ほのかの野外オナニーを見てしまい・・・

この体験談は約 2 分で読めます。

ちょっと気の弱い俺だからかも・・・。

後輩に“臼倉ほのか”っていうのが居たんだけど、部活が終わって一人でゆっくり帰ってたら、前にほのかが居た。
俺は2年で、ほのかは1年、直接話したことはなかったと思う。
第一、男バレと女バレに分かれてた。
自転車で帰ってたんだけど、俺は気が弱いからそういうのはあんまり追い抜きとかできなかった。

抜かずについてくと車のあんまり通らない道の背の高い草の多い茂みに入っていった。
そこに自転車を停めてほのかはもっと奥に行った。

俺もついていった。

するとほのかは折れてる木の枝の上に跨がってアソコを擦り付けてオナニーを始めた。
少し見てるとほのかがこっちに気づいた。

そして真っ赤になって「見てたんですか!?」と言った。

「ああ」と答えると、「じゃあ先輩もしてください」って言われた。

もちろん「やだよ!!」と言い返した。

「見たんですからやってください」と言われ、仕方なく「いいの?ほんとにやるよ?」とオナニーを始めた。

すぐにイった。

ほのかは「早いですね、今度はフェラでイッてみます?」と聞き、しゃぶってきた。

数分でまたイった。
ほのかは俺の精液を全部飲み干した。

「案外マズくないですね」

そう言うと脱ぎ始めた。

「何してんの!?」

「ここまできたら挿れるしかないですよ」

・・・はっきり言ってぶったまげた。
そして成り行きで挿れることになった。

バックで入れようとすると・・・。

「一応処女ですけど、思い切り挿れてください」

そう言われたので、入りづらいのを気にせず思い切りブチ込んだ。

「あ!!・・・痛ぅぅぅ・・」とほのか喘いだ。

目に少し涙が見え、アソコからは血が見えた。

「ダイジョブ?」と、ほのかに聞いてみた。

「ダイジョブです、ちょっと痛かっただけなんで、かまわないで続けてください」と返事が来た。

言うとおりに俺は後輩の毛の全く生えてないアソコにひたすら打ち込んだ。

「中に出してもいい?」

「いいです・・・生理まだ来たことないからダイジョブです」

ほのかのアソコに俺は精液を流し込んだ。

「すみません、無理言っちゃって・・・」

ほのかは謝ってきた。

「いいよ」としか言えなかった。

そしてほのかは服を着て、ぎこちない歩き方で帰っていった。
それからたまに帰りに会うと、そこでセックスをしてたりね・・・。