文化祭の準備中に見えたロリ系女子の貧乳

この体験談は約 2 分で読めます。

文化祭で俺らのクラスは巨大絵を描くことになって、グループに分け分担して作業していた。

俺のグループの女子は目立たないグループだったけど、ひどいブスはいなかった。
背が小さくてロリ系の子がいたんだけど、目立たないグループのせいか人気はかった。

放課後、廊下で皆でかい紙の上で四つん這いになって作業していた。
基本的に女子と男子が向かいあって絵を描いてた。
ずーっと四つん這いの状態だから、ひじとか痛くなりたまに正座するってのが癖になってた。

いつも通りヒジが痛くなって顔を上げたら、そのロリ系の女子の胸元がかなり空いてた。
住んでるとこが暑いとこだから、文化祭の時期も夏服だったし、胸の色とかも結構分かった。
貧乳だったけど、とんがった乳首とそこまで黒くない乳首がエロかった。

ほんとかなり触ってみたかった。

・・・で、あまり見てたらヤバイと思って作業をまた開始した。
ちらちらと他の男子を見たら、みんな完璧に気づいてる感じだった。
しかも、そのうちの一人のリアクションがかなりうけたのを覚えてる。
こりゃーまたとないチャンスとばかりに、俺はガンガン見まくった。
勃起はしなかったけど、かなりムズムズした。
だけど、乳首が見えたのはその日までだった。

文化祭当日、俺らのクラスの絵は大きすぎて重かったのか、破れて失敗した。