温泉で発情すんなっ!

この体験談は約 2 分で読めます。

3ヶ月ほど前、彼女と九州のある温泉へ行った時のことです。

そこは家族湯4つ、女湯、男湯の順に平行に並び前方に広がる海がウリの様でした。
ボクと彼女は一番右側の家族湯に通されたのですが(つまり右隣が女湯)、そこは湯船の前に庭があり、その先が海というロケーションでした。

彼女とは付き合いも長く、お互いに温泉が好きだったので、皆さんが想像するヘンなこと目的ではなく、単にのんびり二人で過ごすために家族湯を選んでいました。
だから、これまで何回も二人で入りましたが、エッチはおろかフェラされたこともありません。
この時も二人で湯船につかり、キレイな庭から見える海を堪能しながらマターリとしながら話をしていたのですが、彼女が「あっ、蝶々だ!」と庭の木を指さして言ったのです。
ボクは、「フ~ン」と言いながら、裸のまま庭に出て蝶々の近くまで行ってみたのですが、すぐに蝶々は逃げていきました。

湯船に戻る時、何となく両側を見ると、2メートルくらいの木製の塀で囲まれていました。
私は近視(ド近眼ではない)なのでハッキリは分かりませんでしたが、女湯側の塀に節穴があるのがボンヤリとわかりました。
彼女に節穴のことを話すと当然興味なさそうでしたが、やはり気になってしょうがないので、脱衣所にメガネを取りに行き、メガネをかけてから庭に出ました。

節穴から覗くと、目の前に飛び込んだ光景は露天風呂にいる女性の裸・ハダカ・はだか。
一生分は大げさですが、数え切れない程のおっぱい・マン毛・お尻が・・・。
しかも子供・中学生くらい・若い女性・熟女と、それはそれはパラダイスでした。
ちなみに若い人ほど堂々とタオルなしで入ってくるのですネ。
中にはマッパなのに体操みたいなことをしている人もいました。
彼女のことは忘れて20分は見入っていたと思います。

ビンビンにチンコを起てたまま湯船に戻ると、さすがに彼女も「バカじゃない?」と呆れ顔でしたが、カンタンにチンコが静まるはずもなく、彼女の背中やお尻に擦りつけながら、「ネェ」とお願いしました。
彼女は「ムリムリムリ」と湯船の中を逃げていましたが、「小さくならないと湯船から出られないよぉ」と迫ると観念した様に「わかったわかった立って」と言うとチンコを咥えてくれました。

結局仁王立ちフェラをしてくれ口内発射&ゴックンでチンコも静まり湯船を出たのですが、今になっても時々「温泉で発情すんなっ!」とからかわれます。