隣の住人の中学2年の息子を預かって

この体験談は約 3 分で読めます。

今から5年前のことです。

当時、私の家庭は夫が出張が多く、夫不在の毎日でした。
市営の住宅は隣がくっ付いた長屋タイプの住宅で、隣近所の付き合いは欠かせない所でもあったのです。
隣の住人は母子家庭で、母親と長男(中2の男子)で、私の家族は夫と6歳の娘の三人家族でしたが、夫の仕事の関係で“母子家庭同然”の毎日でした。

八月に入って隣の母親が虫垂炎を拗らせ、病院に1ヶ月ほど入院した時に我が家で息子さんを預かることになりました。
と、言っても食事の世話と、洗濯とお風呂ぐらいでした。

うちの娘は小1で真由です。隣の息子は祐一くん。
二人は兄妹が居ないせいか仲良しで、祐一くんは真由とよく遊んでくれてました。

ある日、暫くぶりに晴れたので溜まった洗濯物と、祐一君の洗濯物を洗濯機に入れていた時に、真由のパンツにヌルヌルしたものが付着してるので、もしやと思い臭いを嗅ぐと真由のおしっこの臭いに精液の臭いがしたのです。
祐一君はオナニーを覚えたらしく、いつも精液がパンツに付いて乾燥してパリパリの黄ばみでしたが、昨日のパンツには乾かない精液がべったりでした。

その日の夕食が済んで、テレビゲームしてる真由と祐一君を呼んで真由とどんな遊びをしてるか問いただすと、真由が「お兄ちゃんがアソコにチンチンを押し付けて白いのを出した」と言うので、真由を早めに就寝させ祐一君に遊びの内容を聞くと、真由が保育園の頃から真由のアソコに興味を持ち、中1の初めにオナニーを覚え、近所の女児や真由に真由に裸ごっこと称して悪戯しながら射精していたことを言ったのです。

私は祐一君に男女の性について教えたのですが、教えているうちに私も数ヶ月夫との営みも無く、自然にパンツが濡れてきたのです。
私は祐一君に、大人の女を教えてやる事にして布団を敷きました。
私はシャワーで綺麗に洗い、下着姿で挑発しながら祐一君のズボンを脱がすと既にトランクスはテント状態で、トランクスを脱がすとペニスがお腹に付くくらいに勃起してビンビンです。
まだ少し包茎に近い感じで、皮を剥くと亀頭が赤くなって現れ、くびれの部分には白く恥垢が付いて特有の臭いを放ってたのです。

私には恥垢の臭いで性欲を掻き立てられて、4・5回手で扱いて口に若いペニスを咥え、くびれに付いた恥垢を舌先でヌッタリと取って唾液と共に飲みました。

舌先でカチカチになった亀頭を刺激すると・・・

「オッ、おばさん出ちゃう」

主人で経験したことがない感じで、喉に飛び込むように射精したのです。
口の中でペニスが縮むことなくピクピク動いて、若さを感じさせられたのです。

「祐一君は凄いね、子供でも大人並みの感じよ。今度はおばさんのまんこ触ったり舐めたりする番よ・・パンツ脱がして」

祐一君は恐る恐る私のパンツを脱がし、触ってきました。

既に膣は恥ずかしいくらいに濡れて・・・。

「大人のまんこはどうなの?真由のツルツルとは違うでしょ、次は舐めてちょうだい」

私は性器の感じる部分を指差し、舐めさせたり吸わせたり、中2男の子はがむしゃらにまんこを舐め回し、何時しか主人では感じたことの無い快感の中で何度もエクスタシーに達していました。

私は祐一君を正常位の体位で上に乗せて、衰えを知らないカチカチのペニスを膣口に導き挿入させて、腰の使い方を教えると祐一君は無我夢中で激しく腰を動かし、激しいピストン運動が続き、口と違った若いペニスに何度もエクスタシーを感じ、潮を吹く自分が判るくらいでした。

「おばさん出しても良いですか」
「駄目よ今日はお腹の上に出して赤ちゃんが出来るから」

スポンとペニスが抜かれると熱い精液が私の顔面まで飛びました。

その後、祐一君とは母親が退院した後も関係は続き、私が生理の時は真由を薬で眠らせ祐一君が真由のを舐めて、私は手とフェラで祐一君の射精を手伝いました。
祐一君が中学3年になったとき、祐一君の母親が再婚して引っ越して行きました。

今は主人の物足りないペニスで我慢してます。

タイトルとURLをコピーしました