大学時代

大学時代

ペンションのバイト君と一夜限りの野外エッチ

記念のセックスといえば卒業旅行です。 泊まったペンションで、そこで働いてる人とエッチをしました。 食事のお世話(給仕っていうのかな)をしてくれたバイトの大学生2人が、私たちの部屋に遊びに来たんです。 みんなで楽しく飲んでました。 ...
大学時代

大好きな母に中出ししました

私と母の関係を告白します。 私は会社員で今年25歳。 母は50歳で、以前は働いていましたが、今は私の収入で十分生活できるので専業主婦です。 大学生の20歳の時、母と男女の関係になりました。 高校時代から、「伊藤の母さんって美人だ...
初体験

マザコンの僕を溺愛してくれる母

僕は現在大学に通っています。 4月に実家を離れて一人暮らしをしているのですが、今は月に2度ほどですが、母親に来てもらって掃除とかをしてもらい、抜いてもらっています。 僕ははっきり言ってマザコンなので、母親にすごく可愛がられて成長してきま...
レイプ

ヤリマンだと思っていた妹の裏の顔・後編

「私が言うのもなんだけど、あの子、本当に壊れてるよね」 「昔からだよ、あいつは猫被りの天才だから」 「聞いた聞いた。高校の時はすごい守銭奴だったんでしょう」 初めての祝勝会に参加するまでの妹は、例によって見た目通りの性格を...
大学時代

ヤリマンだと思っていた妹の裏の顔・前編

3歳下の妹はかなり可愛くて、高校の時は校内でも1、2というくらいの美少女でした。 美人じゃなくて美少女。 大学生になって子供っぽさが抜けた今は、美人という形容詞の方が的確ですが、高校の頃はアイドルも顔負けというくらいの可愛さでした。 ...
大学時代

後輩の童貞を奪っていた彼女を怒りに任せて抱いた

大学時代、仲間でのんびり遊ぼうぜ!みたいなノリのサークルに入ってたんだが、そこで知り合った同級生のM美と付き合いだして1年が経とうとしていた。 春になって新入サークル員の歓迎会ってことで居酒屋で開始。 「新入りは1人ずつ自己紹介と芸...
大学時代

ひどい別れ方をした元カノと大興奮のセックス

大学生時代、とある趣味を通じて知り合った札幌在住の3歳年下の女A(17歳)がいた。 初めて旅行に行った時に会ったが、まぁまぁ可愛かった。 当時は真面目で堅物な彼女がいたが、その子はギャル系。 おっぱいはデカいし可愛いし、何より17...
レイプ

喪服姿の母に欲情して

僕は大学に入るまでは母と2人暮らしでしたが、大学に入ると家から遠く離れて一人暮らしをしていました。 僕が大学2年の時冬休み、祖父が亡くなりました。 祖父の家は近いので、自宅から通夜と葬式に出席しました。 母の喪服姿が僕をそそりまし...
大学時代

純情系ビッチな女子高生に翻弄されまくり・後編

その日は仕事中も上の空だった。 なんとか体勢を整えようとしてMに日光の時の話を振ると、恥ずかしそうに顔を真っ赤にして、「そうですね・・・」しか言わなくなる。 いつものMだ。 俺は何がなんだか判らなかった。 俺の妄想が作り出した夢なん...
大学時代

純情系ビッチな女子高生に翻弄されまくり・中編

時は経って俺は大学3年になって、Mも大学生になった。 大学生になったMはしばらくするとパーマをかけて髪を染めた。 俺は露骨にショックだと振る舞った。 黒髪が至高なのになぜ染めたのかと言った。 M「・・・似合わないですか?」 ...
大学時代

純情系ビッチな女子高生に翻弄されまくり・前編

俺:当時Fラン大学生。 相手:当時高校3年生。 その子と出会う前の俺の話から。 高3から飲食店のホールスタッフとして働いてた。 部活も少しはやってたんだけど、学校が遠くて朝練に行けなくなって途中で挫折したんだ。 だからやること...
大学時代

キャンプに行ったら非処女の友達がフェラしてくれた

大学1年の夏休み。 ダチ2人とキャンプに行く計画を立てた。 でもオス3人は寒いので、それぞれの好きな子を誘うことにするも1人しか釣れず。 その子が別で女友達(俺らとも友達)を誘ってくれて、5人で行くことになった。 男はテントで、...
大学時代

彼の実家で弟や妹たちに見られながらセックス

私の彼は5人兄弟の長男で実家暮らしです。 今はもう慣れっこなのですが、初めて彼の実家に遊びに行ったときはビックリしました。 彼の実家は一軒家なのですが、部屋がリビング(居間?)と台所と6畳の部屋が2部屋しかないんです。 6畳の部屋のひ...
中学校時代

家に帰ってすぐ母に中出し

今日は大学が午前中で終わったので昼過ぎには家に帰りました。 家に帰ると母はソファーで昼ドラを見ていました。 「今日は午前中で終わりだったんだね?」 「そうだよ、だからすぐに帰ってきたよ」 今年45歳になった母の隣に座り、...
初体験

童貞の俺と処女の妹・後編

「昔から好きだった。お前も同じ気持ちでいてくれて嬉しかった」 すさまじい幸福感と解放感。 そしてこれまでの想いが溢れ出した。 俺まで込み上げてきそうだった。 「嘘だ・・・彼女・・・は?」 「あんなの嘘さ。いるわけねえよ...
タイトルとURLをコピーしました