母親と電話中の妻にバイブでいたずら

この体験談は約 2 分で読めます。

先日の日曜日、早めに夕食を済ませ、お風呂に入り、ベッドに入っているとベッド脇の電話が鳴った。
出ると妻の母親からだった。

俺は27歳、妻は24歳、結婚して9ヶ月。
母親の住む町と俺達の住む所とはかなり離れており、お互いに結構電話連絡をしている。
他愛もない話をしている様子。

そのとき俺は妻にいたずらをしたくなって、電話をしている妻の胸を触ったり、舐めたり、幸いにも俺達夫婦はベッドに入った時というよりお風呂からあがってから朝起きるまでは下着はつけないことにしているので、電話をしている妻の後ろから、妻に挿入した。
妻は電話相手の母親に気付かれないように、必死で耐えているのがみてとれる。
それが愉快でますます妻を気持ちよくさせてやりたくなった。

夫婦生活の時、戯れで使うバイブレーターをベッドの宮から取り出して、ペニスを抜いてバイブを差し入れた。
もちろんバイブの振動音がする。

電話機から「なにか音がするよ。なに?」と母親が聞いている。

妻はなんでもないと答えている。

再度俺は妻にペニスを挿入して、思いきり腰を動かせた。
ベッドのきしむ音も次第に大きくなり、妻も我慢できなくなって、母親との会話も少なくなっている。
もう妻も我慢の限界が来ているのがわかる。
俺は射精した。

妻の口からついに漏れた。

「ああ・・いい」と。

母親は「なにしているの?どうしたの?」と言っている。