中学校時代

レイプ

温泉宿で媚薬を飲まされ刺青の親分に中出しされた母

私が中学時代、母42歳、旅行先でのことです。 私達は家族でちょっと寂れた温泉宿に行きました。 旅館に着き、さっそく旅館自慢の温泉に入りました。 いい気分で温泉に入っていましたが、後から刺青様ご一行が入ってきました。 私は刺激しな...
レイプ

泥酔した彼の前で彼の先輩に犯された

うちが14歳の時だった。 ある日、彼に「家に遊びに来いや」と呼び出されて行くと、彼の職場の先輩がいて、2人はビールを飲んでた。 (彼、未成年なのに) お酒に弱いのに、先輩に勧められて断れず、飲まされてた。 彼は酔っ払って、もうフ...
中学校時代

僕の童貞を奪ってくれた小悪魔顔の従姉

僕が初体験を済ませたのは中2の夏休み、ひとつ年上の従姉とでした。 従姉の名前はミカ。 細いのに胸はそこそこ大きい。 ミカは東京生まれ東京育ちで、逆に僕は田舎暮らし。 毎年、夏休みのお盆になると親戚が僕のばあちゃんの家に集まる。 ...
中学校時代

僕にオナニーとセックス教えてくれたエッチな姉

僕は高1で、お姉ちゃんは25歳。 両親が飲食店をやっていて、夕方から夜中にかけてお姉ちゃんと2人きりでした。 年が離れていることもあり昔から僕の面倒を見てくれていて、お姉ちゃんというより母親のような存在です。 すごく優しくて僕も好...
中学校時代

アソコの締まりが凄すぎた初めての彼女

小学校の時の同級生、美枝子。 顔は並より上くらいだけど、割と背が高くてスタイルはかなり良く、そして何より運動神経は抜群に良かった。 私も走るのは平均よりちょい上だったけど、とにかく余裕で私より早かったし、水泳も腕相撲も、とにかく基礎体力...
中学校時代

可愛い幼稚園の先生の白い三角地帯・後編

(う、うわぁ・・・せ、先生・・・また、パンティが見えちゃってるよう・・・) いつしかようこ先生は椅子に座ったまま脚を組んでいた。 椅子に座っているようこ先生の腰の高さは、床に座り込んでいる僕の目線とほぼ同じ高さだ。 その僕の目線で...
中学校時代

可愛い幼稚園の先生の白い三角地帯・中編

「・・・ク?・・・ボク?・・・ねぇ、ボクッたら!」 「・・・ん?・・・え?・・・あ、は、はいっ!」 僕は再び女性の声によって現実に引き戻された。 一体、自分はどれくらい女性のパンティに見惚れていたのだろうか? 随分長い間、女...
中学校時代

可愛い幼稚園の先生の白い三角地帯・前編

春休み初日、僕は1人ぶらぶらと散歩をしていた。 まだ若干肌寒いが、冬の厳しい寒さはすでに和らぎ、穏やかな陽が地面一体を照らしている。 こうして暖かい日の当たる道を歩いていると、昨日の卒業式に感じた物悲しい思いも癒されていくようだ。 僕...
不倫

初体験の相手は嫁の母親でした

自分と嫁は幼なじみでした。 嫁と晩御飯を食べていると、思い出話に花が咲きました。 中2の夏の話です。 自分は嫁と顔を合わせるたびに、「やらせてー」と言ってました。 「バカ!変態!」 嫁はいつも自分の顔を見ると言っていた...
中学校時代

優しくリードしてくれたスナックのお姉さん・第4話[完]

結衣「イキそう?」 俺「うん、イキそうだった。玉はいいけど咥えたらヤバイかも」 結衣「じゃあー、入れてみる?」 俺「えっ、うーん、すぐイッちゃうかも・・・」 結衣「いいじゃん、もう1回やれば!ね!」 俺「わかっ...
中学校時代

優しくリードしてくれたスナックのお姉さん・第3話

結衣「フー、キス上手いじゃん。もしかしてやったことある?」 俺「ないよ!結衣ちゃんの真似しただけだし」 結衣「そっか、でも上手だったよ」 そう言って俺の頭を撫でた。 俺「・・・」 恥ずかしくて、ちょっと照れ笑い...
中学校時代

優しくリードしてくれたスナックのお姉さん・第2話

結衣「なーんだトシ君かー。誰もいないと思ってたからビックリしたよ」 俺もわざと大袈裟に、「俺も急に誰かトイレに来たんでビックリした」と答えた。 結衣「ずっと起きてたの?」 俺「いや、寝てたけど目が覚めた」 結衣ちゃん...
中学校時代

優しくリードしてくれたスナックのお姉さん・第1話

俺が中1の夏休みの時、両親がスナックを経営していた。 当時はバブルの全盛期だったので店の方も景気がよかった。 それで店の従業員、チーフ(男、30歳前後)、女の子4人(20代前半)と俺の家族(父、母、俺、妹2人)で旅行に行こうということに...
レイプ

中学生なのに叔父に女の悦びを教えられてしまいました

私の中学時代は凄かったです。 始まりは中1の夏でした。 突然の侵入者に挿入され、ファーストキスやバージン、全てを奪われ、私はその侵入者に女の悦びまで覚えさせられてしまいました。 その侵入者とは、父の弟、つまり叔父です。 当時、両...
中学校時代

短小包茎をバカにしてくる巨乳な女友達と・後編

「・・・まだあんまり濡れてないけど、Sのサイズなら大丈夫かな」 藤森はサイドボードの中からコンドームを取り出し、馴れた手つきで僕のチンチンに被せました。 「じゃあ、そろそろSの童貞もらっちゃおうかな」 そう言うと、僕のチン...
タイトルとURLをコピーしました