母のセックスの声を聞きながら半泣きでオナった

この体験談は約 3 分で読めます。

19歳のとき、母のセックスを見たことがあります。
父が死んで1年経ってたし、当時は母もまだ40過ぎで体を持て余してたんだろうけど、ショックと興奮で複雑な気分だった。

母は少しぽっちゃりしてますが、萬田久子を小柄にしたような感じで、愛想が良くてブス可愛いって雰囲気。
父が生きてるときからおっさん連中に結構モテてたみたいで、何度か冗談交じりで口説かれてたのを見たことあります。
俺が中学の時も、帰宅したらなんかセールスマンみたいな奴が家に上がりこんで迫ってる最中だった。
押し倒されてはいなかったけど、慌ててそいつが握ってた母の手を離すの見えたんですよね。
こたつから立ち上がる時にズボンのベルトが緩んでてチャックも開いてたからペッティングくらいはしてたのかも。
そんな感じの母だから、父が急死した時は心配ではあったんですけどね。

その男はパート先の上司ですが、ちょくちょく夜中に2人で母の部屋にしけこんではいちゃいちゃやってるのは知ってたし、まあいい大人だからきっとそういうことしてるとは思ってたけどね。
ある日の夜中、喉が乾いて起きたら母の部屋から光が漏れてて、ひそひそと小さな笑い声が聞こえたんです。
もしかしたらと思って足音を忍ばせて襖の隙間から覗くと、スタンドライトの小さな明かりの中でキスしてる最中だった。
舌を絡めながら長いことキスしてたかと思うと、男は母の耳元から首筋にかけて舌を這わせだしました。
そのままスリップを捲り上げると乳房に吸い付いてちゅうちゅうと吸いだしました。

母の手は男の下半身を擦るような感じで動いています。
そのあとはいわゆる69の形になって、母はパンツを下げて男のモノを口に含みました。
じゅるりって感じの音が聞こえそうなくらい濃厚なフェラです。
男は母の陰部を舐めるというより唾を送り込むみたいな感じで、指を何度も出し入れしながらベトベトにしていました。
くちゅくちゅって音がして、母が時々、「うぅ・・・」って声を上げていました。

そのうちに正常位に向き直って、男がゆっくりと母に自分のモノを挿入したところで電気を消したんで暗くなったけど、外が薄明るかったこともあってシルエットは見えていました。
声を抑えてる2人の「ハッハッ」って息遣いと、陰部からの音なのかヌチャヌチャという粘着音が聞こえていました。

心臓もバクバクいってたし、もうショックで目眩がするくらいだった。
その後、部屋に戻って1人でオナりましたけどね。
でもエロ本を見てするのとはわけが違うので、心の中は切ない気分でした。
まるで自分の恋人が犯されているのを見たような、何とも言えない感覚だったのを覚えています。

当時まだ童貞でヘルスしか経験なかったし、AVもあまり観たことないのに、生で初めて見たのが母親が犯されてる(合意だけど)ところだとは・・・。
でも頭ではそういう葛藤があるのに下半身は、(もっと見たい、聞きたい!)って願望でぐちゃぐちゃな感じでした。

しかし見るのはやはりなかなか難しいんで、FMトランスミッターを盗聴器代わりにして母親の部屋に仕込みました。
単5電池を入れる小さなやつでおもちゃみたいなのだけど意外と性能は良くて、静かな部屋の会話は丸聞こえです。
自分の部屋でラジカセで受信してヘッドホンで盗み聞きしてました。
さすがにビデオとかカメラをセットする技術も金もありませんでしたしね。

その日は友人の所に泊まる予定だったんだけど中止になって夜遅くに帰って来たら玄関に男の靴がありました。
気配を消して自分の部屋に戻り、ラジカセをつけると会話が聞こえてきます。
最初は会社の話とか世間話でしたが・・・。

「今日は息子さんがいないから声出しても大丈夫やで」
「好きなだけ感じていいから」

などと男が言ってるのが聞こえました。
少ししたら始まったんだけど、下手なAVかよと思うくらいの声を母はあげてて、俺がいないときってこんなに激しいんだとびっくりしました。

「いい!いい!」
「もっと!もっと!」
「突いて!突いて!」
「◯◯ちゃん(男の名前)、愛してるぅううう」

普段の母からは想像もできない言葉が飛び出して、俺は切なくて半泣きになりながらオナってました。