女子人気の高いイケメン先輩にアナルを奪われた

この体験談は約 4 分で読めます。

かれこれ3年前の出来事です。
当時、自分の働いていた会社では出張も多く、1ヶ月に2度ほど遠方へ出張に出ていました。

いつもは単独での出張が多かったのですが、今回は会議と打ち合わせが重なり、他部署の片山先輩(32歳)と同行することになりました。
彼は妻子のある人でしたが、趣味でサッカーをしていて見た目も若々しく、社内の女子社員にも人気がありました。
自分(24歳)にも彼女がいたし、もちろん男になんか興味はありません。
出張先でこっそり行けるソープが唯一の楽しみでした。

出張当日、それぞれの打ち合わせと会議を終えた後、ホテル近くの居酒屋で片山先輩と飲んでいました。
8時くらいから飲み始めて、23時頃まで飲んでいたので、お互いいい具合に酔いが回っていました。
会話はほとんど、会社の愚痴、奥さんの愚痴、自分の学生時代の話などでした。
先輩は学生時代、サッカー部の後輩(もちろん男)から告白されたことがあったそうです。

先輩「ちょっと勿体ないことしたかなー」

僕「じゃあ僕と付き合ってみますー?」

なんて冗談を言って、その時は笑って話していました。

ホテルはツインルームだったので、シャワーを浴びたあと、また飲み直すことにしました。
また他愛のない話をしながら1時間ほど飲んでいましたが、かなり酔いが回って、僕はベッドに倒れこんでしまいました。
しばらく目を閉じて先輩の話に相槌を打っていたのですが、テーブルの反対側にいた先輩の声がだんだん近づいてきたように感じました。
正直、先輩が何の話をしていたのか記憶にないほど、僕は酔っ払っていました。

突然、ベッドに仰向けで寝ていた自分の上に先輩が覆いかぶさるように飛び込んできました。
先輩もかなり酔いが回り、理性がないように感じます。
突然のことに驚き、しばらくその姿勢のまま固まってしまいました。
先輩を押しのけようと抵抗をしたのですが、お酒のせいで力が入りません。

先輩の吐く息が耳元に当たり、気持ち悪い反面、少し興奮してきました。
先輩は僕の首筋に舌を這わせ、耳たぶを舐め、甘噛みを始めました。
先輩の手は僕の全身を弄るようにして、僕の頭を掴みました。

そこからは僕自身も抵抗をしませんでした。
唇を重ね、舌を絡ませます。
キスは男も女もあまり変わりません。
先輩の唇は柔らかかったです。

先輩は僕のTシャツを捲り上げて乳首を吸い始めました。
女とのセックスでされたことはあったのですが、男はテクニックが違いました。
舌で丁寧に舐めたあと、歯を使い少し強く甘噛みされると、今まで感じたことのない刺激が走りました。

「ああっ!」

思わず大きな声を漏らしてしまったことに先輩は余計興奮したようでした。
乳首や上半身を散々愛撫されました。
先輩も男は初めてらしく、「どうしていいか分からない」って言っていました。
僕も体を起こし、先輩のTシャツを脱がせ、お互い上半身裸になりました。
男同士で裸で抱き合うなんてと思っていましたが、いざ抱き合ってみると、温かくて心地良いものでした。

横になり、抱き合ってキスをしながら、自然と下半身へ手を下ろしていきました。
先輩の筋肉のついた太ももは女性の柔らかさとは違ういやらしさがあり、気がつくと先輩の下半身へ顔を寄せていました。
そっと先輩の穿いていたパンツを捲ると、まだ緊張しているのか少し萎縮しているチンポが。
どうしていいか分からず、AVで観るように舌を這わせてみました。
すると、みるみる先輩のチンポは大きくなり、自分のチンポよりも一回りは大きなチンポになりました。

咥えるのには少し抵抗がありましたが、思いきって咥えてみました。
亀頭が頬の内側に擦れると、先輩は気持ち良さそうに声を漏らしました。
そのままゆっくりと上下にピストンを始め、必死に舌を動かしました。
先輩も僕の下半身に手を伸ばし、自然とシックスナインの形になりました。
初めての男同士のフェラに戸惑いはありましたが、先輩の口の中の温かさを感じると、全身がトロけるような感覚になりました。

男には興味がないといっていた先輩が、僕のアナルに指を入れてきた時は流石に、「無理です」と言いました。
しかし先輩は強引に僕をチングリ返しの格好にして、アナルを舐めたり、指を入れて掻き回したりしてきました。
初めは痛くて、何より怖くて仕方なかったのですが、先輩の執拗な愛撫に慣れてくると、やがて痛みはなくなっていきました。

僕が下の正常位の形になると、先輩は僕のアナルに亀頭を擦り寄せてきました。

(え、生で?!)

病気も怖かったのですが、片山先輩も既婚者だったので一度くらいなら大丈夫かなと思いました。
アナルの入り口に擦り寄せてきた亀頭が、少しずつ僕の中に侵入してきました。
痛みは愛撫のおかげであまりありませんが、初めてなので、気持ちいいというより圧迫感がありました。

亀頭が全部入ると、そこからは遠慮もなく、先輩は一気に奥まで突いてきました。
長さのあるチンポなので、一度のピストンが長く感じました。
男でも女でも、誰かと一つになる快感は変わりません。
僕は先輩にしがみつくようにして気持ち良さを感じるのに必死でした。

それから色んな体位で突かれ、先輩は僕のチンポをオナニーするようにシコってきました。
そのしごき方があまりにも上手で、あっという間に僕は自分のお腹の上に果ててしまいました。
それを先輩はティッシュで拭き取ったあと、また正常位でピストンを続けました。
動きが一瞬速くなり、「中に出すよ」と僕の奥深くに出しました。
出し切ってから耳元で、「ごめんね」と言われました。

出張から戻り、それからしばらくの間は色んな感情が混じって会うことはありませんでしたが、たまたま会社の飲み会で同席したのをきっかけに、良い関係を築くことができました。

タイトルとURLをコピーしました