深夜のゴルフ場でキャディの妻と

この体験談は約 2 分で読めます。

だいぶ前ですが、投稿写真と言うか、助平仲間と見せ合うために妻の裸とかあそこ丸出しの写真を撮っていました。

一応「誰にも見せないから、」なんて言っても、そんなこと信じていないのはありありでした。
そんな自分のオメコ丸出しの写真を撮られて他人に見られるという事が嫌ではなさそう?だったからです。

部屋の布団の上はもう当たり前で、風呂やトイレなどでも撮りましたが、ある日何処か外で撮ろうと言うと自分の方から「良い所があるよ」と言い出しました。
そこは自分が勤めているゴルフ場で、パンフレットまで持ち出し「ここへ行こう、」と言います。

私はゴルフはしないのでゴルフ場がどんな造りになってるのか全く知らなかったのですが、夜も更けて私の車でそこへ向かい、何か従業員が入れるような所へ車を停め、さっさと中へ入って行きます。
妻はキャディで、何処に何があるか知り尽くしていますが、私は全く分からず、この時ばかりは妻の言いなりで広いフェアウェイと言うんでしょうか(?)の真ん中で裸になり、股を開いた写真や、四つん這いになった写真を撮りました。
それから広い場所の中にある開放されている休憩所の様な所とか、小高いティーグラウンドとかで撮影しましたが、月明かりはあっても暗闇の中ですからフラッシュ撮影するとだだっ広い中に妻の裸が浮き上がります。

でも夜中ですし、一般の人は夜は入ってこないだろうからと思い、妻に聞くと「あら、ここは夜中に来て青姦する人が凄く多いし、それを覗きに来る人も凄く多いと評判になってる所だよ」と、何でも無い様に言います!

ちょっとびっくりしましたが、周りに遮る物も無く、覗こうと思えば簡単です。
私の方からは妻に「ここでこんなポーズで」と言って写真を写しますが、周りに覗きがいるかは分かりません。
でも、覗きの人にすればパッと光った所に近づけば良いのですから何とも簡単でしょう。

平気でそんな事を言い、平気でそこで裸になって写真を撮らせている妻の気が知れませんが、そんな事を聞いたのは多分そこのお客さんからだと思いますし、青姦するのも覗くのも大半自分の知ってる(?)お客さんかもしれません。
なんて事は無いお客さんサービスだったのでしょう?

かなり長い時間あちこちでフラッシュを100回くらい発光させましたから、随分お客サービスは出来たでしょう。