ハードレズの友達が連れてきた女

この体験談は約 8 分で読めます。

泥酔女も持ち帰ったけど、結局はそのツレの女とヤった話する。

よく行くバーに来るそこそこの年齢だがカワイイ感じの女。
でもハードレズなんだ。
だけど、いつもイイ女を連れてる。

ある日会ったら東京から(俺は地方都市)友達が来てるという。
これがまた、なんというか豊満!って感じで俺の好みにドンピシャだった。
財閥系商社で若いうちに上司と結婚したらしいが、更に若い子に手を出したらしく離婚。
慰謝料も歳の割には結構ふんだくれて、しばらくは気ままにやってると言う。
俺も週末、バツ1、金有りってのはなかなか無い好条件だ!って事で一緒に飲むことにした。

その2人がレズだったのかはわからないが、見た目はそんなにイチャつくわけでもなくフツーの女友達付き合い風に見えた。
俺が2、3歳若いって事がわかってから急にタメ口になって、会話の間に肩や腕に手をあてたりして、これはイイカンジ。

女のスペック書いとく。
顔はそれほどハデじゃないが若い頃の木の実ナナ風。
若い子は知らないか。
なんか豪快さと女らしさがハデに表れてるというか。
で、顔はすっとしてるがボディーは豊満って感じ。
ただ腰から下はシュっと細い。
かたせ梨乃風?ああ、俺ってたとえがオッサンだな。
ま、とにかく俺の好みだったわけ。

でも知り合いはレズだから、俺は相手にしてもらえないかもな~とも思ったりしながら杯を重ねる。

ただ、会話の様子とかみてると、ケイ(仮名)も満更ではない様子。
ここはもう一人を何とかして片付けなければ。

「そういえばケイ(飲み屋の顔見知り、ハードレズ)ってこの前誕生日だったよね?」

知り合いのハードレズ→『ケイ』。
木の実ナナ→『ナナ』としてくれ。

もう1ヶ月も前の話だがそんな理由で、ケイの好きなバーボンをボトルでオーダー。
といっても場末の店だから¥4000なんだぜ。
それと摘みを取ってとにかく飲ませた。

俺も就職した頃は東京にいて、そこそこ色んな場所に行ったからナナとも話が合わせられて、住んでた中目黒のあたりとか、前を通ったことしかない大丸ピーコックの話でなんとなく盛り上がってた。

2時間もするとケイはすっかりヘベレケ。
ナナに聞くと今日は繁華街近くの外資系ゴージャスホテルに泊まってるらしい。

「あそこの上の階にあるバーに行ってみない?夜景がきれいだよ」

勿論、その帰りにそのままなだれ込むことを想定してだ。
タクシーで3人で移動。
ケイは支えれば歩けるが・・・という状態。
ホテルに着いてエレベータホールに。
そこでナナが言い出した。

「ケイがこれ以上飲めそうにないから部屋で休ませてく」

それを聞いて、俺はガッカリ。
シングルかツインか、それともダブルか知らないが、相手は俺ではなくやっぱり女がいいのか、と、かなりガッカリした。

エレベータを途中で降りてケイを部屋に入れる。
ベッドは一つ。
セミダブル?それとも高級ホテルのシングルなのか。
ケイをソファに寝かせてブランケットをかける。

ん?なんでベッドじゃないの?

冷蔵庫からポカリを出してテーブルに置く。
気が利くなぁ。

「さ、それじゃ行こうか」

ナナが俺の腕を取る。

おっ!腕がオッパイに当たって、柔らかーい。
でも俺は相手にしてもらえないのになんで?
年下の男の慌てぶりをみるのが面白いんだろうか。
色んなことを考えながらエレベータは上がっていった。

高い階のラウンジに入ったが、天気はうす曇り。
夜景も近くはいいが、遠くはぼんやり。
俺らは奥の静かな席に通された。
ナナが飲みたいと言うので赤ワインのハーフを一本と摘みを少々。
それからはナナの話を聞いた。
結婚の話。
相手の話。

「で、あなたは?」

ちょっと前になんとなく別れた話。

時間はまだ午後11時半。
夜はまだまだこれからだ。

2人でなかなかイイ話をしてたと思うが、俺はケイが部屋に居る限りナナとのコトは無理だな、と諦めていた。
そう思うと確かにイイ女だがココで金と時間を使うのはムダで、別の店に行って楽しく飲んだほうがいいんじゃないかと思えてきた。
すると、突然、ナナの携帯が鳴った。
電話の相手はケイのようだ。

「ちょっと部屋に行ってくるから、待ってて」

そう言うと、小走りにエレベータの方へ行った。
一人残された俺はすることもなく、逃げられて残された男のような気がしてきた。
改めて回りを見渡すと、カップル、男女のグループ。
女同士は居るが男だけなのはオレだけ。
もしかしたらケイも戻ってくるかも知れない。
そうなれば今夜のコトは絶対に無理だ。

どのくらい時間が経ったか判らないが、入り口を見てるとナナが一人で戻ってきた。

「ケイはどうだった?」

「あんまり飲みすぎて気持ち悪いんで今のうちに家に帰るって」

(えっ?)

予想外の返答に俺は言葉が出なかった。
一旦、諦めてからの復活ほど嬉しいものはない。

もしかして・・・チャンス復活?

いや、気持ちは盛り上がるが、想定外だから何を話したら良いのか思い浮かばない。
するとまたナナの方から話しかけてきた。

「前の店でさ、ウイスキー飲ませてたの・・・あれ、ケイを酔い潰そうと思ったんでしょ」

またまた予想外の言葉にさらに言葉が詰まる。

「ミエミエだったよね」

でもナナの顔はちょっと嬉しそうだった。

「ケイのこと・・・知ってるんでしょ?」

「ええええ・・あの・・・女の人が・・・」

「そう、ビアンなのよね」

ケイがちょっと困った顔で言う。

「ぶっちゃけ、私、迫られてたのね。私はそんな気ないんだけど・・・」

ナナは、自分が離婚した時とか何度かそうなりそうな時もあったがいつも断ってたという。

「でもキスされたことくらいはあるのよ」

「なんか、付き合い古いヘタレな男みたいだね」

「あははは、そういえば、そんな感じね。で、結局他の男に持ってかれる、みたいな」

そんな話をするナナが可愛らしく思えたが、これからどんな話題を振ればいいのか俺は頭をフル回転させてた。
とり止めも無く話をしてるうちにワインがカラになった。

「さて、次は何頼む?」と俺はメニューを取ってナナの方に開く。

勿論、俺はメニューをチラ見ししつつ、次の話題を考えていた。

「そうねー。じゃあ次はキツイ奴かな。テキーラ、ショットで」

「じゃあオレはウォッカ」

来た酒をイッキに空ける。

「効く~」

「ナナさん、結構強いねぇ」

キツイ酒を飲むと、なんかテンション上がる。
話題を考える事も無く話も盛り上がってきた。

そうしているうちに90度右に座ってたナナがだんだんしなだれかかってきた。
前のダンナもこうしてやられたのかなぁと俺はどうでもいい事を考えていた。

2、3杯飲んでかなり酔っ払ってきた。
酔うと楽しくなってくる、それはナナも同じ様子だった。
何を話したかは覚えてないが、一言言って笑い、一言聞いて盛り上がる。
俺もこの後どうこうする事は忘れて、とにかく飲むのが楽しかった。
なんだ、最初からこうすればよかったのか。

「お客様、ラストオーダーですが、お後よろしかったでしょうか」

突然、ウエイターが言う。
盛り上がってたところに水を被された気がした。

「なんだーもう終わり?夜がはやいなぁ」とちょっとガラの悪くなってるナナ。

「何かあと頼む?」と俺が聞くと、素っ気なく「もう、いい」とナナ。

あああ、今夜のことはここまでなのか。
だがナナは驚くことを言い出した。

「楽しく飲んでんだからさー、部屋で続き飲まない?」

この言葉も予想外だったが、俺はヤラしい気持ちよりも、その瞬間はもっと楽しく飲み続けたいという気持ちからすぐに答えた。

「ああ、そうしようよ」

ナナが手を上げるとすぐに伝票が来た。

「****号室の◯◯でお願い」

部屋のカードを見せながら言う。
さすが東京モンはカッケー!

「じゃ、いこか」

席を立つとまた腕を組んでオッパイが当たる。
柔らかーい。
2人ともノリノリでエレベータに乗る。
2人しかいない空間。
するとナナが言った。

「ねぇ、チューしよ、チュー」

「えっ?・・・」

「女同士だってしてるんだから、ほら」

それは理屈になってない、と言おうとしたがナナの柔らかい唇が俺の口を塞いだ。

ナナからのキスで俺も迷いが消えた。
今日はこの相手とヤっちゃってイイと。
相手も了解してるんだと。
部屋に入ると後ろから胸を掴む。
大きい。

立ったまま後ろから体を撫で回しながら、耳やうなじにキス。
服の間から手を入れて体を直接触る。
いい柔らかさだ。
ホックを外し、ジッパーを下げ、手を入れるが脱がし切らないまま体を撫でる。
こういうのがエロイと俺は思う。

2人でベッドに倒れこんで更に撫で回す。
そうしながらも、片手は乳首、片手は下の目的地を目指してうねりながら進んでいく。
ナナの息も荒くなってきた。
その息を塞ぐようにキス。
パンストとその下の一枚の間に手を滑り込ませ、マンコを布の上から触る。

「んんんん・・・」

声にならない声が出る。

最後の1枚が充分湿ってきたところで、中に手を入れる。
スカート、パンスト、パンティ。
3枚の布で締め付けられるがそのまま指を入れる。

「はああああっ!!」

ちょっとした拘束感がナナを高める。
空いた手でブラウスをはだけながらブラに手をやり、ホックを外す。
ビローン・・・とTVなら効果音を入れそうな巨乳。
人によっては垂れてるというかも知れないが、俺にはたまらない。
すでにピンコ立ちしてる先端に吸い付いた。

「あああああんんん・・・」

片手で乳首、口で首やから胸を吸い、もう片手で下を攻める。
タイミングを合わせたり、外したりしながら、下の手はときどき一番敏感なふくらみを触る。

「それっ・・・それっ・・・そこ・・・」

ナナの言葉は途切れ途切れだ。

「気持ちよくなって良いんだよ。イッちゃいなよ」

書くと恥ずかしいが、酔ってるし、暗いから言える台詞。

「あああああああ!!!!!」

声にならない声に俺は更に手の動きを激しくする。

「ああああああ!!!そこ・・・そこ・・・ん、ん、ん、ん!!!」

だが、一直線にイカせても能が無い。
ここは攻撃をちょっと緩めて片手で、服を脱がせかけた。

下の方の攻撃を続けながら、たまにキスしたり、吸ったりしながら先ず上を裸にする。
これは本人の協力もあって結構カンタン。
上がマッパになったところで、猛攻撃再開。
乳首を吸い、指で弾き、口を吸い耳を甘く噛み、首を舌で舐める。
ナナも盛り上がってきた。

「あああ、いっちゃう・・・いっちゃう・・う、う、う、・・・」

体をビクンビクンとさせてナナが盛り上がる。

「あああああ!!!!!あっ!あっ!あっーーー!!」

俺の腕をぎゅっと掴んで、ナナが果てた。

ここでAVなら攻守交替でフェラってところだが、流れを切るのがイヤな俺はグッタリしてるナナを優しく撫でながらマッパにする。
世間的にはポチャなんだろうが、良く言えばブラジルあたりのムッチリなモデル。
俺の目に狂いはなかった。
そして自分も数秒でマッパに。
とにかく間を与えちゃダメなんだ。

「入れるよ」

ゴムを要求されるかと思ったが、それもなくコクリと頷くナナ。
潤滑剤の充分出ているアソコには俺の先端もスルリと入る。

「ああっっ!」

最初は小刻みに浅く少ししか入らないがひと擦りごとに奥へ奥へと。
10回ほどで一番奥まで入ったところで、囁く。

「あったかくて気持ちイイよ」

ムッチリな女とするときは肌を合わせるのがイイ。
そう思いながらナナとの合体を楽しむ俺。
とにかく被さって、キスして、囁いて、オッパイ触って、吸って、揉んで。
結構飲んでるから息も上がるし頭も痛くなってきた。
それはナナも一緒だろうから激しい動きはしない。
ゆっくりと形を変えながら、俺はナナの体を堪能した。
そうしているうちに2人とも盛り上がってきた。

「ああああ・・イイっ・・イイっ・・イイっ・・・!!」

「ナナ、俺も・・・イキそう・・・」

「あああああ!あ!あ!あ!あ!」

果てる寸前で何とかチンポを抜き、ナナの豊満なオッパイに掛けた。

「あーーー!!!」

ナナも放心状態だったが、俺のから搾り出すのを手伝ってくれた。
なんかものすごくたくさん出た。

いいホテルのティッシュケースは何だか出しにくかった気がするが何度も引っ張り出して俺のを拭いて、しばらくはまったりと。

「シャワー浴びる?」

「うん」

キッカケは酔った勢いだったが、イイ感じだ。

すまん、もう時間無くなってきたからあとはカンタンに書く。
2人でシャワー浴びて、キレイにしてからベッドに行って今度は交互に口で相手を攻めてからもう一回戦。
1回目ほど出なかったから、ティッシュで拭いて、そのまま深い眠りへと。

朝起きた時、俺もナナも何処にいてどういう状況なのか理解するのに一瞬あった。
ナナは乗り気じゃなかったが、俺は朝するのが好きだから「もう、しょうがないなぁ」って感じでもう1回戦。

でもその後のシャワーは別々で、ナナが出てきた時には服を着てた。
それを見て俺はナナが昨日のことを一夜の出来事にしたかったんだなってことを理解した。

俺もナナも、朝の時点では付き合おうとかそういう気持ちじゃ無かった。
とりあえず朝飯はホテルのバンケットで食べたがあまり会話はしなかった。
互いの携帯やメアドを交換もしなかった。

しばらくしてからまた店でケイに会った。
あの日のことはホテルから帰ったこと以外あまり覚えてないと言う。
ナナが一人でタクシー乗り場まで送ってくれたので、俺は先に帰ったと思ってたらしいので、俺もそういうことにしておいた。

最初はエロい気持ちでヤれることを望んでいたが、酔って盛り上がって、エッチが終わるまでは本当に楽しいというか嬉しかった。
男の方がこういう事は引きずるもんだが、なぜかこのときは俺も一夜限りの事でイイやと思えた。

ケイには今でもたまにバーで会うが、その後のナナのことは一度も聞いていない。

長文読んでくれてありがとん。

タイトルとURLをコピーしました