目に涙を浮かべて怯える姿にそそられて

この体験談は約 5 分で読めます。

俺:26歳、EXILEの岩田剛典に似てるって言われる。
真衣:22歳、乃木坂の白石麻衣似。

俺は自分で言うのもあれだが、結構ファッションとかも気を遣ってて、コンパとかで知り合った女は結構喰ってたと思う。
真剣な出会いもあるにはあったが、ただ遊ぶつもりで会ったのにホテルに連れ込まれてヤらされる女を見ると、なんとも言えない背徳感があって興奮したんだよね。

ま~、そんなこんなで毎日過ごしてたんだけど、友達から人数合わせで呼ばれた合コンでターゲットを見つけた。
アパレル関係の娘で真衣。
芸能人級に可愛くて、服装とかも俺の好みにドンピシャだった。

目をつけた俺の行動は早いこと早いこと。
真衣はその日のコンパで一番レベル高かったから人気だったんだけど、仲間内に真衣を狙うことを宣言して毎日LINEしたりしてた。
そんなこんなで会うことになったのは3ヶ月後くらいだろうか。
お互い忙しかったのと、真衣のガードがなかなか固くて結構会うまでに時間がかかってしまった。

そして当日、待ち合わせの場所に行ってみると、合コンの時よりももっと可愛い感じの真衣がいた。

「あの、ひょっとして、真衣ちゃん?」
「そうですよー、もう忘れちゃったんですか?」

「いや、前に会ったときより可愛いから」
「もう、お世辞が上手ですねー!俺さんもイケメンですね!」

とかやり取りしながら一緒に買い物に行き、近くのカフェに足を運んだ。

「いやー楽しいね。このあと何する?」

「楽しいですねwんー、ぶらぶらします?」

「おけおけ!なんかいいとこあったらそこ入ろ」

今の会話でプランが成立した。
散歩しつつホテルに連れ込むという、今考えれば単純な手である。
そんなこんなで散歩をし、ホテル街に差し掛かった頃。

「あの・・・」

「ん?なに?」

「ここ・・・ホテル・・・」

どうやら勘づいたらしい、少し恥ずかしそうに指摘してくる。

「あー、あんまり見ないホテルだねー。『休憩』とか書いてあるし、お風呂でもあるのかな?」

「え?・・そうですね・・・」

しらばっくれたふりして続けた。

「あ、そうだ、ここ入ってみる?」

「えっ・・・?」

やはり覚悟してたのか驚きは少し弱かったが、まぁいいだろう。

「行ってみようぜ!」

そう言って真衣の手を取り、グイグイ引っ張りながらホテルの中に入った。

「ちょ、ちょっと・・・」と真衣が困った顔をしてたが無視した。

ホテルの受付をくぐり一室に連れ込むと、速攻で真衣をベッドにポイッ。
仰向けにさせ、覆い被さるように跨がった。

「えっ?何するつもりですか?」

目尻に薄っすらと涙を浮かべて怯える彼女にはそそるものがあった。
まぁお構いなしに服とブラウスを剥ぎ取ると、白くてすべすべの綺麗な肌に水色のブラが露わになった。
そこまでしたところで真衣が、「いや・・・やめてくださいっ」とジタバタと抵抗しだした。
暴れられると困るのでお腹の上に跨がるように乗り、片手で真衣の細い両手を掴んでブラのホックに手をかけ、外した。

「いやー!いやーっ!」

抵抗する力が強くなり、片手じゃ押さえきれなくなったので離したが、同時にブラも完全に剥ぎ取ると、彼女の大きくも小さくもないちょうどいいサイズの白いおっぱいが姿を露わにした。
ここまで綺麗なピンク色の乳首を見たのは初めてで、心の中ですげーとか思ってた。

しかし、そんな感慨も真衣の抵抗に阻まれた。

「いやっ!やめてっ!」と暴れるので、煩わしく感じた俺は真衣の頬を掴んでそのままキスした。

真衣は驚いたのか、一瞬硬直した隙に舌を滑り込ませ強制ディープ。
すぐに真衣は抵抗しようとするが、両手を掴まれマウントをとっている俺に抵抗出来るはずもなかった。
それを悟ったのか大人しくなり、目を瞑りながら涙を浮かべていた。

それがなんとも可愛くて、さらに激しくキスしながら片方の胸を弄ると、今までヤったどの女たちより柔らかくてもちもちしてた。
興奮して激しく弄りまくってると、目を瞑っていた真衣が微かに、「ん・・・ッ」と声を発した。
さらに興奮した俺が両方の手で胸を弄ぶと、さっきより少し大きな声で喘いだ。
そろそろいいかと思い、真衣から下りてミニスカートに手を伸ばす。

「そこはいや!!!!」

また暴れだしたので、指をパンツに沿ってなぞると真衣がピクッと身体を震わせたので、そのままパンツの隙間から指を滑り込ませるとアソコは濡れていた。

「こんなに濡れてるなんていやらしいね」

カァッと顔を真っ赤にさせつつも俺を押し退けようと足をジタバタしだしたので、その足を掴み、そのままパンツ越しだがアソコをなぞるように舐めると、「ふ・・・ぁ・・・」と可愛らしい声をあげ、身体を少し仰け反らせる。
かなりエロい。
そのままパンツ越しだがクンニしてると、だんだん感じるようになったのか、「ぅあ・・・」とか「ぁっ・・・」と喘ぐようになってきた。
パンツをずらして直接がワレメをなぞった瞬間。

「んあっ!」

思わず出てしまったような声を出し、真衣は喘いだ自分に驚いたのか、びっくりした表情で俺を見つめた。

「んっ、んんっ、んぅっ!」

真衣は感じてる自分が悔しいのか、涙を流しながら俺のクンニを受けていた。
その姿に堪らなくなり、俺も身につけている物を全て脱ぎ捨てて言った。

「舐めろ」

そして、いきり立ったチンポを真衣の顔の前に突き出した。

「嫌です・・・」

真衣は小さくそう言う。

「いいから舐めろ!」

真衣の鼻を摘んで無理やり口を開かせると、いきり立った息子をねじ込んだ。
口の中に入った瞬間、ぬるりとした唾液と火照った彼女の体温を感じた。
真衣の頭を押さえて夢中で腰を振った。
真衣は時折えずきながらも歯を立てたりすることなく俺のイラマチオに耐えていた。

俺もある程度気持ち良くなってきたので、真衣の口からチンポを抜いて彼女を寝かせた。
何をされるのか悟った真衣が逃げようとしたので押し倒して再び覆いかぶさると、泣きながら、「やめて・・・ッ!!いやだっ!!」と叫んでたが、もちろん無視してパンツをずらし、挿入した。

が、挿れたのは挿れたのだが、キツい。
すごい締め付けられる感覚に襲われた。
根元まで挿入すると、ゆっくりと腰を動かした。

「あっ・・・んんっ・・・」

真衣がさっきまでとは違う甘い声を出した。

「んっ、んんっ、んんぅ、んっ!」

口を押さえるのに必死な真衣は抵抗を忘れ、されるがままだった。
パンパンパンッ!と部屋に俺と真衣がぶつかる音が響いて、俺が腰を振る度に真衣の形の良い綺麗な胸が揺れていた。
俺が盛りのついた動物のようにひたすら腰を打ちつけると、真衣が辛そうな声を出し始めた。
過呼吸のようにハッハッハッと短い息をしたかと思えば、「ああっ!だめぇっ!」と大きな声を上げ、ビクッと弓なりのように仰け反るとマンコがキュッと締まり、「あっ、んあぁっ!あぁっ!」と叫び、ビクビクしながら仰け反った。
真衣が本気でイッた瞬間だった。

「真衣っ!真衣っ!オラ!イクぞっ!」

グッタリした真衣を再び正常位で突き始めると射精感がこみ上げてきたが、真衣には俺の声が届いていないようだった。
俺は真衣の一番奥にズンッと突き刺すと、真衣の中に全てをぶちまけた。
恐らく今までのセックス、いや、今までの射精の中でダントツで気持ちよかった。

「その・・・ごめん・・・」

「ううん、大丈夫だから・・・」

冷静になった頭で謝ると、真衣は優しい声でそう答えてくれた。
でもそこからは気まずい空気が続いて、そのまま無言で別れた。
それから二度と真衣と会うことはなかった。