夏のキャンプ合宿で先輩マネージャーと

この体験談は約 2 分で読めます。

僕が入っているサークルは毎年夏に海に行ってキャンプをします。

そこで酒を飲んで騒ぐわけですが、寝るときは酔い潰れたマネは男子と一緒に寝ています。
僕はわりと遅くまで起きていました。

すると、先輩マネのAさんが「腕枕をしてやるからこっちにきて寝ろ!」と言ってきました。

はじめは迷っていましたが、みんな寝静まっていたのと、お酒の力もあって一緒に寝ることにしました。

その前にシモネタを話していたので、「あ~大丈夫です。ちんぽ勃ちそうにありません!!(先輩の魅力がないので)」と言ったら、先輩は「なにを~~」と言って僕の上に乗っかってきました。

そして、おもむろに僕の顔に近づいてきて、口に舌を入れてきました。
経験豊富な先輩の舌は官能的な動きをし、始めは戸惑っていた僕でしたが、次第に手が胸元のに伸び、彼女の胸を弄っていました。

そして、彼女はだんだんノッて来たのか「あ~もう我慢できん」と言って、ズボンを半脱ぎの状態で僕の下半身に宛てがい、ゆっくりと挿入しました。

周りには眠っている人がいたので僕はかなり焦っていましたが、彼女の中はとても暖かく、思わず声が出そうになりました。
そこで彼女を説得して夜の海岸に連れ出し、後ろからガンガン突いて、しまいには中出ししました。

今年も夏にキャンプに行きます。
去年と同じことがあるといいなぁ~~。