超イケメンにナンパされたら濡れまくってイキまくり

この体験談は約 3 分で読めます。

いつもはナンパなんてお断りしているんだけど、ある時、超イケメンにナンパされ、そのままついて行ってしまいました。
だって本当にかっこよくて、モデルさん並みのイケメンだったんだもん。

場所は新宿。
私は友達と2人でいたのですが、向こうも2人連れだったので最初は4人で飲んでいました。
そのうちに、「別行動にしよう!」ということになって、私はひろ(イケメン)と2人で近くの公園のベンチに座って話をしていました。

お酒も入っていたせいか、すぐエッチモードになってしまい、夜の公園で激しく舌を絡ませ合い、唾液音でチュパチュパなるように大人のキス。
すっごく上手いキスで、私の体はそれだけで感じてしまいました。

ひろが、「ホテル行こう?」と誘って来たので、私達は近くのラブホに入りました。
エレベーターの中でひろは私のDカップのおっぱいをキャミソールの上から揉んできます。

「ん・・・あぁん」

つい声が出てしまします。
それを塞ぐようにまたディープキス。
部屋に着くなり、ひろは私のキャミソールを脱がせ、ブラの上からおっぱいを優しく触ってきます。

「あぁん、感じるぅ」

イケメンに愛撫されると本当に気持ちよくて、私は絶え間なく声が出て、アソコから婬汁が溢れてくるのがわかりました。
もう直接触って欲しくてしょうがなかった。
でもひろは、焦らすだけ焦らしてきます。
やっとブラをとって直接触られた時には、おっぱいだけでイキそうな感覚でした。
乳首を舐められたり、吸われたり、めちゃくちゃ上手い舌使いでした。

「あぁあん、気持ちいい!!もっとぉ」

私はもうひろの舌使いに完全に酔ってました。
ひろの手がパンティの上に触れた時には私のおまんこはもうグチョグチョでした。

「うぁ、まだ直接触ってないのにこんなに溢れてるじゃん?いやらしいなぁ、みあ(私)のおまんこは」

こんなエッチなことを言われた私は余計に濡れてしまいました。
彼はパンティの上からなぞるように触ってきます。
だんだんクチャクチュとパンティの上からでもいやらしい音が聞こえてきました。

「もうすごいよ、これで直接触ったら、みあがどうなるかやってみよっか?」

そう言うなりパンティの横からひろが指を入れてきます。

「あぁあはぁん!!」

私はそれだけでイキそうになってしまったのです。
ひろはクリトリスをクリクリしてきます。

「あぁん!!イイ!だめぇ!!イクぅう!」

私はすぐイってしまいました。
そしてパンティを脱がされ、大きく足を広げられました。

「すごいよ、丸見えだよ、みあのおまんこが」

ひろは私の濡れたおまんこを舐めてきました。
これまたすっごく上手で、クリちゃんで3回、おまんこで2回イカされてしまいました。

「俺のおっきくなってるだろ?」

そう言ってひろは私におちんちんを握らせてきました。
私は一生懸命おちんちんをしごきました。

ひろが、「みあ・・・気持ちいいよ、入れていい?」と聞いてきたので、「うん・・・入れてぇ」とおねだりしました。

最初は正常位で挿入。
彼のおちんちんはおっきくてすっごく気持ちいい。
それで2回はイカされました。
そして松葉崩し、そう、私が1番好きな体位です。
子宮奥深くまで入って、ひろのおちんちんが子宮に当たるのがわかる。
それで3回、そしてバックからガンガンに突かれて2回。
最後は正常位で彼もイキました。
私は半分、失神寸前のアクメになりながら絶頂しまくり。

今まで色んなセックスをしてきたけど、こんなに感じたのは初めてでした。
これがイケメンマジックなのかも?