友人の母親と、念願叶って・・・

この体験談は約 2 分で読めます。

僕は高校の時に友達の母親『さゆり』さんを毎晩想いながらオナニーばかりしてました。
当時彼女もいたけど、さゆりさんの方が好きでした。

去年の正月に同窓会があって、さゆりさんの息子である友人と久し振りに会い、それとなく聞き出した携帯番号に何度もかけて口説き続けたけど、全く相手にされず、諦めてた秋頃に何とさゆりさんの方から電話が来た!
僕は田舎を離れて今は某市で暮らしてるんだけど、さゆりさんが近くに旅行で来てるって話で、僕はすぐに飛んで行き再会したのです!

夜9時までならって事だったけど、食事したり、話したりで時間は無くなっていきました。
車を走らせながらホテル探したけど満車とかで空いてなくて、仕方なく川原に行きお願いしたのですが、嫌がられはしなかったけど黙ったままでした。
二人後ろの席へ移動して抱きついても、じっとしてました。

唇を塞いで横になり、胸を触りました。
柔かな胸を揉んでるうちに、さゆりさんの息が荒れて来るのが分かり、僕は思い切って胸のボタンを外して行き、ついには上だけ脱がせてしまいました。
恥ずかしそうに顔を隠してる姿に刺激され、スカート捲ってやると少し抵抗してきます。
でも強引にストッキングと下着をずりおろし、股を開かせた。

暗い中で手探りで指を入れると声上げて嫌がってたけど、もう我慢なんて出来ないもんだから、僕は下だけ脱いでいきなり入れていった。
根元まで入れて、再び唇を奪ってキスする。

ゆっくりと動いて腰を使うと、さゆりさんは僕に抱きついてきて、一緒に動きを合わせて来た。