高校生の妹がお漏らし寸前の危機的状況

この体験談は約 3 分で読めます。

冬の寒い日の夕方。
ストーブの効いた居間でくつろいでいると、家のドアが開く音が。
時間的に父や母が帰って来るにはまだ早い。
消去法で、妹が帰って来たことはすぐにわかった。
しかしその妹、なかなか居間に入ってくる様子がない。
玄関で一体何をやってんだと思っていると。

「助けて!お兄ちゃん!」

それは切羽詰まった悲鳴だった。

(なんだ!?)

慌てて玄関に行くと、靴と格闘している妹がいた。

「どうした?何があった?!」

「靴が、靴が脱げないのよ!」

「何!靴が!」

(・・・???)

とりあえず妹に命の危険はないと安堵したが、イマイチ状況が把握できない。

「・・・どういうこと?」

「お手洗いに行きたいのに・・・靴紐が解けないの!」

泣きそうな声にようやく、妹が危機的状況にあることを理解した。
妹はもう高校生だ。
年頃の女性、ましてや大事な肉親に、お漏らしなどさせるわけにはいかない!
慌てて妹に駆け寄り、靴紐を解いてやろうと試みる。
しかし慌てて解こうとしたのが仇となり、クソ固結びになってしまっている。
しかも妹が身体を捩らせたり地団駄を踏んだりするので、なかなか思うようにいかない。

「お兄ちゃんまだ?私もう我慢出来ない!」

「そんなこと言ったって!頼む、もう少し耐えてくれ!」

俺の必死の努力で、少しずつ解れていく靴紐。
しかし、妹の脚の動きもどんどん激しくなっていく。
眼鏡の奥には涙が浮かび、脚は内股。
恥も外聞も捨てたのか、スカートの上から手でぎゅっと股間を押さえている。
限界が近付いていることは誰の目にも明らかだった。
そんな妹の様子に、自分の焦りもどんどん加速していく。

「こんにゃろ、こんにゃろ!」

「早く・・・漏れちゃう・・・もうダメ・・・」

情けない声を上げると、妹はその場にうずくまってしまった。

「頑張れ!頑張れってば!」

「だって!だって!ああ、助けて、助けて・・・」

必死の励ましも耳に届かないのか、うわ言のように、「助けて、助けて」と繰り返す妹。
しかし、その時!

「お!よし、いけるぞ!」

ようやく手応えあり!
そして、一度糸口を見出せば後は楽勝だった。
程なくして靴紐を完全に解くことに成功!

「よし、やったぞ!早くトイレに!」

「ダメ、私・・・もう・・・動けない・・・」

しかし妹は自力で立ち上がれないのか、うずくまったまま震えているだけで、その場から動こうとしない。

「頑張れって!ほら、手を貸すから!」

励ましながら妹の背後に回り、脇に手を入れて立たせようとする自分。
が、脇に手を差し込んだその瞬間。

「きゃああああああああっ!?」

凄まじい悲鳴が玄関中に響き渡り、妹は手足をばたつかせて暴れ出した。
しまった、そういえば妹は脇が弱かったんだっけ?
妹の最大の弱点を思い出した、その瞬間だった。

メリッ!

「ぐはあっ!?」

凄い衝撃が全身を襲った。
くすぐったさに暴れる妹の肘が、自分のみぞおちに綺麗にめり込んだのだ。

「ぐおおおおおお・・・」

あまりの苦しさにその場に崩れ落ち、服が汚れるのも構わず玄関でゴロゴロとのたうち回る自分。
さらには。

ポコンポコン!

「あでっ!?」

追い打ちをかけるように、妹の脱ぎ捨てた靴が自分の頭にヒットした。
そして妹は自分の方など見向きもせずにトイレに向かって全力ダッシュ!
それは、さっきまで立ち上がれなかったのが嘘のような俊敏な動きだった。
自分にとっては災難だったが、どうやら脇へのくすぐりが良い方向に転がったらしい。

「後でいくらでも謝るから!」

バタン!!

そんな妹の言葉とともに、勢いよくトイレのドアは閉められた。
程なくしてトイレの水が流れる音。
高校生になってお漏らしという最大の悲劇は何とか回避されたようだ。
よかった、本当によかった・・・。
安堵した途端、俺の意識はみぞおちから生じる激痛に支配されていった。

「・・・ところでさ」

「何?」

「冷静に考えるとさ、別に土足で良かったんじゃないか?」

「・・・もっと早く気付いてよ!」

「お互い様だろ」

「でも、本当にありがとう。・・・もう痛くない?」

「まだちょっと痛いけど大丈夫。おかげでいいものが見られたから、それでチャラにしとくよ」

「何よ、いいものって?」

「『漏れちゃう・・・もうダメ・・・』って前を押さえてるし、小学生かっての」

「お願いだから忘れて・・・」

からかうほどに、顔を真っ赤にする妹だった。