電車で痴漢されて下着がビショビショ

この体験談は約 2 分で読めます。

私は今高校3年生です。

今日久しぶりに電車に乗ってたんです。
田舎なんですけど結構混んでました。
車両の1番端で吊り革を持っていました。

するとお尻に変な感触が走りました。
痴漢だとすぐ分かりましたが、恥ずかしくて声が出ませんでした。

痴漢は、お尻の肉をかき集めるようにして揉みながら、胸も揉んできました。
潰したり搾るように揉んだりして、私の乳首は痛いほど立っていました。

乳首に男の手が触れる度に、「んっ」と声が漏れてしまいます。

痴漢はお尻と胸に飽きたのか、次はあそこに手が触れました。
ミニスカートだったので、ショーツの正面から触られました。
最初は割れ目に沿うように。

次にショーツの中に手を入れてきました。
膣の中に中指が入ります。
男の指が太く、出入りする度に腟内の壁が収縮して快感で、その手の親指はクリトリスを爪で優しく引っ掻いていました。
最後に親指でクリトリスをグイッと体に押し潰され、私は解放されました。

次の駅で降りてトイレで確認すると、ショーツは愛液でビショビショでした・・・。