修学旅行で乗った飛行機の機内で彼氏に初フェラ

この体験談は約 4 分で読めます。

海外に留学していた時のことなんですが、飛行機で5時間くらいの所に修学旅行に行きました。
当時、私には『K』という日本人の彼氏がいて、その彼との話です。

外人ばかりが乗ってる飛行機の中で、最初はフレンチキスを繰り返していたのですが、いつの間にか激しいディープキスになっていました。
お互いすごい興奮しながらディープキスしていると、いつの間にか背中に回された彼の手がブラホックを外しました。
その時はまだ恥ずかしいのもあって、「やだ~も~!」みたいな感じだったんですが、またトロトロのディープキスをしているうちに盛り上がってしまい、彼の手が私のBカップの胸をむにゅと揉んできました。
突然でびっくりしたのと気持ち良さで、「あっ・・・」と言うと、その声に反応するかのように彼の手はむにゅむにゅと、どんどん私の胸を揉みしだいてきました。

突然、乳首をツンと触られました。
初めて男の人に乳首を触られ、それがすごく気持ち良くて思わず、「んんん・・・!」と声が出ます。
その声がまた嬉しかったようで、彼は一定のリズムで乳首を弄ってきます。
まず乳首の周りを人差し指で円を描くように弄ります。
その焦らされてる感がたまらなくって、「んっ、あぁ、や・・・」と声が思わず漏れてしまいました。
少しの間そうやって焦らした後は、思い切り指で摘んで乳首をクリクリ。
あまりの気持ち良さに私の乳首もコリコリになって、もう飛行機の中なのに、「ふぁ、ああん、やぁぁ・・・!」と声を出しまくりです。

「気持ちいい?」と聞いてくる彼に潤んだ目で、「うん、気持ちいいよぉ」と答えてしまう私。

もうあそこもびちょびちょ。
なのに彼は焦らしまくり。
乳首を一点集中で、さっきのやり方で焦らしたり、クリクリしたり、摘んで様子を見たりしていました。

そのうちに彼が甘えるように、「舐めたい・・・」と言うので、人に見られないように毛布で隠しながらTシャツを捲り、乳首を舐め舐めさせてあげました。
ちゅるちゅるって音が聞こえてくるくらい舐めたり吸ったりするので、すごく気持ち良くて、もう我を忘れて、「やっ、あぁ、K・・・だめだよう、うんっ!」と声を出しまくりです。

その時、Kが私のミニスカートに手を入れてきました。
突然スカートに手を入れられ、思わずびくん!と反応してしまいました。
彼の手がどんどん伸びて、パンツ越しにあそこに触れました。

「んんっ・・・!あぁ、やぁ・・・」

もう私のまんこはびちょびちょのトロトロで、パンツの上からでもそれは容易にわかったはずです。
彼はパンツの横から指を入れてワレメをなぞってきました。
初めて男の人にそんな恥ずかしいところを触られて、気持ち良いのと興奮で、もう私はパニック状態。

「やっ、やだぁ、恥ずかしいよぉ!」

なんて言いながら手をどけようとすると、もう一方の手で私の手を掴まえて身動きが出来ないようにされてしまいました。
そして彼のまんこへの指はどんどん進み、あっという間に私のワレメは左右に開かれ、彼の指は中へ潜り込んでしまいました。

「ふぁぁん、やぁ、ああんん!」

か細い声をあげ、手をどけようと頑張りましたが、彼のもう一方の手はガッチリと私の両腕を押さえて離してくれません。
普段は優しくてクールな彼がこんなエッチなことを無理やり、それも修学旅行の飛行機の中でしてくるなんて・・・。
抵抗しながらも、私はそのシチュエーションに酔っていました。
少しの間、余韻を味わうようにそのままにしていた彼の人差し指が動き出しました。
初めての快感に、もう喘ぎ声が止まりません。

「っ、ああん、や、K、もう許してよぉ、うんんっ!!」

するとKはいきなり私の唇を奪い、また激しく指を動かします。
私のまんこからは、もう周りに聞こえちゃうような大きな音が奏でられました。

ぬちゃねちゃゃ、ぐちゅくちゅ・・・。

あまりの気持ち良さに声を出したいのですが、彼の唇が離してくれません。

「ぷぁ、んくっ、んちゅ、あー、K・・・くん」

声にならない声で私は喘ぎます。
突然、彼の私を押さえつけてた方の手がはずれ、私の手を捉えました。
そして私の手を彼のあそこへ・・・。
ズボンの上からでしたが、初めての男性器はすごく大きくて、ズボンの上からでもわかるくらい熱くってびっくり。
最後に見たのは、まだ弟が小学生の時ので、もちろん勃起なんて全然してなかったので、ちっちゃいモノでした。
それが高校生になって勃起なんてすると、こんなになっちゃうのかぁって。

気づくと私は、自分からその手を上下に動かしていました。
雑誌などで見たように上下に動かしたり、ぎゅっと握ってみたり。

「ふー、ふー」

彼の吐息が激しくなります。
なんだかすごく可愛く思えて、思わず少し強めにシコシコ。
いつしか彼のまんこを弄る手は動かなくなり、私の手コキに神経を集中しているようでした。
完全に形勢逆転です。

「すごい、おっきいね」と私が言うと、「綾のせいだよ・・・」と吐息混じりに返す彼。

「じゃあ責任取らなきゃ・・・」

さっきまでの私は嘘かのように大胆になり、彼のズボンのチャックを下ろして初めてのフェラ。
彼はすごくびっくりしてるようでしたが、私が恐る恐る唇をおちんちんの先っぽにつけてみると、もうメロメロになってました。
おちんちんの先っぽはもうすでに少しネトネトした透明のお汁が出ていて、それをちゅるちゅる啜ると彼の吐息が激しくなります。
突然ビクビクする彼のおちんちんがすごく可愛くて、次第に私の唇はおちんちん全体を飲み込んで、じゅぶじゅぶとフェラをしてました。
ここでも雑誌で見た通り、裏すじをツツツーって舐めたり、玉タマも指で触ったりペロペロ舐めたり。
じゅぶ、ちゅるちゅる、ちゃぷ、じゅる、といやらしい音が恥ずかしげもなく鳴り響きます。
彼は堪えるのに必死みたいで、私の頭をネトネトになったおちんちんに押さえつけるようにしていました。

「あぁ、あ、綾、やばいよ、出る・・・」

彼がため息混じりに言ったので、「ん、っく、いいよ、いっぱい出して・・・」と私も返し、思い切りおちんちんを吸い上げました。
ちゅるちゅると吸い上げた後、すごく熱くてネトネトした液体がびゅびゅと口の中に広がりました。

「んんぁ、んく・・・」と言いながら、その少し苦い液体を全て飲むと、彼は恍惚として私の口元を見ていて、それがすごく可愛いの。

その後は2人ともなんとか気分を落ち着けて、無事に飛行機は着陸しました。