義母と私達夫婦との共同住宅暮らし

この体験談は約 2 分で読めます。

結婚して1年間は賃貸マンションに入居していましたが、夫の父は急死して、義母の一人暮らしはショックもあり、可哀想だとのことで、その後、義母と私達夫婦との3人で共同住宅に住むことになりました。

間取りは4畳半の台所とバス、トイレと襖で仕切られた6畳と4畳半の部屋です。
お風呂に入るのにも脱衣所はなく、4畳半の部屋で脱衣いないといけないんです。
その上、4畳半に義母が寝て、6畳に私達夫婦が寝るしかないんです。

義母は今年48歳で、夫が26歳、私は24歳です。
お風呂に入る時も夫の前でもそうですが、義母の前で裸はとても恥ずかしく、バスタオルを巻いて部屋に入り、そこで下着を着るしかありません。
夫は義母がいる前でも全裸でお風呂から出て来ます。
義母もそうです。

まだ48歳ですよ。
女性の私でもそんな母の全裸を直視出来ません。
それに夜の営みも出来るだけ義母が寝てからと思うのですが、襖の向こうで眠っているのかどうかわかりません。
声を殺していますが、あの時の息遣いでわかるのではと気が気ではありません。
それに夫は私を四つん這いにしての行為が好きで、正直私もその体位が一番深く挿入出来ていいのですが、お互い全裸で四つん這いといったあられもない姿で行うわけですから、部屋を電気を消してしているんですが、夫が後ろから腰を打ちつけて私のお尻に当たる音がどうしても出てしまうのです。
翌朝、義母と顔を合わすのが恥ずかしくてたまりません。

一度、私が夫のものを口に含んで、夫は私の恥ずかしいところを舐めてもらっていた時、襖の向こうから義母が「良子さん、炊飯器に明日のお米を研いで準備してくれたの?」と声をかけられました。
もう、その行為を見られたと同じくらい恥ずかしい思いをしました。
また、朝、物干しに干した洗濯物を私が買い物に行っている間に義母が取りこんでくれていたんです。
その日は前日、夜の営みの時に穿くワインレッドの透け透けの前開きのパンティーを上にタオルを掛けて干していたんですが、帰ってみると綺麗に畳んでありました。
きっちり義母に見られたと思います。