女の子の上で腕たて伏せ

この体験談は約 2 分で読めます。

今から16年ほど前、まだ小学6年生だった頃の話です。

僕らは男4人に女3人の仲良しグループでした。
何か事ある度に(クリスマスとか誰かの誕生日とか)誰かの家に集まって遊んでいました。
その日はなにが理由で集まっていたかは忘れましたが、女の子の一人の家に僕らはいました。

そして男の一人が、「女の子をベッドに仰向けに寝かせて、その上で男が腕たて伏せをする」という遊びを提案しました。
そいつはきっとマセてたんでしょう。
僕は、なんかちょってエッチな遊びだとは思いましたが、性行為が具体的にどういう物なのか知りませんでしたので、ひどく興奮する事もありませんでした。

僕の番が来て、僕のパートナーはちょっと好きだった子でした。
その子は仰向けに寝ると、足を広げて膝を立てました。
僕はその足の間に自分の体を入れると、その子の顔の両サイドに手をおいて一心不乱に腕たて伏せをしました。
まわりのみんなはキャッキャ言ってましたが、僕はHな遊びをしているという感覚もなく、チンポがその子の下腹部に当たっても関係無しに「とにかく疲れてこの子の上にドンと崩れてしまったら、この子は重くて辛いだろうから」とだけ心配して必死に腕たて伏せをしました。

今思えば、小学生ながら変な遊びをしてたもんだと思います。