クールなOLっぽい外見なのに変態痴女だった彼女

この体験談は約 4 分で読めます。

僕が大学1~2年の時に付き合ってた子は痴女的で変態な子でした。
テニスサークルの新歓コンパで目の前に座っていたその子(エリ)は、肌がとにかく白く、168cm、45kgで僕よりも足が長く、モデルのような体型をした子でした。
胸はAでしたが・・・。
外見は18歳には全く見えず、新宿をカツカツ歩いてるOL風でクールな感じ。

でも話してみると・・・。

「新潟のど田舎から出てきたばかりで右も左もわからない・・・」
「付き合った人も1人だけ」

・・・と、純粋そうな感じ。

そのギャップに惹かれて新歓コンパ後も2人で会うようになりました。
3回目のデートの時に告白をすると両思いだったことが判明し、その場で付き合うことになりました。
夜の誰もいない川辺だったこともあり、そっと抱き締めると、予想外にギュっとされて密着状態に・・・。

「チューして・・・」

彼女の甘い囁きを受け、告白から数分後に早くもキス。
もちろん1回では済まずに何回もして、その流れで舌を絡め合うようになり、すでに僕はフルで勃ってしまってました。
さて、キスは続けたいものの下半身の異変には気付かれたくない・・・。
ということで、若干腰を引き気味にして当たらないようにしつつも、キスをし続けるという変な体勢に。

(収まってくれ!)という願いも虚しく・・・。

「キスだけなのに凄く気持ちいぃ・・・」

という彼女のエロい囁きに、より一層テンションが上がってしまい、(こっちはもっと先までしたいんですけど!)という気持ちに襲われました。
そして、引かれたらそれはそれで仕方ない!と覚悟を決め、フル勃起のまま再び身体を密着させると、すぐにその状態に気付いた彼女は、「◯◯君もエッチになってるね」と苦笑気味で言いました。

(やっぱりすぐ気付かれるか)

そう思いつつも、「◯◯君“も”」という言葉は聞き逃しません。

(彼女もエッチになってる!)

エロい妄想は膨らみ、「エリちゃんの家に行ってもいい?」とダメ元で聞くと、「うん、いいよ。私もそう思ってたとこ(笑)」と前向きな反応。
もう彼女のマンションまでの道中、エロい妄想で頭の中は埋め尽くされていました。

(早く抱き締めたい・・・というか抱きたい!)

そんな気持ちを抱えつつ彼女の部屋に入ると、僕が抱き締めようとする前に彼女から抱きつかれ、再びキスの応酬・・・。
それと同時に僕のモノも勃ち始めてましたが、もう気付かれても大丈夫と確信してキスを続けてました。
すると、「早いね(笑)」と言うや、彼女がジーパンの上から上下に擦ってきました・・・。

(ド田舎の子&経験人数1人にしては俺より積極的じゃないか・・・)

とか思いつつも、実はMの自分にとっては嬉しい限り。

「そんなふうに触られたらやばいんですけど・・・」

そう言うと、「やばいの?」と小悪魔な感じで笑いながら、より一層エロい手つきで上下に擦ってきました。
お恥ずかしいことに・・・、実際問題、このまま数分も続けられたらイッてしまいそうな状態だったので、「お風呂に入らない?」と促すと、「このままの状態で入るの?(笑)」とからかう口調で言ってきました。
それを受けて、半分冗談のつもりで・・・。

「じゃあ、一度鎮めてもらってから入ろうかな?」

「じゃあ、脱がしちゃっていい?」

予想外の嬉しいお言葉!
ベッドに移動して仰向けになると、彼女は慣れた手つきでベルトを外し、ジーパンを脱がすのと同時に一気にパンツも脱がしてきました。
Tシャツに下半身丸出し状態という極めて格好悪い状態でしたが、彼女はそんなことは気にも留めてない様子で、勃ってる僕のモノを片手で握るや、かぽっと咥えました・・・。
彼女の口使いは経験人数1人とは思えないくらいに気持ち良く(僕が早漏気味なこともあり)、数分後には彼女の口の中に出しちゃってました・・・。
ティッシュに吐き出すと、「早かったね~(笑)」とごもっともな一言・・・。

「俺、結構早いんだよね・・・」

自嘲気味に返すと、「遅いより早い方がいいと思うよ。その分、何度も気持ちよくなれるわけだし」と余裕のコメント。

その後は、お風呂上がりにエッチをして就寝。
翌朝、起きて、そのままエッチ。
こんな感じで、それまでの恋愛からは考えられない衝撃のデビュー戦でした。

それからというもの、人気のない公園のベンチでフェラ抜き、告白した川辺でもフェラ抜き、大学図書館の地下室トイレでエッチ、某マンガ喫茶の個室でエッチ・・・というように、彼女は野外だろうが人が居ないとなるとすぐに僕の下半身を触ってきて、半脱がし状態にして抜く・・・という行為を繰り返してました。
(最初に抜いて僕を満足させて、その後自分が攻められたいからだったのかも・・・)
とにかくMの自分にとっては嬉しい限りでした。

女性経験が少なかったからと言えばそれまでですが、男から促されなくても自ら楽しんで触ってきたり、咥えてきたりする女性がいることは驚きでした。
色々あって数年前に別れてしまいましたが、また会いたいと思ってしまう今日この頃です。

タイトルとURLをコピーしました