お袋のことを頼むな

この体験談は約 2 分で読めます。

1年ほど前に友人の家で焼肉をして飲んだ時のこと。

友人は先に酔いつぶれ寝てしまい、お母さんと二人で彼を部屋に運び寝かせ、残ったお母さんと僕の二人で飲みました。
母子家庭でしたので他には誰も居なく、下ネタで盛り上がった時に、お母さんのオッパイを揉んでしまいました。

僕は酔うと歯止めが利かず、側に居る女性に欲情してしまう酔い癖があり、遂に友人のお母さんにも手を出してしまいました。
お母さんも服の上からのタッチは喜んではしゃいでいましたが、服の中に手を入れてお腹や背中を触って行くと「ダメ~ダメダメ」と離れて行きましたが、僕がしつこく迫って乳首を摘んだときにビクッとして「ダメって言ってるでしょ~」と言いながら目を瞑りました。
二人とも相当酔っていましたので歯止めが利かず、そのまま抱き合い、する事をしてしまいました。

朝方目を覚まし、お母さんが全裸で横に寝ているのを見て、記憶が甦り、慌てて起こして帰りました。

それが一年前のことでしたが、その後、正月に友人宅で飲んだ後にまた手を出してしまい、抱いてしまいました。
そして、三月に友人の転勤が決まり、友人宅で送別会を開き飲んだ後にまたやってしまいました。

転勤先に赴任する日に友人から「お袋のことを頼むな」と言われドキッとしました。
友人はお母さんとの事を知っていて言ったのかどうか今でも分かりませんが、それ以降関係が深まっています。