたので10歳は年が離れてたみたいで、「もう何年もあっちが役に立たないの」って嘆いていました。

鈴木さん宅に2回目の営業をかけたときのこと。

「浄水器のセットを買ってあげたら私の相手をしてくれる?」

てっきり冗談だと思ってたら、鈴木さんは本気モードで僕の股間をスラックスの上から触ってきました。

僕はかなりビックリして、「鈴木さん、マズイですよ。仕事中ですし、旦那さんが帰って来るかもしれませんし・・・」と断りました。

でも鈴木さんはかまわず股間を弄ってきたので、素直に反応してしまいました。
それが嬉しかったのか、「やっぱり若いってだけですごいわ。こういうのが欲しいのよ」とニコニコしながら、僕がいくら拒んでも無視してスラックスのベルトに手をかけて脱がせながらパンツの上から顔を近づけて股間に頬ずりをしてきました。
僕はもうされるがままで、ただただ突っ立っていました。

「心配しないで大丈夫よ。ちゃんと浄水器のセットは買ってあげるから。ほら、そんなに固くならないで。あ、でもこっちは硬くしてくれなきゃね(笑)」

仕事中なので、何かあったらと思うとベタなおばちゃんギャグも笑えません。
でもチンチンだけは嬉しそうにビンビンに立っちゃってました。
鈴木さんはとうとう僕のパンツを下ろし、硬くなったチンチンを取り出すと躊躇もせずにパクッと咥えてしまいました。
まるでダイソンの掃除機並の吸引力でチンチンが伸びそうでした。
俗に言うバキュームフェラですね。
加えて鈴木さんは唾液が多いみたいで、ジュポジュポとすごい音がして気持ちいいんです。
僕は咥えられてまだ3~4分で、(ヤバイ!このままじゃイキそう・・・)という状態になってしまいました。
で、このままイッちゃっていいものかどうか戸惑いながら、「あっ、鈴木さん・・・もうイキそうです」と言うと・・・。

「いいわよ。このまま口の中で1回イッちゃっていいから」

しゃぶりながら上目遣いで言う鈴木さん。
僕としてはかなり我慢したつもりだったけど、「あっ、鈴木さん・・・イッちゃいます。あっ、イク~」と、そのまま鈴木さんの口の中に放出してしまいました。
鈴木さんはゴクンと僕が放出した精子を飲み干して・・・。

「うわぁ、いっぱい出たね。やっぱり若いわね~。こんなに出るもんなんだね。溜まってた?気持ちよかった?」

ニコニコしながら聞いてきました。

「ええ、ここのところ忙しくて・・・。鈴木さんのフェラがすごい気持ち良くて我慢できずに出しちゃいました」

このとき僕が気になっていたのは、先ほど鈴木さんが言った、「このまま口の中で1回イッちゃっていいから」という言葉です。

(1回ということは・・・?)

そんな考えが頭をよぎりました。
すると鈴木さんは僕の目の前で当たり前のようにニットとシャツを脱いで、さらにスカートとパンストも脱いで、ブラとパンツだけの下着姿になってしまいました。
そして背中に手を回したと思ったらブラのホックを外し、恥ずかしげもなく僕におっぱいを晒しました。
大きさはDカップくらいでしょうか。
やや垂れ気味ですが、年齢の割には乳首は色も形もきれいでした。
鈴木さんは僕を見つめて、「そこのソファに座って」と言うと、座った僕の膝の上に跨がってきました。
そして僕の顔におっぱい押し当てて来て、「今度は私のおっぱいを舐めて・・・吸って・・・」と悩ましげに言いました。
ここまで来たらもう従うしかありません。
おっぱいを片方ずつ舐めたり吸ったりすると、鈴木さんは喘ぎながら体をくねらせて、さらに僕の顔におっぱいを押し当ててきました。
すっかり僕も興奮して、より強めに乳首を吸ってあげると、鈴木さんはアソコを僕の太腿に押し付けて腰を前後に振って擦りつけてきました。

「あ~っ、もうちょうだい!久しぶりだから我慢できないわ」

そう言って自らパンツを脱いだと思ったら、僕のチンチンを手でシコシコして勃起させると、そのまま僕に跨がってきました。
そして入り口に宛てがうと、ゆっくりと腰を鎮めてきました。

「あぁ~大きい。そうそうこの感じ・・・入ってくる感じ・・・久しぶりなの。はぁ~やっぱり気持ちいいわ~」

根本まで入ると、鈴木さんは僕の首に腕を回した状態でしばらく動かず、チンチンの感触を膣で味わっているようでした。
しばらくすると腰を前後に動かしはじめ、両膝を立ててうんこ座りの格好になったかと思ったら、腰を浮かせては沈めを繰り返して、その動きがどんどん速く激しくなっていきました。
僕のチンチンは鈴木さんのオマンコの中でガチガチに勃起していました。

「あぁ・・・擦れる~。これこれ、中がすごい擦れてるの。こんな感じ久しぶり~。あぁ・・・このチンチン気持ちいいわ~。あぁ、いい・・・」

ご近所さんに聞かれちゃうんじゃないかと思うくらい大きな声で鈴木さんは喘ぎながら淫語を叫んでいました。

「あぁ~ん、おっぱいも思いっ切り吸って~」

腰を振りながら鈴木さんはエロモード全開です。
言われた通り両方の乳首を交互に強く吸うと、「ダメよダメ、腰を止めちゃダメ!そう・・・そうよ・・・強く吸って~」と言いながら、さらに腰の動きを速くしてパンパンと僕の太腿に豊満な尻肉をぶつけてきました。
よく見ると僕の太腿は鈴木さんのおまんこ汁でベトベトになっていました。

「どうしよう、久しぶりだから・・・どうしよう。ああ・・・このままイッちゃいそう。あぁ、でも・・・あぁ、イッちゃいそう・・・」

鈴木さんは急に僕の膝から下りると、床で四つん這いになってお尻を僕に向けて・・・。

「ねえ、今度は後ろからして・・・後ろから激しく突いてちょうだい」

僕はお尻だけ高く突きあげた格好の鈴木さんに一気に挿入しました。

「あん、いい!イッちゃう、イッちゃう~」

鈴木さんがまた叫び始めたので、そのまま僕も鈴木さんのお尻を掴んで何も考えずにパンパンとオマンコにチンチンを打ちつけました。

「あぁ、あぅぅぅ、イク、イク、イクッ、イッちゃう~!」

とうとう鈴木さんは背中を弓なりにして絶頂に達してしまいました。
僕も鈴木さんの絶頂に伴って、ほぼ同時に2回目の精子を膣内に放出してしまいました。
お互いイッた後はしばらくソファの上で余韻に浸りながら乱れた呼吸を整えてました。
ようやく僕は我に返り、鈴木さんに言いました。

「鈴木さん・・・浄水器は買ってもらえるんですよね?」

「もちろん、約束だからちゃんと買うわ。でもあなたのチンチン最高ね。またお願いしちゃうかも(笑)」

約束通り、鈴木さんには浄水器をご購入いただきました。
その後ですが、活性炭などの交換やメンテナンスなどで月に1回ペースで訪問して、鈴木さんとセックスしました。
鈴木さんとは1年ほど続きましたが、僕の転職とともにその関係も終わりました。

熟女と呼ばれる年齢に達した人妻さんってすごいなと素直に思いました。
今まで関係を持った女性の中でも、鈴木さんが一番性欲旺盛でテクニックも上級だったような気がします。

タイトルとURLをコピーしました