中学生の妹を“人間ベッド”にさせてた話

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は、妹が中1~中3(俺、中2~高1)の頃にかけて、よくナマ乳を揉んでいた。
周りに比べると発育が少し遅かった妹は、中1の夏頃にやっと乳首周りが隆起してきた。

俺の部屋と妹の部屋は2階にあり、両親は一階の“離れ”と言ってもいいくらいのところにある部屋に寝ていた。
初夏の頃だったか、妹と何かの賭けをして、負けたほうが奴隷になるという遊びをしていた。
どんな勝負だったのかは忘れたが、勝ったのは俺のほうだった。
奴隷と言っても大したことではなく、肩を揉むとか、ジュースを冷蔵庫から取ってくるとかその程度のものだった。
だが、日に日に膨らんでくる妹の胸に少し興味を持った俺はその日、名案を思いついてしまった。

「人間べッドになれ」

リビングにあったサマーベッド(リゾートチェアっていうのかな?厚い布地が貼ってある、リクライニングはしないがゆったり寝るように座れる椅子)に妹を寝かせ、その上に俺が寝るというスタイルだった。
初め妹は、「重~い」と笑っていたが、「奴隷なんだからずっとそのまま!」と俺は言って、妹の上に仰向けに寝た。

妹は部活帰りでジャージ姿のままだった。
ジャージの色はエンジで、暑いからか中にシャツは着ていなかった。
まだ膨らみも小さく、ノーブラだった。

初めはあまりエッチな感情はなかったが、俺の背中に妹の胸の柔らかい感触が伝わってきた瞬間、猛烈にエロ感情が湧いてきた。
しばらくの間、バレないように背中でその柔らかい感触を楽しんでいた。

それから少し体勢を下げて、妹の胸近くに俺の頭を持ってきた。
(この時点でも2人は仰向き)
寝返りを打つように頭を横に向けると、妹の胸が目の前にくるような体勢になった。
ジャージ越しだが、明らかに柔らかい感触が俺の左頬に当たった。
(妹の右胸の感触)

5~6分はこの体勢でいたので、妹は俺が重くて疲れてきたようだった。
妹の右胸の感触を頬で感じていたが、少し妹が大人しくなってしまったので、「心臓の音が聞こえる」と言って、妹の胸に堂々と耳を当ててみた。
すると妹は普通に「本当?聞こえる?」と返してきたので、エロ感情など全くないかのように、「聞こえるよ、ホント」と言って、左胸にも耳を当ててみた。
自分の頭を乗っける感じで胸の感触を味わった。

で、「じゃあ、ここで寝るから」と俺は言って、その体勢のまま、胸の感触を頬というか耳に感じたまま眠るふりをした。

しばらく(4~5分)はそのままの体勢でいたと思う。
さすがに妹も辛くなってきたみたいなので、「一旦中止!またあとで奴隷の続き」と言ってその場はそれで終わった。
その後だが、俺のエロい何かを感じてきたのか、それ以降は『人間ベッド』を妹はやらなくなった。

乳首周りが隆起してきたように見えていたが、実際には胸全体が柔らかい感じになっていた。
わかる人もいると思うが、小4~5くらいのペチャンコに見える胸でも、ガリガリのコでない限り、女のコの胸は多少の弾力がある。
その時、妹は中1~中2だったが、発育の早い最近の子で言えば小6か小5くらいに相当するカラダだったと思う。